« ブログのトップページに戻る

ebay.comで人気の日本の商品を調べてみた(2016−JUNE)

   投稿者 : 2016年6月9日 By

イメージ画像

前回2015年12月にも行ったが、今回も引き続き、世界的に有名なオークションサイトebay.comではどんな商品が売れているか? 6月8日にキーワードを"japan"として約300点ほど調べ、グラフ化した。ただし、調べる日時によっては内容に差異があることを了解いただきたい。

 

今回も骨董品(伝統工芸品)に人気が集中している

グラフ

日本の伝統工芸品は茶碗や刀、など骨董品

伝統工芸品

前回12月に調べた時も伝統工芸品には高い人気があった。前回の44.2%から今回はさらに48%と上昇している。
また、伝統工芸品の中で特に、目立って売れていたものは茶碗、盆や柄杓といった茶道具類だった。

 

日本のアンティーク着物も人気

アンティーク着物

前回調べた限りでは、あまり見られなかった着物も人気が高いようだ。着物といってもアンティーク着物である。アンティーク着物とは明治から昭和初期に着られた、現代の着物にはない、鮮やかな色合いや独特の柄が特徴のものだ。アンティーク着物は海外のコレクターに人気が高いアイテムであることがわかった。

 

3位にCD・LPレコード、4位にキャラクターは相変わらず

CDやキャラクター

CD・LPレコードやゲームはビンテージものに取引が多い。今回、取引されているキャラクター商品には特にブランド商品は見られなかった。

 

Live Commerceでは簡単にebayに出品できる機能がある

 

Live Commerceで越境ECをオープンすると、簡単にebayに商品を出品することが可能だ。
ebay.comに出品したい商品があれば、ebay出品プラグインを有効化し、商品管理画面から、ebayに出品したい商品のテンプレート名と出品価格などを設定するだけで、ebayへ出品できる。
通常、ebay.comに商品を出品する場合は、フォームに入力し出品する必要があるが、Live Commerceでは、プラグインを使えば、ebay.comに商品を出品することができる。

 

Live Commerce ebay出品プラグインの使い方はこちら

 

 

まとめ

今回はクールジャパンの代表格のキャラクターやゲーム、カメラ製品が取引が少なかったようだ。
また、日本の食品としての緑茶や化粧品やシャンプーなどのビューティケアなどの商品がよく取引され、新たに注目されているようだ。

関連する記事

中国越境ECにかかる関税の新税制度はどうなったのか?... 中国の昨年(2015年)の越境ECの統計をみると、越境ECの利用人口は約2,400万人。前年が1800万だったので、伸び率は133%。越境ECによる消費総額は368億ドル、2014年は220億ドルであったので、伸び率は167%と、どちらも、中国の越境EC市場規模は拡大成長していることが見てとれる...
「製造業の海外展開」 アプリケーション開発 その3... 皆さん こんにちは。アメリカ販売第一歩の続きです。 役員帰国後、再度打ち合わせを行い聞き取れた範囲の内容を確認し、開発に取り掛かります。引き合いを頂いたお客様のプラント設備の一部として納入を目指します。筐体設計変更からそれに伴う内容物の変更、電源仕様の変更等を行い、テスト機の製作・試験そし...
越境EC 知っておくべき無料マーケティングツール... ビジネスを遂行していく中、成功するためのステップとして効果的なマーケティングを行うことは非常に重要である。ネット上では数えきれない程の無料のマーケティングツールがある事を知っているのと、知らないとでは、結果にかなりの差が生じてくるものだ。もちろん、有料広告なども利用すればいいが、できるだけバラン...
E-コマース ヨーロッパのトラストマーク認証制度... Ecommerce Europeは、消費者、販売者を保護、Eコマース業界をさらに活性化する目的もあり、2015年9月にトラストマーク認証制度を導入した。その結果、ヨーロッパ国内参加国が増え続け、Eコマース業界ではウェブサイトに必須のマークとなりつつある。 Eコマース協会関係組織は、このEc...
海外展開に関する補助金・助成金情報(2016.December)... 今年も師走に入り、慌ただしくなってきた。今年最後の海外展開に関係する補助金・助成金の募集状況を紹介する。 補助金・助成金は国や地方自治体から支援される「返済不要のお金」である。助成金は要件が合えば基本的には受給でき、補助金は予算があるため、要件が合っても受給出来ない可能性がある。 今回は...
海外販売に関する補助金・助成金情報(2017.March)... 日本政府は、国の成長戦略の1つとして2020年までには、中堅・中小企業の輸出総額を2010年度比の2倍にするとの目標を掲げている。 そのため、今年はさらに、国、地方自治体は海外販売、海外進出を行おうとする企業に対してさまざまな支援、サポートを積極的に行おうとしている。その一例が補助金・助成...

タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。