« ブログのトップページに戻る

オランダでEcommerceWikiがスタート

   投稿者 : 2016年3月11日 By

イメージ画像

EcommerceWikiをご存じでしょうか? オランダでは数社の企業がこのEcommerceWikiをスタート。これは、専門家が世界中で集めたEコマースに関する話題や情報が満載。Eコマースのプラットフォームやソーシャルメディアの使い方、宣伝広告、販売など注目のサイトである。

画像01

EcommerceWiki これは非営利団体Ecommerce Foundationの活動の一環としてスタートしたものだ。このサイトは40以上のトピック、越境サイト、メールマガジン、マーケティングそしてSEO、決済方法などE-コマースに特化した話題についての情報収集ができる。 各項目はそれぞれベーシック、アドバンス、エキスパートと3レベルに分けられており、自分にあったレベルの情報を選べるので、分かりやすく子供から大人まで利用することができる。

この画期的な情報プラットフォームは、様々なノウハウを提供し、ウェブサイトやブログで書かれている情報が必ずしも正しいとは限らない事を受けて、このサイトで改善を試みるのが目的だ。

Webwinkel Vakdagenの日に公開

画像02

まだ、EcommerceWikiは1月にスタートしたばかりでこれから情報量が増えていくと思われる。このウェブサイトは1月のe-commerceイベント”Webwinkel Vakdagen”で初公開された。この2日間のイベントで、オランダのEコマース協会のThuiswinkel.org
Googleや大手のBol.comThuiswinkelBugabooEbayなどのパネルディスカッションが開催された。

 

Ecommerce Wikiのサイトの使い方

例えばレポートを選択すると、様々なカテゴリーや言語(オランダ語か英語)、レポートの形式もプレゼンテーション、ビデオ、分析資料、Ebookなどを選ぶことができる。これは、登録すれば無料でダウンロードできるものも多く、情報量もかなり充実している。
トピックを選ぶと、まず一般の話題、マーケティング、サイトの管理、サプライチェーン、IT、カスタマーサービス、決済、税金、詐欺防止などの項目から、さらに細かく選べる。

例えば、オンライン決済の項目を選ぶと、WIKI-一般の情報、オンライン決済とは何かなど基本的なレベルから、様々な通貨にどう対応するかというような内容のものまで選ぶことができる。

画像03
 

さらに専門家のレポートやプレゼンテーションなどがこのサイトに登録すれば閲覧できるようなっている。
最初のライト版は無料になっているので、お試しでダウンロードもしてみるのも良い。モバイルEコマースのレポートAsia-Pacific B2C E-commerce Report 2015 などは必見である。 特にヨーロッパからみたアジア太平洋地域向けのE-コマースなどは興味深いはずである。分かりやすく各国のインターネット、モバイル使用率などが分析されている。

例えば、モバイルEコマースのレポートによると、62% のベネルクス地域の消費者はスマートフォンかタブレットを利用、65%が昨年度はモバイルオンラインでショッピング、54%のタブレットユーザーは毎日検索に利用しているという結果である。

 
画像04
 

全世界の最新レポートはこちらから選べる。
無料の資料が殆どなので見逃せない情報である。このように信用できるE-コマース専門のサイトがあれば、他の情報に惑わされることがなく、Eコマースに関する全ての内容が1本化し集約していれば、非常に便利である。
これは、ウィキベディアと違い様々な専門家の貴重な分析資料も無料で含まれているので是非、活用していただきたい。

関連する記事

経済産業省が発表! 2015年のEC市場調査結果... 経済産業省は6月14日、 「平成27年度我が国情報経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備」 (電子商取引に関する市場調査)の結果を発表した。内容は日本の電子商取引市場の実態、日米中3か国間の越境電子商取引の市場動向についての調査結果である。 今回はこの結果を元に国内のEC市場や越境EC市...
越境EC フィリピン市場の可能性 越境ECというと、ターゲットとする市場は、まず、アメリカ、ヨーロッパ市場、さらに中国、香港、台湾、韓国など思い浮かぶが、東南アジア諸国、ASEANも昨今、EC市場の成長が著しく、見逃せない地域となっている。 東南アジアのEC市場は今現在の市場は小さくとも、今後は爆発的な成長を期待できるだろ...
越境EC 知っておくべき無料マーケティングツール... ビジネスを遂行していく中、成功するためのステップとして効果的なマーケティングを行うことは非常に重要である。ネット上では数えきれない程の無料のマーケティングツールがある事を知っているのと、知らないとでは、結果にかなりの差が生じてくるものだ。もちろん、有料広告なども利用すればいいが、できるだけバラン...
ebay.comで人気の日本の商品(2016−Sep)... 前回、6月にも行ったが今回も引き続き、世界的に有名なアメリカのオークションサイトebay.comでは今、どんな日本の商品が売れているか? 9月27日にキーワードを"japan"として約300点ほど調べ、グラフ化した。ただし、調べる日時によっては内容に差異があることを了解...
中国は日本にとっての大口顧客であることが分かる「ジェトロのアンケート調査」... 3月7日、日本貿易振興機構(JETRO・ジェトロ)は2018年11月〜2019年1月にかけて、ジェトロのサービス利用企業、10,004社を対象に「日本企業の海外事業展開に関するアンケート調査」を実施した。 そのうち、3,385社から回答を得た結果内容を公表した。 アンケート詳細内容は、「貿...
越境ECサイト・国内ECサイトのCMSを比べてみた... 経済産業省が発表した2017年の日本の国内BtoC市場は、16兆5,054億円と前年より9.1%上昇し、さらにEC化率も5.79%(物販分野)と伸長している。 しかし、EC化率(ECの売上が小売全体の売上に占める割合)は世界に比べるとまだまだ低いという現況がある。 ちなみに、EC化率の高...

タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加