« ブログのトップページに戻る

押さえておきたい!スマホサイトのフォーム最適化のポイント

   投稿者 : 2015年9月18日 By

イメージ画像

パソコンECサイトではコンバージョン率があるのに、スマホECサイトでは成約に至らないケースが多いのはフォームに問題があるケースが多い。せっかくスマホECサイトを作ったのに売上が伸びない、効果が発揮されないなど悩みがある方も多い。パソコンに比べ、入力にストレスを感じることの多い、スマホサイトのフォーム。
今回はスマホサイトのフォームの最適化のポイントについて、どんなところに改善点があるのか見ていこう。

 

1.入力内容を軽くする

基本中の基本であるが、入力内容を絞ること。購入に必要でない内容はできる限り、削ること。そして入力は簡単に、軽く、できるようにすること。
ユーザーは軽い気持ちで、気軽に空き時間などにスマホでサイトを訪問している。そこへ重い内容の入力フォームが現れたら、誰でも離脱するのは当然である。
例えば、郵便番号を入力するだけで、住所が自動で表示されたり、「半角」「カナ」などの入力の種類を強制しないなど、簡単に入力できるをポリシーとして設計すべきである。

 

2.要素は大きくする

フォームで最もストレスを与える内容として要素が小さいことからくる、誤操作、誤タップをするストレスだ。文字を大きくする。タップエリアを大きくする。ボタンを大きくするなど、スマートホンは指で操作するディバイスあることから、指の厚み分を確保したデザインにする必要がある。
タップエリアは44px以上、入力欄で50px、ボタンで40pxが最低ラインである。また、文字の行間、余白も重要である。ゆとりをもったデザインは誤動作を最小限にとどめることができる。

 

3.キーボードを変えさせない

キーボードを切り換えるだけでもユーザーには負担と感じている。
入力エリアにフォーカスされたとき、自動的にキーボードが変換されると良い。
スマホでは文字入力するとき、「日本語」「数字」「英字」などユーザーが入力内容にあわせて、キーボードを切り替えるようにする。最低でもメールアドレス時は「英字キーボード」になり、電話番号、郵便番号入力時には「数字キーボード」に自動的にキーボード表示が変わるようにする。

 

4.電話でも購入できるようにする。

スマートホンは電話でもある。電話成約が取りやすいディバイスである。入力に挫折しそうな人、入力中に商品・サービスの質問ができたりが、連絡ボタンひとつでできるとユーザーの安心、信頼を獲得できる。

 

 

まとめ

どんなに良いスマホECサイトを作ってもフォームで離脱されては意味がない。
コンバージョンに直結するフォームの最適化は重要な項目である。もし、フォームで離脱率が高いようなら、フォームの内容に問題があることは間違いない。今回のフォーム最適化でスマホECサイトを見直し、あてはまる内容などあれば、改善していただきたい。
ユーザーのスマホ入力に対するストレスを最大限に減らし、快適でかつ的確な情報入力を促すフォームにすることが重要である。

関連する記事

押さえておきたい! WEBデザイントレンド7選... 5月18日、JECCICA(ジャパンEコマースコンサルタント協会)主催の「ECデザイン大賞2018」が開催され、大賞他各受賞者、WEBサイトが発表された。 ダイヤモンド賞(大賞)を獲得した達磨正宗のWEBサイトはワンカラムで、商品ページに特徴があり、写真、動画、キャッチコピーなど、クォリテ...
今すぐできる。コンバージョン率をアップするいくつかの方法... Webサイトを運用するからには、何らかの目的があって運用されるいることだろう。ECサイトでは商品購入や資料の申し込み、企業サイトでは求人募集や製品資料の請求などである。 そして、その最終目的がどの程度達成されているか、その確率を「コンバージョン率(CVR)」と呼んでいる。 この「コンバージョ...
新しく立ち上げたEコマースサイトに人を集めるには?その1... 新しくEコマースサイトを立ち上げる場合、できることなら初めからたくさんの人を集めて、手ごたえのあるオープンにしたいものです。そこで、2回にわたって、さまざまなメディアを使ってトラフィックを増やす方法をいくつかご紹介したいと思います。 ユーザーへのアクセスを増やそう トラフィックを増やすには、...
「GDPR対策」の為のGoogleアナリティクス設定はどうするの?... 今年5月25日、「Google Analyticsのユーザーデータとイベントデータが自動的に削除されるようになります。」というアナウンスがあった。 削除対象は、ユーザーやブラウザといった「プライバシーに関連するデータ」である。このGoogle内容は、EU域内で取得された個人情報に関する法律...
多言語、多通貨対応ECサイトの構築、その留意点は?... 最近のECサイトは越境ECであることが求められる時代だ。越境ECサイトを構築するは多言語対応、多通貨対応にする必要がある。 今回はひとつのECサイトで多言語、多通貨切り替え対応しているECサイトで、日本から海外に発信している越境ECサイトと海外から日本などに発信している越境ECサイトに別けて...
越境EC “言語”のハードルを超えるには... 越境ECの第一のハードルは言語である。国内ECサイトから仕様を海外販売のサイトにチェンジしサイトを構築するには、まずサイトを日本語で作成し、そのあとに、英語、中国語などにテキストを翻訳していく必要がある。 日常会話ならなんとか訳すことはできても、越境ECの場合、商品情報や専門用語などユーザー...

タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。