ECサイトに有効なレコメンド機能まとめ

イメージ画像

ECサイトで商品を購入する時、「これもどうですか」と関連商品などを表示する機能をご存じだろう。今やECサイトの85%のサイトに搭載されているのがレコメンド機能だ。
レコメンドとは商品に対して別の「お勧めの商品の紹介」をいう。
リアルのお店では店員はお客様の要望を聞き、店頭の商品からお客様にあった商品を提案できる。ECサイトの場合はこれをレコメンドエンジンを搭載することによって可能となるのである。リアルのお店のようにはいかないが、カート機能のひとつとしてのレコメンドエンジン、つまり、「関連商品の紹介」「ランキング紹介」「一緒に購入されている商品紹介」などの機能がそれにあたる。
最近では珍しくはなくなったレコメンド機能だが、今回はこのレコメンド機能について整理してみた。

 

1.レコメンド機能の主な種類5つ

 

1-1.ECサイトでポピュラーなレコメンド機能は何?

レコメンドエンジンで一般的なものはアマゾンでおなじみの「この商品を買った人はこんな商品を買っています」というものだ。
これは協調フィルタリングと呼ばれ、ユーザーの行動履歴からユーザー同士の類似値を自動計算し、おススメ商品を表示する機能である。
これはコンテンツではなく、ユーザーの行動履歴のみを分析し商品を紹介されているため、ユーザーは関連商品ではない、思いがけない商品に出会う可能性があり、偶然良い商品に出会うことも少なくない。

アマゾン画像

amazonのレコメンド
「あわせて買いたい、よく一緒購入されている商品」、「商品と一緒に購入されいる商品」、「この商品を見たお客様はこれも見ています」が代表的なレコメンドだ。

 

1-2.おススメ関連商品の紹介するレコメンド

関連商品の紹介はコンテンツをベースにしたもので、スペック、色や値段、テキストといったものの類似性を自動計算し、閲覧した商品の類似商品をレコメンドするものである。類似値が固定される欠点もあるが、閲覧商品が古いバージョンのものだったりする場合、新しいバージョンで価格が安いものを発見できたりするメリットがある。

 

1-3.閲覧ランキングや購入ランキング

トップページやカテゴリページ毎にある、多くの閲覧数や多くの数の購入されいる商品ランキング表示もレコメンド機能だ。これはWEBサイトのアクセス数データをもとに作成され、ランキング表示することでユーザーのサイト全体の回遊率や、滞在時間が長くなり、コンバージョン率もわずかだがアップする可能性がある。

 

1-4.リマインド/閲覧履歴

「最近チェックした商品」といった閲覧履歴(あしあと機能)もレコメンド機能である。閲覧履歴の表示はユーザーの買い忘れを防止するとても便利な機能である。
また、カート投入履歴、以前購入したものの履歴なども、Cookieから過去の履歴を基に「最近購入した商品」として表示できる。

 

1-5.クロスセルにつながるレコメンド機能

ECサイトのレコメンドは直接的にはクロスセルに繋がり、顧客単価UPを可能する。クロスセルとはアマゾンで有名な「よく一緒に購入されいる商品」の表示だ。
関連商品を一緒にセットで買ってもらう機能だが、客単価が向上し、ユーザーの潜在的ニーズを呼び起こすことができる。

 

2.レコメンド機能のメリット

 

主なレコメンド機能について説明したが、レコメンド機能とはユーザーの望む商品をピンポイントで表示する機能で、「個人の嗜好」や「売れ筋」の両面からおススメ商品を提示する機能であるといえる。
ECサイトにレコメンド機能を装備するとどのような効果があるのだろか?具体的なメリットについてまとめた。

 

2-1.サイト訪問者、閲覧数の向上

関連商品の表示などはユーザーはサイト内の他の商品を見比べて商品を購入できる。
さまざまな関連商品を提示することでユーザーの嗜好に合った商品を提案でき、関連商品をユーザーが気に入ればいるほど、サイトの信頼度がアップし、また来たいと思われるECサイトとなる。

 

2-2.客単価の向上

 

アマゾンにある「よく一緒に購入されている商品」の提案は関連商品を一緒に買ってもらうことで、客単価が向上につながっている。ユーザーに”ついでに買いませんか”という、衝動買いを促し、購買額の向上を期待できる。

 

