2016年、日本のEC市場はどうだった?

イメージ画像

今回も前回に引き続き経済産業省から2016年の「我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」報告書に基づき、国内のEC市場を中心にまとめてみた。
報告によると、日本国内のBtoC-EC市場規模は、15兆1,358億円。前年より9.9%増加したとしている。
各分野では物販系分野で8兆43億円、前年比で10.6%の伸び、サービス系分野は5兆3,532億円、伸び率は9.2%、デジタル系分野で1兆7,782億円で伸び率は8.9%で、物販系分野(ファッション、食品、家電、書籍など)が大きく伸長している。
この伸長の背景にはEC化率やスマートフォンユーザーの伸びが大きく関係している。
今回は2016年、国内EC市場のEC化率、スマートフォンユーザーの動向などについて見ていこう。

●国内EC市場推移とEC化率の増加

堅調な伸びを示した2016年の国内EC市場は、BtoC-EC 規模が15兆円を超え、6年前(2010年)の7兆円規模から2倍に増加している。
2010年から6年間、日本経済は進展がないにもかかわらず、順調にBtoC-EC市場が拡大した。要因として言えるのは、EC化率の増加、スマートフォンの普及、宅配時間の大幅な短縮化などである。
EC化率は伸びており、昨年、2016年は物販系分野のEC化率は5.43%と5%の大台を超えた結果となった。 EC化率とは、すべての商取引の内、ECサイトなどの電子取引されているものの割合を指し、2016年のEC化率の増加は販売される商品やサービスの多様化した結果と言える。
ただ、この日本のEC化率は、アメリカの7%、中国の15%と比べると、まだまだ低いと言え、まだ、伸びしろがあり、今後は国内EC市場はもっと新しいサービスや商品販売が期待できると言える。

図表01

 

●スマートフォン経由のネットショッピングユーザーの増加

昨年はスマートフォンの普及とともにECでのスマートフォン利用がさらに拡大した1年でもあった。物販系分野、サービス系分野、デジタル系分野、全般においてスマートフォン経由での取引額が増加している。
物販系分野では、スマートフォン経由での取引額は2兆5,559億円となっており、市場比率も31.8%と増大し、3割以上のユーザーがスマートフォン経由で商品を購入した。
スマートフォンでの購入内容には、カテゴリーごとにバラつきがある。物販系分野で比率が高いのは、「衣類・服飾雑貨等」と「医薬品」の40%台である。これはファッション・アパレルに関心の高い、若者や女性層がスマートフォン経由で購入していることを示している。
また、医薬品の割合が高いのは、インターネット販売の解禁とともに、大手ドラッグストアがスマートフォンユーザーの開拓に取り組んだ結果としている。
そして、スマートフォン経由の購入が低いものとしては、「生活家電、AV 機器、PC・周辺機器等」と「食品、飲料、酒類」のカテゴリーで、これらは20%と低く、これら商品はPCからの購入が多いようだ。
いずれにしろ、今後は高齢者のスマートフォン利用も進行に合わせて、高齢者層を対象にした、スマートフォン対策を行うことで、さらに、スマートフォン経由のBtoC-EC市場規模はますます拡大するだろう。

図表02

 

●各分野別のEC市場規模を見てみる

図表03

○物販系分野

EC業者としては、この分野に関わる方が一番多く、EC市場の52.9%を占める。市場規模は8兆43億円で前年比10.6%増となっている。
一番多いのは衣服、服装雑貨で、1兆5,297億円、前年比10.5%増。次で食品、飲料、酒類で、1兆4,503億円で前年比10.2%増。3位は生活家電、AV 機器、PC・周辺機器等が約1兆4,278億円で9%増、4位は書籍、映像・音楽ソフト約1兆690億円で12.0%増となっている。
伸び率の一番大きかったのは化粧品、医薬品の12.1%で市場規模は5,268億である。物販系では初めて、書籍、映像、音楽ソフトの1兆円超え、これで1兆円規模は5カテゴリーとなった。

 

