« ブログのトップページに戻る

7月から変わるオーストラリアの関税 越境ECでは注意が必要

   投稿者 : 2018年6月26日 By

イメージ画像

連日、熱戦が伝えられる2018FIFAワールドカップ ロシア。
グループHで日本は好発進したが、同じアジア・グループの代表として出場している、グループCのオーストラリアは、今のところ第3位と苦戦している。
そしてオーストラリアでは、今年7月1日より、1,000豪ドル以下の商品でも越境ECで購入される場合、これまでにはなかった関税10%が課せられることになるので注意が必要だ。
今回は、この変わるオーストラリアの関税について調べてみた。

 

●越境ECでは、7月より1,000豪ドル(約84,000円)以下の商品で関税が徴収される

6月30日までは、オーストラリアで越境ECを利用して海外から購入された商品は、1,000豪ドル(約84,000円)未満については関税もGST(消費税)も課せられない。
しかし、2018年7月1日からは、法律「低額輸入品関税免除制度」が改正され、オーストラリア向けの越境ECにおける1,000豪ドル以下の商品販売にも関税が適用される。 税率は10%である。
今後はオーストラリア向けに、越境ECを行う事業者は、商品の販売時(決済時)にGST相当額(10%)を消費者から徴収し、豪州政府に納付する必要がある。

 

●少額輸入貨物やデジタル財についても課税される

オーストラリア消費者に売買される1,000豪ドル以下の商品についても、2018年7月1日以降GST(消費税)の課税対象となり、売り手はGSTを徴収する必要がある。
このため、商品販売者はオーストラリアにてGSTの課税事業者登録を行う必要がある。 しかし、オーストラリアに関係する売上高が75,000豪ドル(約6,000,000円)未満で、電子配信プラットフォームでの販売、または商品配送業者経由で販売を行わない場合はGSTの課税対象にはならず、GSTの課税事業者登録の必要はない。
また、動画ストリーミング配信、映像、音楽やアプリのダウンロードなどのデジタル財の供給についても課税対象になる。さらに、消費者向けのサービス、一部の金融商品、権利、ゲーム製品、保険などの無形資産の供給についても同様にGST課税が適用される。

 

●高い利用率 オーストラリアの越境EC利用率

オーストラリアは、Google Consumer Barometerによると、約7割の人が年に1回以上オンラインで海外から商品を購入すると回答している。これは、英語が使えるといことと、越境ECでの買い物すると、1,000豪ドル(約84,000円)以下の商品については関税が0%だからだろうか。
越境ECはオーストラリアでは買い物の一手段として浸透しているようだ。 statista.comの調べによると、オーストラリアのインターネットユーザーは2016年1月時点で約2,118万人。2016年3月時点でオーストラリアの人口が2,405万人とすると人口あたりのインターネット普及率は88%で、スマホの普及率も77%と高い数値だ。
人口の65%がオンラインでの購入経験があるとする調査結果もある。 ECサイトのランキングを見ても、トップ10のうち3割以上が海外のサイトという事実から、日常的に越境EC利用の多さを裏付けている。
海外サイトでの購入国ベスト3はアメリカ、中国、イギリスとなっており、越境ECサイト理由は国内で販売されている商品よりも安い物を購入できるからとなっている。 越境EC利用年齢は、18歳〜40歳が全体の約50%を占めている。

越境ECを使う人の割合

越境ECで取引される国

 

●オーストラリアでよく売れている商品

当社Live-Commerceとご契約のお客様で、越境ECで販売している商品でオーストラリアで5月、6月で売れている商品を調べてみると、釣り具関連商品がよく売れていた。その他ではフラダンスやフラメンコの衣装などファッション関連商品、健康食品フコイダンなども売れ筋商品だった。

オーストラリアで売れている商品

 

●eBayとAmazonは課税10%に対して対応を始めている

「低額輸入品関税免除制度」の撤廃を受け、グローバルECサイト「eBay」では、7月1日以降は、オーストラリア国外のセラー(売り手)が販売している1,000豪ドル以下の商品については、オーストラリアの消費者が決済する場合、10%相当額を追加して表示するとしている。
また、Amazonでは、オーストラリア消費者のアメリカAmazon、イギリスAmazonの利用を7月1日より停止すると発表した。オーストラリア消費者がアメリカAmazon、イギリスAmazonにアクセスした場合、自動的にオーストラリアAmazonにリダイレクトされるよになる。

ebay画像eBay.com

 

Amazon.com

 

●まとめ

日本貿易振興機構(JETRO)によると、「低額輸入品関税免除制度」が海外小売業者(越境EC事業者)を優遇していると、オーストラリア国内の小売業界からは反発の声が上がっていたという。
今回の「低額輸入品関税免除制度」の撤廃、課税10%の徴収は、オーストラリアの越境EC利用者にとっても、さらに、オーストラリア向け海外販売を行う事業者にとっても大きな打撃となるだろう。

関連する記事

ヨーロッパのECビジネスの拠点は? EC越境サイトビジネスは、アジア、アメリカのブームに続いてヨーロッパでも急成長している。 ヨーロッパは世界でも有数の大規模市場、海外進出を考えている企業には見逃せないエリアである。 ヨーロッパ市場は新興国も含め、特にECビジネスにおいて急速に変化を遂げており、特にEU圏内での取引をスムーズに...
海外販売に関する補助金・助成金情報(2017.March)... 日本政府は、国の成長戦略の1つとして2020年までには、中堅・中小企業の輸出総額を2010年度比の2倍にするとの目標を掲げている。 そのため、今年はさらに、国、地方自治体は海外販売、海外進出を行おうとする企業に対してさまざまな支援、サポートを積極的に行おうとしている。その一例が補助金・助成...
越境EC 日本郵便、日通の新たなサービス... 重い荷物や海外、離島など離れた遠く地域にも荷物を届けてくれる運送・宅配便などは今や、生活に定着し企業や店舗、そして暮らしにはなくてはならない分野の1つである。 近年は、Amazon、楽天といった、ネットショッピングやネット通販が普及したことで、配送業のニーズは高まり、需要は大幅に伸びている...
東南アジア最大級のECサイトLazada(ラザダ)を調べてみた... 越境EC市場というと中国が中心と言わざるをえないが、今、急成長を遂げ、中国の次のマーケットと呼ばれているのが東南アジア市場だ。東南アジア市場では、東南アジア6カ国で展開しているモール型ショッピングサイトがあることをご存知だろうか?Lazada(ラザダ)というサイトだ。 Lazadaは昨年、...
ユーザーは何を基準に選んでいる? アメリカと中国の違い... 越境ECサイトを構築されるお客様で、見落としがちな点は、海外ユーザーの「集客」である。 お客様の中には、越境ECサイト構築を行う際「集客」をどのように行うかを考えずに、サイト構築を進めるケースがある。 つまり、お客様としては、日本で売れた商品であれば海外でも売れる。良い商品と良い越境EC...
ロシアのEコマースが急成長 ロシアの国内売り上げは2014年の5600億ルーブルから2015年は6500億ルーブルに急成長している。 さらにオンラインショッピングでの売り上げはたったこの6500億ルーブルの2%の850億ルーブルであるという事で今後もさらに成長する見込みがある。現在、国内マーケットはややスローダウンしている...

タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。