« ブログのトップページに戻る

今すぐできる。コンバージョン率をアップするいくつかの方法

   投稿者 : 2019年3月15日 By

イメージ画像
Webサイトを運用するからには、何らかの目的があって運用されるいることだろう。ECサイトでは商品購入や資料の申し込み、企業サイトでは求人募集や製品資料の請求などである。
そして、その最終目的がどの程度達成されているか、その確率を「コンバージョン率(CVR)」と呼んでいる。
この「コンバージョン率」を高くすることで、効率よく、売り上げを伸ばすことができるだろう。
あなたのWebサイトのコンバージョン率はどのくらいだろうか?昨年よりコンバージョン率は高くなっているだろうか?
今回はこのコンバージョン率の概念と、ボタンやフォームなどデザインを改善することで、コンバージョン率がアップするいくつかの内容を紹介する。

そもそもコンバージョン率(CVR)とは?

コンバージョン率とは、Conversion Rate(コンバージョンレート)=CVRと略され、Webサイトに訪問した人の中で、どれだけの人が商品を購入したか、資料請求したかなど、Webサイトの目的、ゴールに到達した割合を表す指標である。
コンバージョン率は「コンバージョン率(%) =コンバージョン数÷訪問者数(セッション数)×100」で求められる。
1日単位で計測すると、1日の訪問者が100名あって、その中で商品を購入した人が1名だったとすると、コンバージョン率は1÷100×100=1となりコンバージョン率は1%となる。
この「コンバージョン率」を日々チェックし、少しでも改善することにより、コンバージョン率を向上することができれば、効率よく収益をあげることができる。

コンバージョン率(CVR)の平均値はあるのだろうか?

Webサイトのパフォーマンスを示す指標となるのがCVRの水準である。
そして、このコンバージョン率はサイトの種類や業界によっても違ってくる。
一般的にECサイトの場合は1%〜3%が平均値である。
BtoB企業では2%前後、金融関係では約5%前後が平均値とされてている。
また、どのような結果になった時にコンバージョンとするかでも、その値は違ってくる。例えば、ECサイトの場合、商品購入だけではなく、お問い合わせ申し込みなども含んだ場合は、当然、コンバージョン率は高くなるだろう。
それではCVRを改善する、向上するにはどうしたら、良いのだろう。
まず、自社サイトが平均値と比較してその水準にあるかを確認し、水準に達していない場合は、改善の余地があるということだ。
トップページから、商品購入までのプロセスをもう一度、客観的に見直す。
また、商品購入ページまでアクセスしていながら、購入ボタンがクリックされない場合は、購入ページの内容を見直す。
購入ボタンがクリックされ、登録フォームで離脱している場合は、入力フォームを見直す(入力フォーム最適化)。
など、ユーザー視点に立ち、もう一度自社サイトを見直すことが重要である。

コンバージョン率の改善方法について

コンバーション率の改善するには何を行うのが良いのだろうか?商品を購入しやすくすると言っても、具体的にはどうしたら良いのか、簡単ではないだろう。
答えは色々と試し、統計をとりテストを行いながら、最適な状態に近づけることである。今回は、その中でもボタンのデザインやフォームのデザインするうえで、これを行えば、コンバージョン率がアップするというポイントがあるので、次ににいくつか説明する。

デザインを改善してコンバージョン率をアップする5つの方法

(1)ボタンはサイズ大きく配置し、周囲に埋もれないように目立つ色にする

ボタンのデザインを変えるだけでコンバージョン率が上がったということがよく言われる。
ボタンはまず、目だたせなくては意味がない。ボタンは大きく、周囲に溶け込まない配色にし、影をつけたり、オンマウスした時に色が変化するなど、少し刺激的な変化が、ユーザーに親近感を与え、クリックしやすくする。
色は購買意欲を刺激する「赤」または「オレンジ」、安心感を与える「緑」が効果があるようだ。

zu01

(2)カートボタンにアピールポイントを一文追加する

下の事例は、カートボタンの周りに、商品メリットが表示されているものである。内容は、決済方法で代金引き換えの利用ができることを示したもの。
このサイトの特徴として、価格表示に代金引き換えの利用が可能であることをアピールすることで、CRVが向上した事例である。そのほか、クーポン利用、割引き情報など、ボタンクリックを後押しするような内容を添えることで、CVRは改善される。

zu02

(3)ボタンのテキスト内容は吟味する

下の事例は会員登録を促すボタンの改善例だ。ボタンの内容を具体的に「〇〇できる無料会員登録へ››」など明記することで、ユーザーはクリックしやすくなる。
ボタンの内容は会員になることで、どんなメリットがあるかを明記する。具体的に明記すれば、その内容を理解したユーザーはきっとアクションを起こすだろう。

