« ブログのトップページに戻る

国別に見た越境ECでの売れ筋商品

   投稿者 : 2017年3月28日 By

イメージ画像

いつもはeBayアメリカサイトで、どのような日本の商品が売れているのかを調べながら、その月の販売動向などを記事にしているが、今回は当社Live Commerceとご契約のお客様が越境ECで販売している商品で、よく売れている商品にはどんなものがあるのか、各国別に特徴などあるのか、などを調べてみた。
今回調べたのは、3月1日〜24日までの期間を対象として、アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、イタリア、中国、韓国、オースラリア、マレーシアについて調べてみた。

 

●アメリカ

アメリカ

アメリカでは、カフェインを抜いた「デカフェ」の紅茶、台湾産の烏龍茶などの高級茶葉系がよく売れているようだ。また、健康食品としての「フコイダン抽出顆粒」やオリジナルTシャツなども意外に売れ筋商品であった。

 

●カナダ

カナダ

カナダではミリタリーパーカー、オリジナルTシャツやアクセサリーなどのファッションアイテムに人気が高かった。ハワイアンドレスなどの衣装や各種茶葉なども人気が高い。

 

●イギリス

イギリス

イギリスではオリジナルロゴTシャツがよく売れている。変わったところでは、手作り一点ものの茶碗、一ノ蔵などの日本酒などもよく売れている。

 

●フランス

フランス

フランスでは意外だったが、釣り具関連の商品が上位売れ筋だった。3月という季節的なものなのか、NANOカーボンによる軽量なロッドを中心にオリジナルTシャツ、日本酒、静岡銘茶小笠などがよく売れている。

 

●イタリア

イタリア

イタリアではフラダンス用のスカートや釣り具関連のミニシケイダー(ルアーの一種)などが人気となっていた。

 

●中国

中国

中国では上質の台湾産烏龍茶やいくつもの種類の花から集められたハチミツなど人気が高かった。蜜桃味の龍角散など医薬品にも人気があった。

 

●韓国

韓国

韓国では特に際立って売れている商品はなく、ここに取り上げた日本酒やフラダンス用のスカート、ゆず蜜、スキンクリームなどが平均的に売れている。

 

●オーストラリア

オーストラリア

オーストラリアでは釣り具が売れ筋商品だった。錐型テール、ルアー、ロッドを中心に様々なアイテムが購入されていた。また、日本酒も以外と多く、変わったところでフランダンス用スカートなども人気があった。

 

●マレーシア

マレーシア

マレーシアではヒアルロン酸、コラーゲンを配合したスキンクリームを中心にしたスキンケア商品が売れ筋商品で、平均的に蜂蜜やオリジナルTシャツなども購入されていた。

 

●越境ECが盛んな国は中国、アメリカ、インドなど

越境ECの市場規模

オンライン決済のペイパルの調査によると2016年時点での主要32ヶ国のEC市場は約160兆円となっており、越境EC市場規模ランクは、中国、アメリカ、インド、フランス、イギリスの順と発表している。
また、中国とアメリカの上位2カ国でEC市場全体の6割のシェアを占める結果としている。
中国ユーザーの主な購入先は日本と韓国で同率で13%、続きアメリカの9%、フランス4%となっている。中国ユーザーの日本からの購入理由は”商品の品質”、”自国で買えないから”、”ショップへの信頼”、が理由の上位となっている。
そして、アメリカユーザーの主な購入先は、中国がトップで14%、次いで、イギリスの10%、カナダ7%、日本5%、韓国4%の順となっている。アメリカユーザーの日本から購入理由は、”価格”、”新しい商品の発見”などとなっている。

記事参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000019784.html

 

●まとめ

越境ECで世界に向けてショップサイトを構築すれば、アメリカや中国ばかりではなく、イギリスやフランスなどさまざな国に向けて海外販売を行うことができる。
そして、海外で売れる商品は、そのお国柄によっても違うというのも事実だ。また、季節によっても売れ筋商品は変化するだろう。
今後も定期的に「どの国でどんな商品がよく売れているか」など調査を続けて行きたい。

 

 

関連する記事

海外販売に関する補助金・助成金情報(2018.April)... 2018年も4月、企業で言えば入社式、新年度のスタート。小中学、高等学校では入学、新学期のシーズンに入った。 今月も4月の最新の補助金、助成金情報をまとめてみた。 補助金・助成金とは国や地方自治体から民間企業へ資金支援する返済不要のお金である。 補助金と助成金の違いは、補助金には予算があ...
今年のブラックフライデーはどうだった?... 先月11月25日、アメリカ、ヨーロッパ、中国などで盛り上がりをみせたのが、「ブラックフライデー」という大々的なセールだ。日本でも様々なショップでブラックフライデーセールが実施されていた。実店舗やネットショップでは大いに売り上げを伸ばしたことだろう。まだまだ、日本には根づいてはいない、「ブラックフ...
中国ECに欠かせない3大オンライン決済サービス... Live Commerceでは中国向けEコマース決済としてAurfy Japanの提供する銀嶺、Alipay、WeChatPayの3つの決済システムを導入設定することができる。Live Commerceの中国向け決済機能を使えば、中国の決済シェアの80%以上をカバーできる。 今回は中国決済...
中国ECの巨頭、天猫や京東を超えた越境EC コアラとは?... eMarketer社によると、2017年中国国内 EC売上高は約11,153 億米ドル(約122兆円)(対前年比 35.1%増)であり、中国BtoCの市場は、国内の景気減退とは裏腹に大きな成長を遂げている。 さらに、越境ECも拡大が続いており、中国の昨年の越境EC市場規模は、1,002 億米...
Live Commerceで日本の釣り具を世界に販売する 「ASIAN PORTAL」大谷社長にイン... 今回は、今年6月より、スタートアップした「ASIAN PORTAL FISHING」の大谷社長にいろいろとお話を伺った。「ASIAN PORTAL FISHING」では日本の釣り具メーカー約300社を集約し、Fishingに特化した商品を海外に販売している。 オープン間もないが、事業内容や...
EコマースとMコマースの違いとは? 最近のショッピング事情と言えば、従来の店舗に行って実際に商品を手に取ってレジで並んで購入するスタイルではなく、オンラインで好きなものを自由な時間に購入するスタイルにシフトしているようだ。 各個人ののショッピングスタイルの好みによるが、まず、オンラインで購入する場合、一般的に知られているEC...

タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。