E-コマース ヨーロッパのトラストマーク認証制度

イメージ画像

Ecommerce Europeは、消費者、販売者を保護、Eコマース業界をさらに活性化する目的もあり、2015年9月にトラストマーク認証制度を導入した。その結果、ヨーロッパ国内参加国が増え続け、Eコマース業界ではウェブサイトに必須のマークとなりつつある。
Eコマース協会関係組織は、このEcommerce Europeと提携しヨーロッパのトラストマーク認証制度に参加している。現在の参加国はスペイン、オランダ、ドイツ、ベルギー、アイルランド、フィンランド、デンマーク、イタリア、ポルトガル、ギリシャ、チェコである。このメンバーは無料でEcommerce Europeより様々なサービスを受けることができる。

 

●ヨーロッパでのトラストマーク認証制度

ギリシャは、昨年の11月にEcommerce Europeのトラストマーク認証のメンバーに新規参加、ヨーロッパのEコマースのメンバーは日々増加傾向にあり、ヨーロッパ全体のマーケットを強化していくことに繋がるだろうとEcommer Europeの事務局長はコメントした。
現在、10000万社がこのトラストマークの使用を認められており、今年から、さらにギリシャをはじめ様々な国からの参加が予定されている。
現在確定しているのは、ノルウェー、フランス、ポーランド、ハンガリー、ルーマニア、さらにナショナルEコマース協会の参加により、メンバーはさらに倍増すると予測されている。
これを受けて、現在、Ecommerce Europe は、少なくとも2018年まではトラストマークの会員料金を無料にしている。
ヨーロッパ

●トラストマーク認証制度の利点とは?

このトラストマークの目的は、消費者が安心して買い物ができることにあり、様々なオンラインショップの中でもこのマークがあるショップは、正規に登録されている業者であることから詐欺などにあう心配もいらない。
この正規品保証マークをクリックすると消費者保護に関する内容,業務規範が明記されている。さらに、トラブルが発生した際、カスタマーサービスがない小規模で正規品保証マークのある会社は消費者に対してサービスセンターにて無料でクレーム報告ができるオプションを与えられることになっているから安心だ。

ヨーロッパのトラストマークサイト:https://www.ecommercetrustmark.eu/
トラブル発生時のクレーム :https://www.ecommercetrustmark.eu/for-consumers/
カスタマーサービス +32 (0) 2 502 31 34

 

●利用者の感想

●Vodafone オンラインプログラムマネージャーDavid Carro氏

「Vodafoneにとって顧客の信用を得ることがもっとも重要だと考えている。このトラストマーク認証制度によって我々も自信を持って製品、サービスの品質を保証でき安心感を与えられることは弊社にとって顧客満足を高められることに繋がるのでとても良いと思います。」

●Tony Kealys 社長 Paul Kealy氏

「このトラストマークは消費者が安心して海外のサイトでもショッピングができることを目的に発足されたもの、アイルランド及びEUの規範に基づき、一定の基準を満たしていることがメンバーの条件であるため信用度が高い。最新の2016年の報告書によると、ヨーロッパのEコマースのマーケットは5兆1千億ユーロ、イギリスのオンラインマーケットだけでも1570億ユーロと市場は急速に拡大している。」
「これは、本国アイルランドの販売業者がトラストマーク認証制度によって国際的に認められた会社となり、マーケットを拡大できるチャンスである。例えば、オランダでは90%の消費者はオンラインショッピングをする際にこのトラストマークががあるかを確認してから買い物をするというくらい認識が高い。」
「また、アンケート調査でもヨーロッパでのオンラインショッピングでは、信用度の高い会社のウェブサイトで購入するとう回答が26%も増加しており、人々の安全性の意識が高まっていることから、このトラストマークは今後必須となるだろう。」

●Masaltos Eコマース部門 Antonio Fagundo氏

「このトラストマークは他の販売業者との差別化もでき、会社が公的機関に認証され、安全にショッピングできることを示している。このトラストマークのメンバーに参加することで信頼性が高まり売り上げ増に繋がっていくと思われる。」

 

●まとめ

トラストマーク認証制度
上記のように、すでにヨーロッパ各国ではその国独特ののトラストマーク協会があり、Ecommerce Europeが提携することにより、今後のヨーロッパのEコマース業界には欠かせないマークとなりそうだ。
オランダのEコマースでは、ナショナル協会thuiswinkel.orgのメンバーになると自動的にEcommerce Europeのトラストマークの利用ができるという仕組みになっている。
ターゲットカスタマーが認識するトラストマークをウェブサイト上で表示することはこれからのEコマース業界にとって欠かせないことだと思われる。 何かトラブルが発生した時に、クレームできる場所があれば、安心して買い物ができる。
消費者は今後そのトレードマークを確認してからショッピングするかを判断することになるだろう。

関連する記事

EC化率の低いフードECに未来はあるのか... 経済産業省の「平成30年度 我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」報告書によると、2018年の日本国内のBtoC-EC市場規模は17兆9,845億円となっており、EC化率も、6.22%と右肩あがりの増加傾向となっている。その中で、食品におけるEC市場(フードEC市場)を見ると、その市...
ヨーロッパの意外な売れ筋商品 Ebay UK で実施される最新トレンドレポートが発表された。 そこで、現在、イギリス、ヨーロッパで最も売れている商品は何かをまとめてみた。価格を問わず、意外な商品が人気のようだ。   1.ボート漕ぎ 筋トレマシン オリンピックの影響からか、この商品が現在のEbayでのトップ商品...
アメリカ TPP離脱の場合、越境ECはどうなる?... アメリカ大統領選挙で大逆転勝利したドナルド・トランプ氏。世界はトランプ氏がこれまでに発言したことを、大統領就任後、公約として実行するかが注目している。 これまで、トランプ氏の発言は様々なメディアで取り上げられ、読者も周知のことだと察する。 今回は、そのトランプ氏の様々な発言の中でも「アメリ...
時代は変わる 5G時代のEコマースの未来... 先週9月13日より、米アップルは新型「iphone11」の予約を開始した。新型iphoneはトリプルカメラの新機能など紹介されていたが、今回残念だったのは、第5世代(5G)の対応を見送ったことだ。アメリカではすでに5Gインフラが本格化している中での見送りだっただけに、中国に先を越された感が否...
Googleショピング広告で新規ユーザーを獲得しよう... 8月3日、消費者調査を手がける、マイボイスコムはスマホ広告に関する調査結果を公表した。 調査結果によると、過去1年以内に広告を意図的にクリックした経験がある人は13.8%と低い。また、スマホ広告が表示されないようにブロック対策をしている人は、15.6%。スマホ広告を閉じたとする人は、37....
2016年、日本のEC市場はどうだった? 今回も前回に引き続き経済産業省から2016年の「我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」報告書に基づき、国内のEC市場を中心にまとめてみた。 報告によると、日本国内のBtoC-EC市場規模は、15兆1,358億円。前年より9.9%増加したとしている。 各分野では物販系分野で8兆43...

タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