« ブログのトップページに戻る

国別に見た越境ECでの売れ筋商品

   投稿者 : 2017年3月28日 By

イメージ画像

いつもはeBayアメリカサイトで、どのような日本の商品が売れているのかを調べながら、その月の販売動向などを記事にしているが、今回は当社Live Commerceとご契約のお客様が越境ECで販売している商品で、よく売れている商品にはどんなものがあるのか、各国別に特徴などあるのか、などを調べてみた。
今回調べたのは、3月1日〜24日までの期間を対象として、アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、イタリア、中国、韓国、オースラリア、マレーシアについて調べてみた。

 

●アメリカ

アメリカ

アメリカでは、カフェインを抜いた「デカフェ」の紅茶、台湾産の烏龍茶などの高級茶葉系がよく売れているようだ。また、健康食品としての「フコイダン抽出顆粒」やオリジナルTシャツなども意外に売れ筋商品であった。

 

●カナダ

カナダ

カナダではミリタリーパーカー、オリジナルTシャツやアクセサリーなどのファッションアイテムに人気が高かった。ハワイアンドレスなどの衣装や各種茶葉なども人気が高い。

 

●イギリス

イギリス

イギリスではオリジナルロゴTシャツがよく売れている。変わったところでは、手作り一点ものの茶碗、一ノ蔵などの日本酒などもよく売れている。

 

●フランス

フランス

フランスでは意外だったが、釣り具関連の商品が上位売れ筋だった。3月という季節的なものなのか、NANOカーボンによる軽量なロッドを中心にオリジナルTシャツ、日本酒、静岡銘茶小笠などがよく売れている。

 

●イタリア

イタリア

イタリアではフラダンス用のスカートや釣り具関連のミニシケイダー(ルアーの一種)などが人気となっていた。

 

●中国

中国

中国では上質の台湾産烏龍茶やいくつもの種類の花から集められたハチミツなど人気が高かった。蜜桃味の龍角散など医薬品にも人気があった。

 

●韓国

韓国

韓国では特に際立って売れている商品はなく、ここに取り上げた日本酒やフラダンス用のスカート、ゆず蜜、スキンクリームなどが平均的に売れている。

 

●オーストラリア

オーストラリア

オーストラリアでは釣り具が売れ筋商品だった。錐型テール、ルアー、ロッドを中心に様々なアイテムが購入されていた。また、日本酒も以外と多く、変わったところでフランダンス用スカートなども人気があった。

 

●マレーシア

マレーシア

マレーシアではヒアルロン酸、コラーゲンを配合したスキンクリームを中心にしたスキンケア商品が売れ筋商品で、平均的に蜂蜜やオリジナルTシャツなども購入されていた。

 

●越境ECが盛んな国は中国、アメリカ、インドなど

越境ECの市場規模

オンライン決済のペイパルの調査によると2016年時点での主要32ヶ国のEC市場は約160兆円となっており、越境EC市場規模ランクは、中国、アメリカ、インド、フランス、イギリスの順と発表している。
また、中国とアメリカの上位2カ国でEC市場全体の6割のシェアを占める結果としている。
中国ユーザーの主な購入先は日本と韓国で同率で13%、続きアメリカの9%、フランス4%となっている。中国ユーザーの日本からの購入理由は”商品の品質”、”自国で買えないから”、”ショップへの信頼”、が理由の上位となっている。
そして、アメリカユーザーの主な購入先は、中国がトップで14%、次いで、イギリスの10%、カナダ7%、日本5%、韓国4%の順となっている。アメリカユーザーの日本から購入理由は、”価格”、”新しい商品の発見”などとなっている。

記事参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000019784.html

 

●まとめ

越境ECで世界に向けてショップサイトを構築すれば、アメリカや中国ばかりではなく、イギリスやフランスなどさまざな国に向けて海外販売を行うことができる。
そして、海外で売れる商品は、そのお国柄によっても違うというのも事実だ。また、季節によっても売れ筋商品は変化するだろう。
今後も定期的に「どの国でどんな商品がよく売れているか」など調査を続けて行きたい。

 

 

関連する記事

「GDPR対策」の為のGoogleアナリティクス設定はどうするの?... 今年5月25日、「Google Analyticsのユーザーデータとイベントデータが自動的に削除されるようになります。」というアナウンスがあった。 削除対象は、ユーザーやブラウザといった「プライバシーに関連するデータ」である。このGoogle内容は、EU域内で取得された個人情報に関する法律...
ブルーオーシャンだが、越境EC参入が難しいベトナム... 本日、1月24日サッカーアジアカップ準々決勝が行われる。 日本の対戦相手はベトナムだ。 ベトナムと言えば、フォー、生春巻き、パインミーなど、ベトナム料理が有名だ。 今、ベトナムでは空前のサッカーブーム。そして、サッカー以外でも、昨年、2018年は経済的にもGDP成長率は6.81%と高水準...
「製造業の海外展開」 アメリカという市場... 皆さん こんにちは。 さて今回から、反省と新たなチャレンジについてお話を進めて行きます。 海外販売第一歩が成就できなかった要因の一つは、「マーケティング」の不足、いや全くそのような考え無く始めたことに他なりません。 マーケティングの前に『自分の立ち位置』の不明瞭さを問題点として認識し...
押さえておきたい! アメリカEC市場の新たな潮流... 5月25日から4日間の日程で、アメリカ大統領トランプ夫妻は元号が令和に変わって初の国賓として来日した。2017年1月の大統領就任以来、安倍首相との会談は11回目となる。 重要な日米首脳会談では、貿易摩擦と北朝鮮問題について話し合ったが、会談での共同声明などの成果文書はなかったようだ。しかし...
海外販売に関する補助金・助成金情報(2018.August)... 2018年も8月。日本各地、梅雨明け以降、連日の猛暑日が続いている。台風も発生し、関東沿岸を通過するなど荒れ模様だ。今年の夏は立秋を過ぎてもまだまだ猛暑日が続くと予想されている。猛暑日は水分補給を充分行っていただきたい。今月も補助金・助成金情報をまとめた。 補助金・助成金とは国や地方自治体...
越境EC オーストラリアのポテンシャルは?... アメリカ、トランプ新大統領の環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)離脱宣言に対し、オーストラリア、マルコム・タンブル首相は「わが国はアメリカ抜きでもTPPを推進する。中国の参加を呼びかける。」などと語っている。 日本は、アメリカ抜きでもTPPを推進するのかが、注目されるところだが、今回はこの...

タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。