zu03

(4)電話番号や郵便番号はテキストボックスを分けずハイフンは不要

コンバージョン率を最も左右するのが、登録フォームの内容である。このフォーム入力が面倒という理由で離脱するユーザーは多い。
そして、意外とこのフォームを改善されいないのが現状である。スマートフォンでは指入力になるので、このフォームにタップする回数が増えるたび離脱率は高くなる。
ユーザーに少しでもこの入力手間を軽減させることで改善に繋がる。
下の事例は、入力ボックスを減らすことで、タップ数を軽減した事例である。
さらに、電話番号の入力の際「-」の扱いを明記することで、スマホの場合、ユーザーはキーボードを切り替える必要なく、スムーズな入力が可能となる。
可能な限り、テキストボックスの入力項目を軽減することで、ユーザーの離脱を食い止めることができる。

zu04

(5)フォームの殺風景な風景を改善する

入力フォームの周囲にユーザーベネフィット(商品を購入して得られる未来像)を追加することで、CVRがアップすることができる。
下の事例は、ダイエットに申し込むフォーム内容の周囲に、ダイエットに成功した読者モデルの成功事例画像を挿入したものである。
商品を購入して獲得できるユーザーベネフィットを追加し、CVRを改善しよう。

図05

まとめ

経済産業省の統計によると、2017年の日本国内のBtoC-EC市場規模は16.5兆円、前年比9.1%増と拡大している。売上を上げるECサイトにするには、まず、現状のECサイトを見直し、現状の問題を把握し、課題を改善することが基本である。
そして、課題を改善することで、コンバージョン率を少しでもアップしてゆくことが重要である。
また、先日もGoogleアナリティクスに新機能「インサイト」が追加されたというニュースがあった。この「インサイト」の機能については、まだ、実装間もないので充分把握できている訳ではないが、「コンバージョンレポート」なども作成してくれ、この「コンバージョンレポート」を中心にページ内容を見直すこともできるようだ。
このような分析機能を使い、どのページを改善すべきかを把握し、見直しを行い、ユーザーにとって最適なWebサイトを目指していただきたい。

関連する記事

ECの巨人AmazonとZOZOTOWN 2018年も後半に入った。国内では、西日本を襲った記録的な豪雨による災害が相次いでいる。被害に遭われた方、避難を余儀なくされている方に心より、お見舞い申しあげる。 今回は昨年2017年のEコマースについてランキング資料をベースに振り返りつつ、昨年も他を大きく引き離し成長したECモール、「Am...
2015年に国内で伸びたEC商品は何ですか?... インターネットは2004年の時点では利用者数7,948万人、普及率で言えば66%であった。そして10年後の2014年の利用者数を見ると1億18万人、普及率は82.8%となっており、当然ながらインターネットは生活に欠かせない存在となった。利用端末を調べると、2014年のデータだが自宅のパソコンが5...
中国最大、モールサイト! T-mall(天猫)について調べてみた... 中国最大のインターネットショッピング・モールとして有名なのは、アリババグループの「T-mall(天猫)」である。アリババグループは2014年10月にニューヨーク証券取引所へ上場した。T-mallは7万を超える店舗、会員数6500万人、流通総額は8兆3325億と、その規模はとてつもない。 T-...
押さえておきたい!スマホサイトのフォーム最適化のポイント... パソコンECサイトではコンバージョン率があるのに、スマホECサイトでは成約に至らないケースが多いのはフォームに問題があるケースが多い。せっかくスマホECサイトを作ったのに売上が伸びない、効果が発揮されないなど悩みがある方も多い。パソコンに比べ、入力にストレスを感じることの多い、スマホサイトのフォ...
E-コマース ヨーロッパのトラストマーク認証制度... Ecommerce Europeは、消費者、販売者を保護、Eコマース業界をさらに活性化する目的もあり、2015年9月にトラストマーク認証制度を導入した。その結果、ヨーロッパ国内参加国が増え続け、Eコマース業界ではウェブサイトに必須のマークとなりつつある。 Eコマース協会関係組織は、このEc...
スマホ・タブレット最適化に「レスポンシブWebサイト」がベストな理由... スマートフォンやタブレットの利用者数の増加にあわせ、Webサイトへのアクセス数のモニタリングから「スマホ最適化の必要性」を実感している人も多いでしょう。 昨年あたりからレスポンシブWebデザインとよばれる、PCやスマホ、タブレットなどあらゆるデバイスに対応するWebページ制作の手法が増えてきました...

タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。