2017年の日本のEC市場、越境EC市場はどのくらい成長した?

イメージ画像

経済産業省は4月25日、「平成29年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」 (電子商取引に関する市場調査)を発表した。この内容は2017年の日本の電子商取引市場の実態や日米中3か国間の越境電子商取引の市場動向についての調査内容をまとめたものである。
今回はこの内容をベースに2017年の国内、海外のEC市場、さらに越境EC市場はどうだったのか、前年からどれくらい成長したのかなどを見てみよう。

 

●2017年、日本のEC市場は9.1%拡大している

2017年のBtoC-EC市場規模は、16兆5,054億円(前年比 9.1%増)と前年を上回る結果であった。EC化率は、5.79%とこちらも増加している。

図01

国内のBtoB-EC市場規模、各分野の構成比率を見ると、物販系分野で8兆6,008億円(伸び率7.5%)、サービス系分野で5兆9,568億円(伸び率11.3%)、デジタル系分野で1兆9,478億円(伸び率9.5%)となっている。どの分野も前年比増と拡大している。
EC化率(すべての商取引のうち、電子商取引が占める割合)についても年々増加、2017年の物販系分野のEC化率は5.79%と前年比0.35ポイント増と増加している。

図02

今回の市場調査でのトピックスとして、スマートフォン経由の市場規模の伸び率が拡大していること。さらにCtoC-ECの中でフリマアプリ市場規模の増加などを取り上げていた。

2017年のスマートフォン経由のBtoC-ECの市場規模は4,531億円増の3兆90億円、前年比17.7%増となり、これは物販系市場(8兆6,008億円)の35%に相当する金額である。スマートフォンから、商品を注文する割合は年々大きくなっており、今後はこの傾向はさらに加速すると予想されている。

図03

また、2017年のフリマアプリの市場規模については、4,835億円と、前年3,052億円から伸び率36%と大きく、メルカリなどを筆頭にしたフリマ市場が活況を呈していたことを示している。

図04

 

●世界のEC市場も24.8%の成長であった

2017年の世界のBtoC EC市場規模も拡大している。2017年の世界のEC市場は2兆3,000億USドル(約250兆9,000億円 )、対前年比成長率は24.8%の成長となっている。
これはスマートフォンの普及、インターネット人口の増加、物流システムの充実、決済機能の多様化対応、オンラインショッピングのインフラ整備、越境ECの増大、など様々な要因が挙げられている。
さらに今後、世界のEC市場は2021年までには4兆9,000億USドル(約534兆円)まで成長が見込まれている。

図05

また、世界の国別EC市場規模を見ると、市場規模でトップは中国で1兆1,153億USドル、2位はアメリカ4,549億USドル、3位はイギリス1,126億USドル、日本は第4位で953億USドルとなっている。
その中でも成長著しいのは、中国とインドで中国は前年比は35.1%、インドは前年比42.1%と圧倒的上昇率である。 世界のEC市場では中国、アメリカが大きな存在感を保持しているが、他国に比べ日本の伸び率が鈍化しているのが気になるところである。

図06

 

●越境EC市場も22.1%増と引き続き成長している

最後に日本、アメリカ、中国の各国間の2017年の越境EC市場動向についても見ていく。 2017年の3カ国(日本、アメリカ、中国)越境EC市場合計は4兆2,196億円、前年比は22.1%の伸びで拡大傾向が続いているようだ。

図07

日本、アメリカ、中国各国間の2017年の消費動向の結果を見てみよう。 日本の消費者が、アメリカ、中国から越境ECで購入した金額は2,570億円で前年比は7.3%増となっている。 アメリカの消費者が日本、中国から越境ECで購入した金額は1兆2,070億円で前年比15.9%増となっている。
そして、中国の消費者が日本、アメリカから越境ECでの購入額は2兆7,556億円で26.8%と前年比的には鈍化しているが、中国は2017年も越境EC市場を牽引する存在となっていることがわかる。越境ECは中国を中心にますます、拡大して行くだろう。

図08

●日本、アメリカ、中国の越境ECポテンシャル

2017年から2021年までの日本、中国、アメリカ各国の越境EC市場規模のポテンシャルを推計を見ると、2017年の3カ国総計消費額、4兆2,196億円は2021年には1.9倍の8兆3,765億円にまで拡大すると推計されている。

3カ国別では2021年までに日本は1.2倍、アメリカは1.67倍、中国は2.2倍規模にまで拡大すると推計されている。 この推計予想は、各種調査機関、文献及び越境ECを行っているEC事業者のヒアリングを行って得た数値で、東京オリンピックに向けての越境EC期待値は加味されていないとしている。

図09

 

●アメリカ、中国の越境ECでよく購入される商品は何?

