【2022年版CtoC-EC市場】日本とアメリカの市場動向

タイトルイメージ

CtoCとは、消費者から消費者へ、モノやサービスを販売するビジネスであり、日本語では「個人間取引:Consumer to Consumer」と言われ、メルカリやヤフオクなどのECプラットフォームを介しての取引をCtoC-ECと呼ぶ。
現在、CtoCビジネスは、コロナ禍の影響、サステナビリティ、SGDGsへの関心から大きな高まりを見せている。
今回は「令和3年度 電子商取引に関する市場調査報告書」より、2021年の日本とアメリカのCtoC-EC市場動向を整理した。

日本のCtoC-EC市場

経済産業省の「令和3年度 電子商取引に関する市場調査」よると、2021年の CtoC-ECの市場規模は、2兆2,121億円(前年比 12.9%増)と公表されている。
2020年から続く新型コロナの影響で外出自粛が続き、2020年から引き続き2021年も利用者は増加、拡大し、さらに、顧客単価の上昇の動きも見られるという。

zu01

日本のCtoC-EC市場トピック

2021年のCtoC-EC商品カテゴリーの売れ筋は、在宅時間の増加から、インドアで楽しむためのエンタメやホビー系商品が2020年より増加している。
今後、コロナの影響が減少すれば、外出機会が増加することで、アパレル関連やアウトドア商品が売れ筋になると予想されている。

zu02

アメリカのCtoC-EC市場

「令和3年度 電子商取引に関する市場調査報告書」には、2021年の総合的なアメリカCtoC-EC市場規模については掲載されていない。

ここで取り上げたのは、eMarketerの資料でアメリカ・アパレル分野でのCtoC-EC市場の推移をまとめたものである。
eMarketer(下図)によると、アパレルCtoC-EC市場は2021年は約339億USドル(約5兆7,400億円)となり、2025年には約788億USドル(約11兆3,500億円)、2.3倍にまで成長すると推定している。

zu03

アメリカCtoC-EC市場トピック

アメリカでは、「サステナビリティ」や「循環型経済」への関心の高さなどが背景となって、中古品市場が注目を集めている。
アパレルをはじめオンラインを中心とした中古品売買を行うリユース市場は、近年では「リコマース(Recommerce)」市場と呼ばれるようになった。

アメリカのリコマース市場を牽引しているのは、Z世代と呼ばれる若い世代である。
リセール品(再販売)購入は、サスティナブルで賢い商品購入方法として認識され、Z世代の若者から影響を受けて、その親であるX世代、さらに祖父母であるベビーブーマー世代もが中古品売買を行うようになった。

彼らは、地球環境を懸念したり、循環型ショッピングを好むなど、サステナビリティに関係したさまざまな理由から、リセール(再販売)商品を購入する傾向にある。

アメリカでは、リセール商品を購入するという行為は、安価でサスティナブルな方法で欲しいものが得られるという、「ポジティブな消費行動」となっているようだ。今後もアメリカのCtoC-EC市場は大きく成長すると予測される。

まとめ

アメリカでは、SDGs、サステナビリティ、循環型経済への関心の高さが背景となり、商品を購入するとき、リセール市場やリコマース市場を選ぶ傾向が全世代で急上昇している。
現代社会では「中古品よりも新品の方が良い」という、これまでの価値観がアップデートされつつあり、自分が使わなくなったものは、使いたいと思っている人に譲る、売る、という「循環型社会」に向かっている。
日本企業もそろそろ、この消費者のリセール需要に応え、ここからユーザーの潜在的ニーズを掘り起こして、新しい売上を得ることが求められている。

参考:

経済産業省「電子商取引に関する市場調査の結果を取りまとめました」

関連する記事

これがトレンド 一歩先行くアメリカEC市場... アメリカも日本と同様、新型コロナ感染拡大に歯止めがかからない。 アメリカの感染者数は、日本と比べるとかなり多い。国民性の違いがあるが、共通しているのはロックダウン解除(日本の場合緊急事態宣言)が早すぎ、感染者が拡大した点、感染者に若者が多い点などである。 そして、そのアメリカでは、このコ...
激安なだけじゃない、Amazonに勝負する越境EC「Wish」の強みとは... アメリカ向け越境ECプラットフォームとして思い浮かぶのは、Amazon.comやeBayが代表的だが、今、注目されている越境ECプラットフォーム「Wish」をご存知だろうか? 昨年、2020年12月、「Wish」を運営するContextLogic社は米国NASDAQに上場し、時価総額US$14...
アメリカの経済再開 アメリカEC市場は、今どうなっている?...   アメリカ経済の回復ペースが加速している。1-3月期の実質GDP成長率では、前期比年率6.4%増と、前期の4.3%からさらに加速した。 今後、アメリカではワクチン接種の普及が進んでいることから、景気回復ペースは一段と加速すると予測されている。 ニューヨーク州のクオモ知事...
【越境EC】2021年トレンド予測 5つのポイント... 歴史のページに残るだろう、激動の2020年が終わろうとしている。 2020年、現在、日本では新型コロナの感染拡大による未曾有の試練が今もなお続いている。 このコロナ禍の中にあって、2020年、Eコマースは大きく成長した。 これまで、ECサイトを利用していたユーザーのみならず、高齢者や1...
これだけは知っておきたい アメリカ向け越境ECのポイント... アメリカは世界のEC市場で中国に次ぐ2番めに大きな市場を持つ国である。 2019年のEC市場規模を示した資料によると、中国は19,348億ドル(約209兆円)、次いでアメリカの5,869億ドル(約63兆4,000億円)、3位にイギリス1,419億ドル(約15兆3,000億円)となっている。...
【越境EC最前線】日本の食品を越境ECで売るためのポイント... 2021年、3月現在、依然として新型コロナ禍によるECの需要は高い。売れ筋商品やそのカテゴリーを見ても、ステイホームなどで楽しめる商品が好調を見せている。 Adobeの調査によると、2021年1月と2月のアメリカのEコマースの売上げは、すでに計1210億ドル(約13兆2130億円)となって...

タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントは受け付けていません。