【2022年版CtoC-EC市場】日本とアメリカの市場動向

タイトルイメージ

CtoCとは、消費者から消費者へ、モノやサービスを販売するビジネスであり、日本語では「個人間取引:Consumer to Consumer」と言われ、メルカリやヤフオクなどのECプラットフォームを介しての取引をCtoC-ECと呼ぶ。
現在、CtoCビジネスは、コロナ禍の影響、サステナビリティ、SGDGsへの関心から大きな高まりを見せている。
今回は「令和3年度 電子商取引に関する市場調査報告書」より、2021年の日本とアメリカのCtoC-EC市場動向を整理した。

日本のCtoC-EC市場

経済産業省の「令和3年度 電子商取引に関する市場調査」よると、2021年の CtoC-ECの市場規模は、2兆2,121億円(前年比 12.9%増)と公表されている。
2020年から続く新型コロナの影響で外出自粛が続き、2020年から引き続き2021年も利用者は増加、拡大し、さらに、顧客単価の上昇の動きも見られるという。

zu01

日本のCtoC-EC市場トピック

2021年のCtoC-EC商品カテゴリーの売れ筋は、在宅時間の増加から、インドアで楽しむためのエンタメやホビー系商品が2020年より増加している。
今後、コロナの影響が減少すれば、外出機会が増加することで、アパレル関連やアウトドア商品が売れ筋になると予想されている。

zu02

アメリカのCtoC-EC市場

「令和3年度 電子商取引に関する市場調査報告書」には、2021年の総合的なアメリカCtoC-EC市場規模については掲載されていない。

ここで取り上げたのは、eMarketerの資料でアメリカ・アパレル分野でのCtoC-EC市場の推移をまとめたものである。
eMarketer(下図)によると、アパレルCtoC-EC市場は2021年は約339億USドル(約5兆7,400億円)となり、2025年には約788億USドル(約11兆3,500億円)、2.3倍にまで成長すると推定している。

zu03

アメリカCtoC-EC市場トピック

アメリカでは、「サステナビリティ」や「循環型経済」への関心の高さなどが背景となって、中古品市場が注目を集めている。
アパレルをはじめオンラインを中心とした中古品売買を行うリユース市場は、近年では「リコマース(Recommerce)」市場と呼ばれるようになった。

アメリカのリコマース市場を牽引しているのは、Z世代と呼ばれる若い世代である。
リセール品(再販売)購入は、サスティナブルで賢い商品購入方法として認識され、Z世代の若者から影響を受けて、その親であるX世代、さらに祖父母であるベビーブーマー世代もが中古品売買を行うようになった。

彼らは、地球環境を懸念したり、循環型ショッピングを好むなど、サステナビリティに関係したさまざまな理由から、リセール(再販売)商品を購入する傾向にある。

アメリカでは、リセール商品を購入するという行為は、安価でサスティナブルな方法で欲しいものが得られるという、「ポジティブな消費行動」となっているようだ。今後もアメリカのCtoC-EC市場は大きく成長すると予測される。

まとめ

アメリカでは、SDGs、サステナビリティ、循環型経済への関心の高さが背景となり、商品を購入するとき、リセール市場やリコマース市場を選ぶ傾向が全世代で急上昇している。
現代社会では「中古品よりも新品の方が良い」という、これまでの価値観がアップデートされつつあり、自分が使わなくなったものは、使いたいと思っている人に譲る、売る、という「循環型社会」に向かっている。
日本企業もそろそろ、この消費者のリセール需要に応え、ここからユーザーの潜在的ニーズを掘り起こして、新しい売上を得ることが求められている。

参考:

経済産業省「電子商取引に関する市場調査の結果を取りまとめました」

関連する記事

猛威をふるう新型コロナ 世界のECマーケットへの影響は?... 世界中で猛威をふるう新型コロナウイルス感染症、未だに事態の収束が見えない状況である。 日本においては4月7日、政府より7都府県を対象に緊急事態宣言が発令、感染の爆発的拡大を防止するため、多くの業種や市民に対して自粛要請がなされた。 世界においては、さらに厳格な自粛、いわゆるロックダウンと...
【越境EC最前線】日本の食品を越境ECで売るためのポイント... 2021年、3月現在、依然として新型コロナ禍によるECの需要は高い。売れ筋商品やそのカテゴリーを見ても、ステイホームなどで楽しめる商品が好調を見せている。 Adobeの調査によると、2021年1月と2月のアメリカのEコマースの売上げは、すでに計1210億ドル(約13兆2130億円)となって...
激安なだけじゃない、Amazonに勝負する越境EC「Wish」の強みとは... アメリカ向け越境ECプラットフォームとして思い浮かぶのは、Amazon.comやeBayが代表的だが、今、注目されている越境ECプラットフォーム「Wish」をご存知だろうか? 昨年、2020年12月、「Wish」を運営するContextLogic社は米国NASDAQに上場し、時価総額US$14...
【越境EC】2021年日本・アメリカ・中国間の市場動向まとめ... 経済産業省は8月「令和3年度 電子商取引に関する市場調査 」の結果内容を公表した。 経済産業省の発表によると、2021年の国内のBtoC-EC市場規模全体は20兆6,950億円(前年比7.35%増)と、前年比で1兆4,171億円の増加となり、初めて20兆円の大台に乗った。 また、本調査で...
2020年コロナ禍で消滅したインバウンド消費は越境ECが受け皿となった... 経済産業省は7月30日、「令和2年度産業経済研究委託事業(電子商取引に関する市場調査)」を公表した。 レポートによると、2020年の世界のBtoC-EC市場規模は4.28兆USドル(約469兆8,733億円)、EC化率は18.0%と推計されている。 2020年は現在も続く、新型コロナウイ...
ファッション系越境ECで成功するための黄金ルールとは?... 2020年は新型コロナの影響で、世界のファッション業界は大きな打撃を受けた。 アメリカの3~6月の小売売上高は前年同期比7%減であったが、アパレルは55%の減少である。 国内のファッションメーカーでは、レナウンが倒産し、オンワードは700店舗の閉鎖となった。 今後も続くコロナ禍の中、ア...

タグ: , , ,

コメントは受け付けていません。