オウンドメディアは必要ない?「分散型メディア」とは?

イメージ画像

Webマーケティングの世界では、オウンドメディア(自社Webサイト)を使った集客という方法が一般的だ。つまり、コンテンツを自社サイトやブログなどに掲載し、トラフィックを集めるという方法だ。
一方、アメリカではそのコンテンツを自社サイトではなく、Facebook、Twitter、Instagramなどのプラットフォームに掲載する「分散型メディア」と呼ばれる新たなマーケティング戦略が台頭し始めている。
今回はこの「分散型メディア」のメリットなどについて見ていこう。

 

そもそも「分散型メディア」とは?

「分散型メディア」というのは、自社Webサイトを持たず、他社(Facebook、Twitter、Instagramなど)のプラットフォームにコンテンツを掲載、配信することで、コンテンツの拡散を意図したものだ。
分散型メディアの発想はシンプルで当然、起こり得るものだった言える。なぜなら、ビジネスモデルさえ構築されていれば、自社Webサイトでなくても、他社プラットフォームを使い、直接、コンテンツを掲載、配信したほうがユーザーにとってはいちいちサイトに訪問する必要がなく、便利である。
また、分散型メディアの主流は動画のようだ。直感的にある程度の情報量を伝える手段として適したメディアが動画であるからだろう、Tasty、NowThis、デリッシュキッチンなど、動画を中心に配信されるものが多い。

図01

 

図02

 

 

アメリカの代表的な分散型メディアNowThisとBuzzFeed

 

NowThis

NowThis_site

NowThisは自社サイトを持たずに、各種ソーシャルメディアに最適化した動画コンテンツを配信しており、2012年にスタートした。2015年には、PCサイトを閉鎖し、各プラットフォームをベースに分散型のコンテンツ戦略を実施している。
配信されているのはFacebook、Twitter、インスタグラム、Tumblr、Snapchat、YouTubeなどで、1日あたり50本から60本の動画ニュースコンテンツを配信している。サイトにアクセスすると、そこには「ホームページはもう古い」と挑発的な言葉がある。そして、各プラットフォームのフォロワーは以下のようになっており、コンテンツは若者層に支持され注目を浴びている。

  • Facebook:330万人
  • Twitter:38万人
  • Vine:43万人
  • Instagram:24.5万人

 

 

BuzzFeed

BuzzFeeD

BuzzFeedは2006年にニューヨークで創業したソーシャルニュースのメディア企業である。
「分散型メディア」の先駆けとして、膨大な月間PVを獲得している、BuzzFeedはFacebook、Twitter、Pinterest、InstagramといったSNS上にニュース記事を配信し、現在世界に12のエディションと18のオフィスがありグローバルに展開している。
2015年8月、Yahoo Japanをローカルパートナーとして迎え、ジョイントベンチャーでBuzzFeed Japanを立ち上げると発表した。

 

「分散型メディア」のメリット、デメリット

「分散型メディア」とは自社サイトを持たないで集客するという新しいマーケティング手法と言えるが、そのメリット、デメリットもおさえておきたい。
まず、メリットとしては、自社Webサイトの維持コストが最低限に抑えることができる、もしくは必要なくなるという点である。また、自社サイトが主ではないので検索エンジンのアルゴリズムの変化や、検索結果に重要性がなくなる点などがあるだろう。
デメリットしては、Facebook、Twitter、Instagramなど各々のプラットフォームに適したかたちでコンテンツを編集、掲載しなけばならない点。そして、いろいろなプラットフォームにコンテンツを掲載する必要があるため、内容に統一性がなくなり、ブランド構築が難しい、などがある。

 

まとめ

今後は、分散型メディアは普及し、コンテンツマーケティングの手法も変わってゆくだろう。しかし、全てのオウンドメディアが無くなる、無意味になるということはないであろう。
また、分散型メディアのコンテンツ価値を高めることで、オウンドメディアの価値も高まるという可能性もある。今後の「分散化メデイア」の動向に注目して行きたい。

関連する記事

顧客満足度6年連続1位のヨドバシカメラ、その秘訣は?... ヨドバシカメラはインターネット、ヨドバシ・ドット・コムでは驚くべき変化、進化を遂げている。家電量販店とは思えないくらいの品揃えと、その配送の早さなどで顧客の心を掴んだのだ。今やECサイトの王者、Amazonさえも意識せざるを得ない存在となりつつある、ヨドバジ・ドット・コム。 今回は2015年...
ECサイトへのアクセスは何から行われ、何がよく買われているか?... 我が国のインターネット環境は、ますますスマートフォン主流の時代になりつつあるようだ。 その内容を裏付けるのが、7月13日に公表された、「MakeShop」のECサイトへのアクセス数の統計データである。この内容を見ると、ECサイトへのアクセスディバイスはパソコンからスマートフォンへシフトして...
2016年、日本のEC市場はどうだった? 今回も前回に引き続き経済産業省から2016年の「我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」報告書に基づき、国内のEC市場を中心にまとめてみた。 報告によると、日本国内のBtoC-EC市場規模は、15兆1,358億円。前年より9.9%増加したとしている。 各分野では物販系分野で8兆43...
起業家が知っておくべきマーケティングで失敗しやすい7つの事... どのようなビジネスを起業するにしてもマーケティングのミスはしてしまいがちなもの。 特に起業家は予算や資材が限定されている中で、自己ブランドを確立していかなければならない。 いつ、どのような方法でマーケティングをするか、いくら投資するのかは起業家がビジネスをスタートする際に考えるべき重要ポイン...
費用対効果が高い! Facebookダイナミック広告とは...   前回ブログ『広告運用者なら押さえておきたい「動的リマーケティング」とは』ではGoogle広告のリマーケティング広告について説明したが、今回は、Facebook広告のリマーケティング広告について見ていこう。 Facebook広告には画像広告、動画広告、スライドショー広告、...
2015年に国内で伸びたEC商品は何ですか?... インターネットは2004年の時点では利用者数7,948万人、普及率で言えば66%であった。そして10年後の2014年の利用者数を見ると1億18万人、普及率は82.8%となっており、当然ながらインターネットは生活に欠かせない存在となった。利用端末を調べると、2014年のデータだが自宅のパソコンが5...

タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