アメリカと中国の越境ECユーザーは越境ECでどのような商品を買い、越境ECのメリットをどのようなところに感じているのだろう。その内容もまとめられているので紹介する。

アメリカでの越境ECのニーズで多いのは、衣類、アクセサリー、玩具、図書、宝飾品、時計などである、医薬品や、食料品・飲料など数値が低いのは、コールドチェーンなどの輸送面の問題があると指摘している。それらが改善されれば、このカテゴリーについては購入率も上昇するとしている。
また、アメリカ人の越境EC利用者は約3,400万人とされ、越境EC利用経験者は31%を占めている。日本は900万人、越境EC利用経験者は5%と低い。 アメリカ人が、越境ECを利用するメリットは、比較的安い価格で商品を購入できるがトップで、43%、次に国内にはないユニークな商品が欲しいためが36%となっている。 アメリカへの販売は、安価で日本オリジナルな商品に需要があると言えるだろう。

図10

図11

 

今回の統計では中国人の海外ブランドと国内ブランドとどちらが好きかとい嗜好度調査結果も報告されている。中国国内より海外ブランドを買いたい商品のトップは乳児用粉ミルクが53%である。さらにワインが52%、3位にカラー化粧品が49%と続いている。 中国では、7,000万人ものユーザーが越境ECを利用しており、日本から越境EC利用経験者は67.7%と日本ブランドに対する人気は高い。
越境ECの利用メリットについては、中国国内では店頭で販売されていない製品が44.4%でトップで、2位が日本に旅行した時に購入して気に入ったから再購入したが40.4%と日本でのインバウンド体験が越境ECの消費行動に繋がっていることを裏付けている。

図12

図13

 

●まとめ

2017年の国内EC市場は2016年に続き、16兆5,054億円(前年比9.1%)と予想通り拡大していた。そして、 日本の越境EC(対中国、アメリカ)市場も2兆106億円(前年比21.7%)の増と順調な伸びを示している。
越境ECについては、2020年の東京オリンピック需要が期待され、ますます増大することは間違いないところだろう。
特に中国人アンケートによる訪日中国旅行者が観光地などで買った商品を帰国後も越境ECを利用し、購入するいう需要も増えているようだ。 日本のEC化率、越境EC化率は他国に比べまだまだ低い。インバウンド需要がある商品、ブランドであれば、これを商機として越境ECビジネスに踏み出してみる価値は充分あるだろう。

 

出典:「平成29年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」
ブログ中の図に関しては、全て「平成29年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」のデータを基に作成した。

関連する記事

越境ECのドメイン 7つの基本ルール 越境ECをはじめるときに重要なポイントなるのが、どのようなドメインが良いか?ということだ。ドメインは希望したものが取得できないケースもあるので、早めに行うのが賢明だ。 越境ECの場合、ドメインは国、地域ごとに分けたほうがいいのか?また、言語ごとのURLをどう設定するか?など、取得する前に迷...
これだけは知っておきたい アメリカ向け越境ECのポイント... アメリカは世界のEC市場で中国に次ぐ2番めに大きな市場を持つ国である。 2019年のEC市場規模を示した資料によると、中国は19,348億ドル(約209兆円)、次いでアメリカの5,869億ドル(約63兆4,000億円)、3位にイギリス1,419億ドル(約15兆3,000億円)となっている。...
2020年ネット広告は動画広告が牽引 嫌悪感も多いネット広告のあるべき姿... 以前のブログ、「2020年の日本の広告費 広告メディアを牽引する運用型広告とは」で記したが、2020年の日本の広告費は6兆1,594億円(2019年は6兆9,381億円)と前年比88.8%となり、9年ぶりに減少となった。 広告費全体では減少する中にあって、インターネット広告費(インターネッ...
中国6.18商戦はライブコマースの急拡大が顕著... 中国は新型コロナ禍で1月から3月、経済活動はほぼ停止の状態となり、中国の国内総生産は実質、前年比6.8%の大幅なマイナスを記録した。 その後4月から中国政府は活動再開を宣言し、工業生産高は4月には3.9%増、5月には4.4%増とボトム期を脱しているように見える。 そして6月、中国大手EC...
拡大するライブコマース市場 中国と日本を比較... 中国では、ネットライブ配信を視聴しながらショッピングをする「ライブコマース」が成長を見せている。 中国国内では、すでにライブコマースは当たり前のように浸透しており、ライブコマース市場も2020年では22兆円と、ECに占める割合も11.2%と拡大している。 対して、日本ではまだ、ライブコマー...
越境EC はじめの一歩 越境ECに関する経済産業省がまとめた平成29年度の資料では、昨年、2016年の日本の中国消費者向け電子商取引(BtoC-EC)は前年比30.3%増の1兆366 億円、アメリカ消費者向け電子商取引(BtoC-EC)は、前年比14.4%増の6,156 億円と中国向け越境EC市場が大きな伸びを見せ...

タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