« ブログのトップページに戻る

顧客を逃さない為のECサイトチェックポイント

   投稿者 : 2015年9月8日 By

イメージ画像

ECサイトの目的は成約率をあげ、売上げを伸ばすことである。でも、サイトのどこをどうすれば良いのかわかない。ECサイトは構造が複雑でどこに問題点があるのか分かりにくいも事実である。
だた、押さえるところをしっかり押さえられていれば、売上げは伸びていくものと思われる。
今回は少しでも売上げアップにつなげる為に、サイト内で押さえるべき、チェックポイントまとめてみた。

 

1.ユーザーインターフェース、コンテンツ内容は分かりやすいか

 

1-1シンプルなユーザーインターフェイスにする

ナビゲーションデザインやヘッダー部分のUIデザインにかかわる部分はできるだけシンプルで使いやすさを優先したデザインにする.

 

1-2商品写真にこだわる

商品写真にはこだわりをもって最高の写真を選ぶ。アングルを変えたものを最低でも5種類は表示し、クリックすると拡大表示すされるようにする。

 

1-3商品説明は簡潔に商品をアピールする

商品の外観・材質・重量・寸法などの説明はお客様の知りたい情報である。詳細情報では商品の特徴をしっかりアピール、表示する。

 

1-4貧弱なカートデザインを採用していないか

お客様にとってはショッピングカートのデザインは非常に重要な要素である。
検索窓やユーザーレビュー、商品画像、関連商品の配置などデザインに妥協しない。

 

2.カート機能はシンプルで使いやすいか

 

2-1.ストレスを感じさせない検索機能

お客様のリクエストに対して適切な結果を示せるエンジンかどうか。複合ワードによる絞り込み検索や並べ替え機能などを実装しているか。
検索機能はお客様に役立つで内容であるべきである。

 

2-2.購入のフローを短くする

購入までの手続きはシンプルする。入力→確認→完了のようにフローを簡潔する。

 

2-3.さまざまな支払い方法を用意している

クレジットカード、郵便振替、コンビニ決済、オンライン決済など可能な限りの支払い方法の選択肢があること。

 

2-4.関連する商品の提案

その商品に関連した商品、おススメ商品の提案などのレコメンド機能がある。

 

2-5.配送料を表示する

送料の表示は商品の価格と送料とお届予定日など一緒に分かるように表示する。
また、返品については返品可能期間なども同時に明示することで、お客様に安心してお買い物を提供できる。

 

3.お客様との信頼関係を築く、ホスピタリティは万全か

 

3-1.会員登録しなくても買い物ができる

お買い物は会員登録なしでも購入できるようにする。購入手続き後にスムーズに会員登録できる仕組み、会員になる利点などを示すことで会員登録を促すとよい。

 

3-2.電話番号を掲載する

ECサイトの見つけやすい場所に電話番号、メールアドレスを表示する。電話による問い合わせができることは、お客様にとってはありがたい。

 

3-3.カスタマーサービスを充実させる

電話での応対やメール対応だけでなく、フォームやFAQ、質問ページなどのユーザー向けコンテンツを充実させる。そしてヘルプ機能も重要だ。オンラインチャットによるライブヘルプは非常に便利な機能である。
これらカスタマーサービスは、商品購入に関する不安を可能な限り取り除き、サービスを通じて、お客様に関わることで信頼関係を構築できる。

 

3-4.プライバシーを重視するお店か

会社情報、特定商取引法に基づいた表記、プライバシーポリシーなどしっかり表示することは基本である。予約フォームにプライバシーポリシーへのリンクをはるなどの細かい設定は、お客さまの信頼度を増す。

 

まとめ

成約率の高い、売れるECサイトの構築はけっして簡単ではない。
サイト運営者は、常にお客様の視点に立ち、使いやすさ=ユーザビリティ、ユーザーインタフェース、コンテンツを検証し、サイトを改善してゆくことが重要である。
売上げに示される数字は、お客様に満足いただけた数字の結果として示された数字である。
今回のチェックポイントを参考にサイト内で改善すべきところなど無いか、検証していただければと思う。

関連する記事

ECの巨人AmazonとZOZOTOWN 2018年も後半に入った。国内では、西日本を襲った記録的な豪雨による災害が相次いでいる。被害に遭われた方、避難を余儀なくされている方に心より、お見舞い申しあげる。 今回は昨年2017年のEコマースについてランキング資料をベースに振り返りつつ、昨年も他を大きく引き離し成長したECモール、「Am...
インバウンドECサイトから越境ECサイトへ... 4月27日、電通は2018年1~2月に実施した「ジャパンブランド調査2018」の結果を発表した。 この調査は世界20か国・地域を対象に、日本に対する好感度や訪日旅行意向などをアンケート調査したものだ。 それによると、「日本のことが好きな国・地域」のとトップは同率で台湾、タイ、フィリピン、...
2016年、日本のEC市場はどうだった? 今回も前回に引き続き経済産業省から2016年の「我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」報告書に基づき、国内のEC市場を中心にまとめてみた。 報告によると、日本国内のBtoC-EC市場規模は、15兆1,358億円。前年より9.9%増加したとしている。 各分野では物販系分野で8兆43...
海外のECプラットフォームのメリットは?... 日本のBtoCにおけるEC市場規模は15兆1,358億円(2016年)、2020年には20兆円規模にまで拡大すると予測されている。EC化率は物販系分野で5.43%。このEC化率においてはアメリカは7%、中国は15%などと比べるとまだまだ低い数字と言えるだろう。 逆に言えば、まだまだ、店舗が...
今、アメリカでトレンドのサブスクリプションボックスとは?... アメリカでは近年、「サブスクリプションビジネス」と呼ばれる定期購入型ビジネスに参入する事業者が増えている。 ギャップなどアパレル系企業やポルシェなど自動車メーカーなど自社の車両を定期レンタルできるサービスを開始したり、新しいビジネスモデルに注目が集まっている。 「サブスクリプションビジネ...
3C分析で自社WEBサイトを強化するには 3C分析という言葉はマーケティングの世界では良く使われるキーワードではあるが、意外とその意味や実際に3C分析をどう行えば良いのかわからない方も多い。 今回は、3C分析を使って自社WEBサイトを改善またはリニューアルするときの留意点などをまとめてみた。   ●そもそも3C分析とは...

タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加