« ブログのトップページに戻る

2017年 WEBデザイントレンドまとめ

   投稿者 : 2017年6月8日 By

イメージ画像

今年も6月に入り、梅雨シーズン到来である。
2017年も半ばを過ぎようとしている今回は、久々に「今年、WEBサイトで注目されているデザインは何か?」をまとめてみた。
2016年のデザインキーワードはシンプル、マテリアルデザイン、パララックスなどであったが、2017年はこの潮流はどのように継続され、変化を見せているデザインは何かなど、気がついた点などをまとめてみた。

 

●復活しつつある? グラデーション

グラデーション

URL:https://designmodo.com/qards/

フラットデザインのベタ塗りの時代が長らく続いているが、そのようなマンネリ化に飽きたデザイナーが再び、グラデーションを使い始めている。
この傾向はWEBデザインのみならず、ロゴデザインなどグラフィックデザインでもトレンドとなっている。 今までのグラデーションは淡いカラーのグラデーションが多かったが、今年はビビットな配色のグラデーションが目立っているのが特徴だ。
これはグラデーション効果による鮮やかなインパクトを意図したものだと思うが、写真をそのまま使うのではなく、写真にグラデーションカラーを乗算し、使用することで、洗練された印象を与えることができる。

 

●大きく大胆な タイポグラフィ

タイポグラフィ

URL:http://coneflowercreamery.com/

WEBフォントを使い、タイポグラフィを大きく大胆にトップページセンターに配置して、インパクト効果を狙ったデザインは今後ますます、増えてゆく傾向にあるだろう。
海外のWEBサイトでは様々な書体を積極的に使用されており、デザインもサンセリフ書体からセリフ書体、ビンテージ書体、レトロな書体など様々なものが使われている。
このような多様な書体を日本語でも使えるようになれば、もっとクリエイティブで洗練された表現のWEBサイトがユーザーのイメージを喚起させるだろう。

 

●多様化するパララックスエフェクト

パララックス

URL:http://www.feedmusic.com/

パララックスエフェクトとはシングルページを基本とした、スクロールするたびに画面が切り替わったり、マウスに追随して、デザインが変わるなど施されたサイトである。
WEBデザイナーはマウスの動きに合せた、画面の変化をデザインすることより、より良いUXを実現できるだろう。 以前はパララックススクロールも単純な上下動が一般的だったが、近年は音であったり、映像であったり、マウスの動きに合わせてロールするなど、画面上の変化も多様化しているようだ。
2017年は様々なマウスモーションでユーザーに巧みに情報を提供するユニークなパララックスエフェクトサイトが増えてきている。

 

●フラットデザインから階層レイヤーデザインへ

レイヤーデザイン

URL:http://meiofio.cc/

要素の重なりを意識したデザイン、Googleが推奨するマテリアルデザインを感じさせる階層を利用したデザインが階層レイヤーデザインと呼ばれるWEBデザインだ。
言葉で説明すると分かりにくいが、サンプルにあるように、階層にはそれぞれの配色を行ったり、階層にドロップシャドウしたり、各要素の重なり感を強く意識したデザインだ。これらはフラットデザインからの脱却を意図し、WEBデザインのトレンドとなっているようだ。

 

●GIFアニメーションの新しい表現、シネマグラフ

ジフアニメーション

URL:http://www.dentsu-crx.co.jp/

シネマグラフは全体の中の一部分だけアニメーションされている、GIFアニメーションのことだ。
GIFアニメは昔からあった手法だが、こちらは一部分だけ動きがある少し変わったアニメーションだ。動画に比べてファイルサイズも小さくてよいことや、全体が動く動画に比べて、一部分のみ動くため、ユーザーの注意を引くのに効果的だ。

 

