オウンドメディアは必要ない?「分散型メディア」とは?

イメージ画像

Webマーケティングの世界では、オウンドメディア(自社Webサイト)を使った集客という方法が一般的だ。つまり、コンテンツを自社サイトやブログなどに掲載し、トラフィックを集めるという方法だ。
一方、アメリカではそのコンテンツを自社サイトではなく、Facebook、Twitter、Instagramなどのプラットフォームに掲載する「分散型メディア」と呼ばれる新たなマーケティング戦略が台頭し始めている。
今回はこの「分散型メディア」のメリットなどについて見ていこう。

 

そもそも「分散型メディア」とは?

「分散型メディア」というのは、自社Webサイトを持たず、他社(Facebook、Twitter、Instagramなど)のプラットフォームにコンテンツを掲載、配信することで、コンテンツの拡散を意図したものだ。
分散型メディアの発想はシンプルで当然、起こり得るものだった言える。なぜなら、ビジネスモデルさえ構築されていれば、自社Webサイトでなくても、他社プラットフォームを使い、直接、コンテンツを掲載、配信したほうがユーザーにとってはいちいちサイトに訪問する必要がなく、便利である。
また、分散型メディアの主流は動画のようだ。直感的にある程度の情報量を伝える手段として適したメディアが動画であるからだろう、Tasty、NowThis、デリッシュキッチンなど、動画を中心に配信されるものが多い。

図01

 

図02

 

 

アメリカの代表的な分散型メディアNowThisとBuzzFeed

 

NowThis

NowThis_site

NowThisは自社サイトを持たずに、各種ソーシャルメディアに最適化した動画コンテンツを配信しており、2012年にスタートした。2015年には、PCサイトを閉鎖し、各プラットフォームをベースに分散型のコンテンツ戦略を実施している。
配信されているのはFacebook、Twitter、インスタグラム、Tumblr、Snapchat、YouTubeなどで、1日あたり50本から60本の動画ニュースコンテンツを配信している。サイトにアクセスすると、そこには「ホームページはもう古い」と挑発的な言葉がある。そして、各プラットフォームのフォロワーは以下のようになっており、コンテンツは若者層に支持され注目を浴びている。

  • Facebook:330万人
  • Twitter:38万人
  • Vine:43万人
  • Instagram:24.5万人

 

 

BuzzFeed

BuzzFeeD

BuzzFeedは2006年にニューヨークで創業したソーシャルニュースのメディア企業である。
「分散型メディア」の先駆けとして、膨大な月間PVを獲得している、BuzzFeedはFacebook、Twitter、Pinterest、InstagramといったSNS上にニュース記事を配信し、現在世界に12のエディションと18のオフィスがありグローバルに展開している。
2015年8月、Yahoo Japanをローカルパートナーとして迎え、ジョイントベンチャーでBuzzFeed Japanを立ち上げると発表した。

 

「分散型メディア」のメリット、デメリット

「分散型メディア」とは自社サイトを持たないで集客するという新しいマーケティング手法と言えるが、そのメリット、デメリットもおさえておきたい。
まず、メリットとしては、自社Webサイトの維持コストが最低限に抑えることができる、もしくは必要なくなるという点である。また、自社サイトが主ではないので検索エンジンのアルゴリズムの変化や、検索結果に重要性がなくなる点などがあるだろう。
デメリットしては、Facebook、Twitter、Instagramなど各々のプラットフォームに適したかたちでコンテンツを編集、掲載しなけばならない点。そして、いろいろなプラットフォームにコンテンツを掲載する必要があるため、内容に統一性がなくなり、ブランド構築が難しい、などがある。

 

まとめ

今後は、分散型メディアは普及し、コンテンツマーケティングの手法も変わってゆくだろう。しかし、全てのオウンドメディアが無くなる、無意味になるということはないであろう。
また、分散型メディアのコンテンツ価値を高めることで、オウンドメディアの価値も高まるという可能性もある。今後の「分散化メデイア」の動向に注目して行きたい。

関連する記事

Instagramをビジネスで利用する 2010年に始まったInstagram(以下インスタグラム)は、スマフォカメラアプリで、撮影した写真を加工し、投稿するSNSアプリである。2015年9月時点でグローバルユーザーは4億人、国内では810万人のユーザーがこのアプリでSNSを楽しんでいる。昨年、2015年にはInstagram広告がリ...
越境ECは観光事業を拡大する有効なチャネルである... 日本を訪れる外国人観光客数は年々拡大し、観光庁の発表によると、2018年は過去最高の3,119万人(前年比8.7%増)となった。 昨年のトップは中国の838万人、次いで韓国753.9万人、さらに台湾の475.7万人、香港の220.8万人、アメリカの152.2万人と続いている。 そして、旅...
2020年ネット広告は動画広告が牽引 嫌悪感も多いネット広告のあるべき姿... 以前のブログ、「2020年の日本の広告費 広告メディアを牽引する運用型広告とは」で記したが、2020年の日本の広告費は6兆1,594億円(2019年は6兆9,381億円)と前年比88.8%となり、9年ぶりに減少となった。 広告費全体では減少する中にあって、インターネット広告費(インターネッ...
ここが違うぞ! 大阪のインバウンドが活況 ...   5月17日、2018年1月から3月期の訪日外国人数、旅行消費額など公表された。 1月から3月の訪日外国人数は762万人は前年比11.6%の増加。 訪日外国人全体の旅行消費額は1兆1,343億円と推計され、前年比は17.2%増加の増加であった。 このままのペースでいけば、...
インバウンド集客には何が重要か 2018年9月12日、日本政策金融公庫総合研究所が融資先の中小企業3,290社(小売業や飲食店・宿泊業・運輸業など)を対象に行った「外国人観光客の受け入れに関するアンケート」の結果を発表した。 その調査結果によると、中小企業の外国人観光客受け入れについては過半数以上が前向きで、積極的な受け...
ショッピングモールサイトではなく、自社ECサイトで売上げをアップするには?... 独自ドメインで自社ECサイトを運営しているが一向に売上げが上がらない、しかし、ショッピングモールサイトでは売上げが上がり、ますます、Amazonや楽天などのモールサイトの依存度は高まり、どうしたら、自社ECサイトでしっかりした売上げ基盤をつくり、モールでの売上げではなく、自社ECサイトで売上げを...

タグ:

コメントをどうぞ