○サービス系分野

この分野はEC市場の35.4%を占め、市場規模は5兆3,532億円、前年比9.2%増と伸び率となっている。 サービス系分野を最も割合が多いのは旅行サービスで、3兆393億円、前年比5.4%増となっている。
2016年、最も伸び率が高かったのが飲食サービスで3,292億円、前年比38.4%増となっている。
唯一伸び率が減少しているのが、金融サービスで、6,005億円、マイナス1.2%となっている。飲食サービスではネット予約が可能な店舗数の伸びが、そのまま、市場規模の増加につながっている。

 

○デジタル系分野

デジタル系分野がEC市場に占める割合は11.7%、市場規模は1兆7,782億円、前年比8.9%増という伸び率となっている。
最も高い割合を占めるのはオンラインゲームで、1兆3,090億円、前年比3.5%増となっている。次いで電子書籍分野の約2,151億円、21.5%増となっている。 前年比の伸び率でもっも高かったのは有料動画配信分野である。
2015年は650億規模だったものが、2016年は1,153億円、77.4%の伸び率でこの数値はアマゾンプライムなどの付加価値サービス(SVOD)を含めた算出のためとしている。

 

●まとめ

今回の2016年の経済産業省の報告を見ると、2017年もスマートフォンは浸透し、国内BtoC-EC市場をさらに市場規模を拡大して行くことは間違いなだろう。
今後はスマートフォンユーザーをいかに取り込んでゆくかが課題となりそうだ。 多くのスマートフォンユーザーはPCの使用方法は違い、WEBサイトのブラウジングより、多くの場合はアプリを起動し、スマフォ利用している場合がほとんどだ。
スマートフォン経由の商品の購入もアプリを起動し、購入する場合が多い。 これからはスマートフォン優位の時代に合わせ、ECサイトをベースにしたアプリ化が重要な要素となるだろう。

 

出典:「平成28年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備

関連する記事

越境ECサイト・国内ECサイトのCMSを比べてみた... 経済産業省が発表した2017年の日本の国内BtoC市場は、16兆5,054億円と前年より9.1%上昇し、さらにEC化率も5.79%(物販分野)と伸長している。 しかし、EC化率(ECの売上が小売全体の売上に占める割合)は世界に比べるとまだまだ低いという現況がある。 ちなみに、EC化率の高...
小売の巨人ウォルマート 快進撃の裏にある様々な挑戦... 日本経済新聞によると、アメリカ小売企業ウォルマートの2019年8月〜10月の決算は、純利益92%増の32億8800万ドル(約3600億円)と発表された。成長分野のネット販売の売り上げが、41%増と安定、拡大した結果とされている。 ウォルマートは世界最大の小売り企業である。ネット販売では米A...
ショッピングモールサイトではなく、自社ECサイトで売上げをアップするには?... 独自ドメインで自社ECサイトを運営しているが一向に売上げが上がらない、しかし、ショッピングモールサイトでは売上げが上がり、ますます、Amazonや楽天などのモールサイトの依存度は高まり、どうしたら、自社ECサイトでしっかりした売上げ基盤をつくり、モールでの売上げではなく、自社ECサイトで売上げを...
本当に消費者が求めていることとは?... アクセンチュア・ストラテジー社は、「デジタル世代」と言われる若い層も含め、顧客満足度の最も重要な要素について調べた。今回はストラテジー社の「Digital Disconnect in Customer Engagement report」 調査内容をもとに、消費者は”今、どんなサービ...
中国最大、モールサイト! T-mall(天猫)について調べてみた... 中国最大のインターネットショッピング・モールとして有名なのは、アリババグループの「T-mall(天猫)」である。アリババグループは2014年10月にニューヨーク証券取引所へ上場した。T-mallは7万を超える店舗、会員数6500万人、流通総額は8兆3325億と、その規模はとてつもない。 T-...
起業家が知っておくべきマーケティングで失敗しやすい7つの事... どのようなビジネスを起業するにしてもマーケティングのミスはしてしまいがちなもの。 特に起業家は予算や資材が限定されている中で、自己ブランドを確立していかなければならない。 いつ、どのような方法でマーケティングをするか、いくら投資するのかは起業家がビジネスをスタートする際に考えるべき重要ポイン...

タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