2-3.ユーザーに良い買い物体験を提供できる

さまざまなユーザーの行動パターンに照らしユーザーの知らない商品を提案する「この商品を買った人はこんな商品も買っています」は思いがけない商品の発見でもある。
新しい商品の発見はユーザーは”良いサービス”として信頼度がアップする。

 

2-4.サービス・品質の統一

過去のユーザー履歴データの蓄積、ビックデータの活用したレコメンドエンジンであれば、より理想に近いユーザーの嗜好に合わせたおススメ商品を提案でき、質の高いサービスを提供できる。
リアルのお店では瞬時にできない接客も、ECサイトでは安定したサービスとして提供可能となる。

 

まとめ

レコメンド機能には今回取り上げたほかにも、まだたくさんの種類はあるが、今回はレコメンド機能と呼ばれる主なものと、そのメリットについてまとめた。
Live Commerceのレコメンド機能は、「この商品を買った人はこんな商品も買っています」と関連商品を抽出し表示するレコメンド。さらに、商品プラスαのセットで購入を提案するレコメンド機能だ。これらはオプション機能ではなく、標準機能としてセットされいる。
レコメンドの目的は「お客様が喜ぶ商品をオススメする」おススメ機能である。おススメ商品でいいものを見つけたお客様はサイトのファンとなり、信頼が生まれ、リピート客として定着してゆく。
ECサイトのなかでのレコメンド機能を見直してみてはどうだろう。

関連する記事

色がもつイメージ:炎、太陽の色=オレンジ効果... 色が何らかのサインを送りだしていることは誰もがよく知っている。誰がどんな色を選ぼうと、共通しているのは人はその色に対して反応するということだ。私たちは色に条件反射し、気づくこともない。 色に対する反応は直観的な反応とも言われ、個々の色は人の本能的な反応と密接に関係し、その反応は生理的、感情的...
2018年 明けましておめでとうございます... 2018年、当社は本日より営業開始となります。 社員一同、今年も「日本を世界に伝える」とう企業理念に基づき、全力で行きたいと思います。 今年は2つのプロダクトのリリースと1つの新しい事業の展開を予定しています。 定期購入カート(越境EC対応) 今から7-8年も前になりますが、当時Li...
カタログ通販のARカタログアプリがユーザーを増やす秘密... カタログ通販業界に、AR(拡張現実)の技術を活用したスマートフォンアプリを提供し、立体映像を見せるカタログが増えてきました。AR(拡張現実)とは ディスプレイに映し出した画像に、バーチャル情報を付加して表示することで、より多くの商品情報を提供する技術です。今回は、このAR技術を取り入れたカタログ通販...
本当に消費者が求めていることとは?... アクセンチュア・ストラテジー社は、「デジタル世代」と言われる若い層も含め、顧客満足度の最も重要な要素について調べた。今回はストラテジー社の「Digital Disconnect in Customer Engagement report」 調査内容をもとに、消費者は”今、どんなサービ...
なんでアウトソーシングできないんだろう!?... 海外向けネットショップを作るときに、立ち上げで特に時間をとられるのが「見た目」の部分。つまりウェブのデザイン周りの作成やHTMLのコード修正とか、や商品データ作成・登録といったほぼデスクトップじ上だけで簡潔する作業です。 これを自分でやるか、アウトソース(ランサーズやクラウドワークス、...
海外展開に関する補助金・助成金情報(2016.November)... 補助金・助成金の11月の募集状況を紹介する。補助金・助成金は国や地方自治体から支援される「返済不要なお金」である。助成金は要件が合えば基本的には受給でき、補助金は予算があるため、要件が合っても受給出来ない可能性がある。 今回は11月の募集内容や補助金、助成金の違いやメリット・デメリットについ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント / トラックバック1件

  1. […] 前回、「ECサイトに有効なレコメンド機能まとめ」で紹介した、ECサイトのレコメンド機能とは、ある商品の購入を検討しているお客様に、「こんなお薦め商品もありますよ」と関連する商品などを提案し、購入してもらうための販売戦略である。 /基本的には購入率を上げるための施策であるが、購入率は上がるが、平均単価がさがってしまったなどのケースがある。そのような時に活用したいのが、クロスセルとアップセルという販売戦略である。 今回は、この販売戦略のうちのクロスセル、アップセル、ダウンセル、さらにレコメンド機能とは対極にあるディスカバリー機能について解説する。 […]

コメントをどうぞ