« ブログのトップページに戻る

スマホ・タブレット最適化に「レスポンシブWebサイト」がベストな理由

   投稿者 : 2013年4月25日 By

スマートフォンやタブレットの利用者数の増加にあわせ、Webサイトへのアクセス数のモニタリングから「スマホ最適化の必要性」を実感している人も多いでしょう。

昨年あたりからレスポンシブWebデザインとよばれる、PCやスマホ、タブレットなどあらゆるデバイスに対応するWebページ制作の手法が増えてきました。今回は、レスポンシブWebデザインの導入メリットを、3つの観点からご紹介しましょう。


レスポンシブWebデザイン(Responsive Web Design)は、PC、タブレット、スマートフォンなど、あらゆるデバイスに最適化したWebサイトを、単一のHTMLで実現する制作手法です。

ブラウザーのスクリーンサイズを基準にCSSでレイアウトを調整することで、デバイスごとに専用サイトを用意することなく、マルチスクリーンに対応したWebサイトを制作できます。
(出典: ascii.jp「ゼロから始めるレスポンシブWebデザイン入門」より )

レスポンシブWebデザインの3つの特徴

1.検索エンジン最適化(SEO)

PC用とモバイル用のサイトとを別々に構築していると、それぞれサイトURLが異なるので、モバイル用のディレクトリでないと正しく表示ができないことがあります。また、検索サイトの表示結果にスマートフォン用のサイトURLが表示され、意図しないページにユーザーを誘導してしまう事態にもなりかねません。

Googleのウェブマスター向け公式ブログによると、

PC 用のページとモバイル用のページを単一の(同一の) URL とすることができるため、ユーザーにとってはシェアやリンクが容易であり、Google のアルゴリズムにとってはコンテンツを適切にインデックスできるようになります。(http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2012/06/google.html)

と語り、検索エンジン最適化(SEO)の面でレスポンシブ Webデザインでのサイト制作を推奨しています。

2.サイト更新管理(SEO)

レスポンシブWebデザインの魅力の一つに、1種類のHTMLソースでそれぞれのサイト更新を管理できることがあります。たとえば、PCサイトとスマホサイト、またipadのようなタブレットサイトと3種類のWebサイトをそれぞれ別々に管理していた場合、3種類のサイト向けに更新作業が必要になります。
既にタブレットも複数サイズで展開されており、今後もあらゆる端末に最適化を実施していくとなるとサイト更新の効率化を考えてもレスポンシブ Webデザインは有効手段となりそうです。

3.サイト効果

米TIME誌はレスポンシブWebデザインを採用した結果、次のような変化があったとまとめています。

・モバイルユーザーが23%増加
・Webサイトのユニークユーザーは15%増加
・滞在時間は7.5%増加
・モバイルユーザーの直帰率は26%減少

次に、ネクタイを販売しているアメリカのEコマースサイト「Skinny Ties」がレスポンシブWebデザインを採用した結果です。

・すべての端末で収入が42%増加
・コンバージョンレートが13.6%増加
・iPhoneでの収入が377.6% 増加
・iPhoneでのコンバージョンレートが71.9%増加
・滞在時間が44.6%の増加
・直帰率は23.3%減少

このように直帰率の減少と、Eコマースサイトにおいては収益の増加と、良いインパクトを得られていることがわかります。

まとめ

2016年、スマートフォンの契約端末数の67.3%になると予測されており、スマホ最適化は待ったなしの状況です。レスポンシブWebデザインはスマートフォンだけでなく、あらゆるモバイル端末にも対応できる魅力的な技術であることは間違いありません。

スマホ最適化が出来ていないサイトは、今すぐレスポンシブWebサイト対応に取り掛かりましょう。

関連する記事

越境ECサイト・国内ECサイトのCMSを比べてみた... 経済産業省が発表した2017年の日本の国内BtoC市場は、16兆5,054億円と前年より9.1%上昇し、さらにEC化率も5.79%(物販分野)と伸長している。 しかし、EC化率(ECの売上が小売全体の売上に占める割合)は世界に比べるとまだまだ低いという現況がある。 ちなみに、EC化率の高...
中国を代表するSNS WeChatとWeiboとは? 中国は独特のインターネット環境になっており、GoogleやFacebook、Twitter、LINEなどに対するアクセス制限がかかっていて、 使用することができない。世界の多くの人が利用しているSNSサービスも中国政府の検閲によりアクセスができないという現実がある。例えば、中国のユーザーに向け、...
オンラインビジネスにおけるショートムービー活用術... スマートフォン用の動画共有アプリが充実し、動画共有がますます身近になる今日このごろ。ECサイトをはじめ、オンラインビジネスでは、どんな風にショートムービーを活用すれば効果的なのでしょうか?Vineを使った例を参考に、ショートムービーのインパクトと活用法について考えます。 Vineのショートムービー...
ユニークなアイデアでアマゾンに勝つ!... 小さなEコマースサイトを運営する企業にとって、アマゾン・楽天といった巨大なサイトにどうしたら対抗できるのか?という悩みは尽きないものです。対策として、ここでしか買えないものを売るといった、「商品そのものを差別化」するアプローチと、購入過程で何か顧客の印象に残るものを残すという「顧客体験の差別化」...
今さら聞けない? SEO内部対策の基本 前回はユーザビリティについて書いたが、今回はSEO対策についても再確認してみたいと思う。こちらもユーザビリティと同様に継続的な見直しが必要な項目である。SEO対策とはズバリ、googleなどの検索エンジン対策である。 検索エンジンは日々サイト内の情報を収集し、その情報やコンテンツは評価され、...
ディバイス毎のWebブラウザシェアは? 2016-6月... デスクトップのブラウザシェア争いは世界的にはGoogle Chromeがシェアを独占してるが、2位争いにも変化が見られた。ひと昔前までは首位独走だったInternet Exploerが徐々に下降し、前回まで3位だったFirefoxが追いつき、ついには追い越されるという事態になっている。 今回...

タグ: , , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。