●自由に配置、新しいナビゲーションレイアウト

ナビゲーション

URL:http://www.21westendnyc.com/

ナビゲーションはいつも上にある必要はない。ナビを隠したり、ポップアップで表示されたりページ右にあったり下にあったり、自由に配置するWEBデザインがトレンドとなっている。
元来ナビはどこにあっても、良いのだが、基本はナビゲーションは簡単に見つけられ、ユーザーが直感的に理解でき、使えるものになっていなければならない。
ナビは常に上部になければならないという既成概念を取り払い、もう一度ユーザーにとってナビゲーションデザインはどうあるべきかを考え、検討することが重要である。

 

●左右で要素が分割、スプリットスクリーン

スプリットデザイン

URL:http://gms.life/

分割スクリーン、分割レイアウトと呼ばれるスプリットスクリーンは、画面の左右でデザインを切り分け、構成するデザインだ。
近年、ディスプレィ解像度が大きくなったことにより、一画面に複数のコンテンツを表示できるスプリットレイアウトが注目されている。
スプリットスクリーンはPC画面では左右にレイアウトされ、スマートフォンの場合は上下にレイアウトが変更され、レスポンシブデザインとの相性も良いのが特徴だ。

 

●まとめ

WEBデザインのトレンドをみると、これまでのように「シンプル&洗練」が継続、継承されているのようだ。
新しい動きとしてはフラットデザインからの脱却しようという、新しい試みが、少しづつ、出始めているところだ。
注意すべきは、トレンドといえども、アニメーションたくさん入れたり、大きな動画を挿入する場合、ページは華やかで好印象になるが、その分、読み込みまで時間がかり、ユーザーを待たせることになることだ。
そして、表示時間を要するWEBサイトはGoogleの評価は低い。 今回、取り上げたWEBデザイントレンドを取り入れる場合は、やはり、そのデザインがユーザーのためになるかどうかという基本的な部分をしっかり考えていただきたい。

関連する記事

人気上昇中の送金アプリ「Venmo」の魅力とは?... 大学キャンパスにて、お財布を自宅に忘れた友人にサンドイッチ代6ドルを貸しました。「今度会ったとき、必ず返すね!」という友人に「Just Venmo me!(Venmoで返してくれたらいいよ)」と答える、などという風景がアメリカでは当たり前になっているようです。 個人間の送金アプリ「Ve...
ディバイス毎のWebブラウザシェア 2016-2月... ディスクトップにおけるブラウザのシェア争いでは、とうとう、日本でもIEがChromeにブラウザシェアが追い抜かれるという事態になっている。 今回は前回10月のブラウザシェアからどの程度シェアが変動したのか、デスクトップ、タブレット、スマートフォンの日本と世界のブラウザシェアを調べてみた。 ...
Webマーケティングと違う? デジタルマーケティングって何?... 良いものをつくれば、ものが売れる時代ではなくなったとよく言われる。 売るためにはマーケッティングが必要だし、広告ももちろん必要だ。これからの時代は、「デジタルマーケッティング」と呼ばれる、顧客と直接リアルタイムにコミュニケーションし、情報を取得し分析し、施策するデバイスがマーケットの中心とな...
ロシアのEコマースが急成長 ロシアの国内売り上げは2014年の5600億ルーブルから2015年は6500億ルーブルに急成長している。 さらにオンラインショッピングでの売り上げはたったこの6500億ルーブルの2%の850億ルーブルであるという事で今後もさらに成長する見込みがある。現在、国内マーケットはややスローダウンしている...
中国の越境EC Tmall GlobalのTP(TmallPartner)とは... 昨年、2016年の中国国内において、越境ECを利用して日本から商品購入した総額は1兆366億円と過去最高で、その額はアメリカの1兆1,371億円に次ぐ額である。2020年には 日本からの購入額は1兆9,000億円に達成すると見込みである。 その中国BtoCで圧倒的なシェアを占めるのが「Tm...
インターネットで商品を見つけ購入するということ... インターネットの素晴らしいところの一つは、タイムカプセルのように、昔からの懐かしい物をそのまま保てることです。子供時代に見た懐かしいCMを、ふと思い出してきたのなら,簡単にYoutubeで検索して見ることができますよね。eBayでは画面を超え、昔の物を手元に配達してもらえるということは、創立...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。