« ブログのトップページに戻る

ディバイス毎のWebブラウザシェアは? 2016-6月

   投稿者 : 2016年6月7日 By

イメージ画像

デスクトップのブラウザシェア争いは世界的にはGoogle Chromeがシェアを独占してるが、2位争いにも変化が見られた。ひと昔前までは首位独走だったInternet Exploerが徐々に下降し、前回まで3位だったFirefoxが追いつき、ついには追い越されるという事態になっている。
今回は前回、2月のブラウザシェアからどの程度シェアが変動したのか、デスクトップ、タブレット、スマートフォンの日本と世界のブラウザシェアを見てみよう。

 

掲載に使用したデータは
「StatCounter Global Stats」の2016年5月1日〜6月をグラフ化したものである。
出典:StatCounter Global Stats

 

1.デスクトップ

 

デスクトップー日本

ブラウザシェア日本

日本ではデスクトップシェアはIEが25.73%とわずかながら、Chrome50.0(25.53%)をリードし、第1位に返り咲いた。
だが、ブラウザバージョンを総合すると、国内ではChromeが40.1%、IEが28.9%とその差は大きいのも事実だ。

 

デスクトップー世界

ブラウザシェア世界

世界的には、Chromeが約40.41%とほぼ変化がなかったが、Firefox46.0が9.66%とIE11.0が約9.42%となっており、これまで2位だったIEを追い抜いた。
ブラウザバージョンを総合したものでは、1位がChromeが60.84%、2位がFirefox15.9%、3位がIEが12.41%とChrome全体では他のブラウザを大きく引き離し独走、2位以下はFirefoxがIEをリードした結果となっている。

 

2.タブレット

 

タブレットー日本

タブレットシェア日本

日本はipadのSafariが70.1%と上昇し、その分、Androidが16.06%と減少した。

 

タブレットー世界

タブレットシェア世界

世界の状況もタブレットのブラウザにおいては日本ほど極端ではないが、1位がSafariが60.03%、2位がChromeが19.46%、3位がAndroidが15.25%%となっている。今回は微妙な変化はあるものの、基本的な順位は変わっていない。

 

3.スマートフォン

 

スマートフォンー日本

スマートフォンシェア日本

日本のスマートフォンシェアは相変わらず、iPhone(Safari)が67.46%となり、上昇している。safariの独走状態は相変わらずである。
変化としては4位となったSamsung Internetの上昇である。
Samsung InternetはGalaxyデバイス用の標準ブラウザアプリとして広告ブロック機能があるのが特徴だ。前回までは下位だったSamsung Internetだがに4位に上昇と今後の動向が気になるところだ。

 

スマートフォンー世界

世界的には、デスクトップのブラウザシェア同様、Chromeが34.73%とトップだが、若干、下降傾向にある。その分、2位のUC Browserの20.08%と増加傾向にあるといえる。3位はiPhone(Safari)17.4%と変わらずだが、前回より減少傾向にある。前回2月では、UC BrowserブラウザはSafariを追い抜き、今回はさらに上昇、今後はChromeを脅かす存在になるのだろうか?
また、世界的にもSamsung Internetが6位となり、今年に入り上昇傾向にあるようだ。

 

まとめ

世界的視野でのブラウザ状況(デスクトップ、タブレット、モバイルを総合したブラウザ利用)ではChromeのシェア独走状態が続いている。2位はSafari、3位にはFirefoxと4位にIEとなっており、3位、4位の順位に変化が見られた。
そして、Google Chromeはこの秋、9月より、Flashコンテンツを無効化すると発表している。Flash動画はChromeでは再生されない、できなくなるということだ。Flash動画再生をメインにしているサイトはいち早く、HTML5へ移行し、Flash動画は他の再生可能な動画へコンバートする必要がある。

関連する記事

フランスの越境EC、Eコマース事情 先週5月12日、フランスはパリでテロと思われる事件が、さらに、インドネシアでも「イスラム国」系の犯行と思われる事件があった。痛ましい限りだが、フランスでは今、結束してテロ撲滅とテロに屈することのなく、戦う姿勢を内外に示している。 フランスといえば、観光立国でもある。インバウンドでは年間観光...
中国を代表するSNS WeChatとWeiboとは? 中国は独特のインターネット環境になっており、GoogleやFacebook、Twitter、LINEなどに対するアクセス制限がかかっていて、 使用することができない。世界の多くの人が利用しているSNSサービスも中国政府の検閲によりアクセスができないという現実がある。例えば、中国のユーザーに向け、...
タブレット端末がEコマースに及ぼす影響... 2010年春にiPadが発売されて以降、タブレット端末を使用する人は年々増加しています。 スマートフォンよりも画面が大きく、視認性や操作性の高いタブレット端末は、パソコン並みの環境でインターネットを利用できます。そのうえ、パソコンよりも軽くて起動が早く、バッテリーも長持ちするので、普段使い...
起業家が知っておくべきマーケティングで失敗しやすい7つの事... どのようなビジネスを起業するにしてもマーケティングのミスはしてしまいがちなもの。 特に起業家は予算や資材が限定されている中で、自己ブランドを確立していかなければならない。 いつ、どのような方法でマーケティングをするか、いくら投資するのかは起業家がビジネスをスタートする際に考えるべき重要ポイン...
ヨーロッパのファッション業界のEコマース事情... ヨーロッパのファッション業界について、ソーシャルメディアを分析した最新の結果によると、消費者のロイヤリティと店舗のローカライズ(現地化)がオムニチャネルのキーポイントとなるようだ。 さらにオンラインで注文したものを店舗でピックアップ、同日配達、店舗内での購入のためにオンラインでサイズ切れな...
本当に消費者が求めていることとは?... アクセンチュア・ストラテジー社は、「デジタル世代」と言われる若い層も含め、顧客満足度の最も重要な要素について調べた。今回はストラテジー社の「Digital Disconnect in Customer Engagement report」 調査内容をもとに、消費者は”今、どんなサービ...

タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。