スマホ・タブレット最適化に「レスポンシブWebサイト」がベストな理由

スマートフォンやタブレットの利用者数の増加にあわせ、Webサイトへのアクセス数のモニタリングから「スマホ最適化の必要性」を実感している人も多いでしょう。

昨年あたりからレスポンシブWebデザインとよばれる、PCやスマホ、タブレットなどあらゆるデバイスに対応するWebページ制作の手法が増えてきました。今回は、レスポンシブWebデザインの導入メリットを、3つの観点からご紹介しましょう。


レスポンシブWebデザイン(Responsive Web Design)は、PC、タブレット、スマートフォンなど、あらゆるデバイスに最適化したWebサイトを、単一のHTMLで実現する制作手法です。

ブラウザーのスクリーンサイズを基準にCSSでレイアウトを調整することで、デバイスごとに専用サイトを用意することなく、マルチスクリーンに対応したWebサイトを制作できます。
(出典: ascii.jp「ゼロから始めるレスポンシブWebデザイン入門」より )

レスポンシブWebデザインの3つの特徴

1.検索エンジン最適化(SEO)

PC用とモバイル用のサイトとを別々に構築していると、それぞれサイトURLが異なるので、モバイル用のディレクトリでないと正しく表示ができないことがあります。また、検索サイトの表示結果にスマートフォン用のサイトURLが表示され、意図しないページにユーザーを誘導してしまう事態にもなりかねません。

Googleのウェブマスター向け公式ブログによると、

PC 用のページとモバイル用のページを単一の(同一の) URL とすることができるため、ユーザーにとってはシェアやリンクが容易であり、Google のアルゴリズムにとってはコンテンツを適切にインデックスできるようになります。(http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2012/06/google.html)

と語り、検索エンジン最適化(SEO)の面でレスポンシブ Webデザインでのサイト制作を推奨しています。

2.サイト更新管理(SEO)

レスポンシブWebデザインの魅力の一つに、1種類のHTMLソースでそれぞれのサイト更新を管理できることがあります。たとえば、PCサイトとスマホサイト、またipadのようなタブレットサイトと3種類のWebサイトをそれぞれ別々に管理していた場合、3種類のサイト向けに更新作業が必要になります。
既にタブレットも複数サイズで展開されており、今後もあらゆる端末に最適化を実施していくとなるとサイト更新の効率化を考えてもレスポンシブ Webデザインは有効手段となりそうです。

3.サイト効果

米TIME誌はレスポンシブWebデザインを採用した結果、次のような変化があったとまとめています。

・モバイルユーザーが23%増加
・Webサイトのユニークユーザーは15%増加
・滞在時間は7.5%増加
・モバイルユーザーの直帰率は26%減少

次に、ネクタイを販売しているアメリカのEコマースサイト「Skinny Ties」がレスポンシブWebデザインを採用した結果です。

・すべての端末で収入が42%増加
・コンバージョンレートが13.6%増加
・iPhoneでの収入が377.6% 増加
・iPhoneでのコンバージョンレートが71.9%増加
・滞在時間が44.6%の増加
・直帰率は23.3%減少

このように直帰率の減少と、Eコマースサイトにおいては収益の増加と、良いインパクトを得られていることがわかります。

まとめ

2016年、スマートフォンの契約端末数の67.3%になると予測されており、スマホ最適化は待ったなしの状況です。レスポンシブWebデザインはスマートフォンだけでなく、あらゆるモバイル端末にも対応できる魅力的な技術であることは間違いありません。

スマホ最適化が出来ていないサイトは、今すぐレスポンシブWebサイト対応に取り掛かりましょう。

関連する記事

売れるスマホECサイトを作る10の法則 Googleは今年2015年4月21日から、Webサイトが「モバイル・フレンドリー」の状態であるかどうかを検索結果に反映させると発表した。これはスマホ対応されていないサイトやページは今後、検索上位になることは難しいことを意味する。 さらに、今後は自宅のパソコン利用より、スマホからのECサイト...
コア商品ーパレートの法則とは? パレートの法則をご存じだろうか? ウィキベディアによると、パレートの法則(パレートのほうそく)は、イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートが発見した冪乗則(べきじょうそく)。経済において、数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出しているという理論。80:20の法則、ばらつきの法則と...
モバイルECプラットフォームの特徴でみる、今後のモバイルEC像について... MM総研の調べによると、2014年度にはスマートフォン出荷台数比率が8割を超え、スマートフォン契約数がフューチャーフォン契約数を超えます。モバイルECに影響を与えるのは確実となりそうです。これまでEコマースサイトを起ち上げるにはPCサイトからというのが普通でしたが、今後はむしろモバイルサイトしか持た...
パソコンかスマホか?インターネットの利用状況はどう変化している?... 昨年の総務省が公表した情報通信機器の普及状況データによると、国内のパソコン世帯普及率は、78.0%なっており、パソコン以外ではスマホ普及率は64.2%、タブレットは18.4%とスマホ普及が、ここ5年で急速に進んでいる状況(下図参照)を明らかにした。そのような中で、今年4月8日にニールセン株式会社...
今すぐできる。コンバージョン率をアップするいくつかの方法... Webサイトを運用するからには、何らかの目的があって運用されるいることだろう。ECサイトでは商品購入や資料の申し込み、企業サイトでは求人募集や製品資料の請求などである。 そして、その最終目的がどの程度達成されているか、その確率を「コンバージョン率(CVR)」と呼んでいる。 この「コンバージョ...
ウェブ担当者よ、あなたはアクセスを失っているかもしれない... あなたがウェブサイトの管理者として10年選手のベテランなら、ウェブマスターツールやGoogle Analyticsは日常茶飯事として日々チェックしている事だろう。 もちろんネットメディアも毎日仕事前にはチェックしているし、facebookでは最新情報をフィードしているに違いない。 しかし、...

タグ: , , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント / トラックバック1件

  1. […] さらにGoogleは、2013年3月に「携帯端末に最適化されたウェブサイトの構築方法」を紹介しています。そこでは、サイト構築の方法としてレスポンシブウェブデザインが推奨されています。これは、以前にも紹介しましたがレスポンシブウェブデザインに早期に対応することで、URLの統一ができるため、デバイス毎にリンク先を変更して「間違いを犯すリスクを軽減できるからです。 スマートフォンユーザーに対して、PCサイトページを表示することで、「サイトが最適化されていない」と判断されることに不安を抱くサイト管理者も多いのではないでしょうか。スマートフォンでECを利用している人が年々増えていることからも、今回のGoogleの動きを見逃すことはできません。ランキング変更の影響を受ける前に、リンク先ページの見直しと修正を行ないましょう。 […]

コメントをどうぞ