« ブログのトップページに戻る

ディバイス毎のWebブラウザシェア 2016-2月

   投稿者 : 2016年2月5日 By

イメージ画像

ディスクトップにおけるブラウザのシェア争いでは、とうとう、日本でもIEがChromeにブラウザシェアが追い抜かれるという事態になっている。
今回は前回10月のブラウザシェアからどの程度シェアが変動したのか、デスクトップ、タブレット、スマートフォンの日本と世界のブラウザシェアを調べてみた。
掲載に使用したデータは「StatCounter Global Stats」の2016年1月1日~2月1日をグラフ化したものである。

 

1.デスクトップ

 

日本シェア

日本ではデスクトップの国内ブラウザシェアは、前回10月の時点ではIE11.0が34%でトップであったが、今回は27.4%に減少し、Chromeが28.6%とIEを追い抜く形となった。
Chromeは、Chrome for Android、Chrome47.0、Chrome48.0を合計すると約37%のシェアとなり、徐々に日本も世界のデスクトップのブラウザシェアと様相が似てきた。

 

世界シェア

世界的には、Chromeが41.0%、IE11.0が11.1%、Firefox43.0が約10.2%と続き、今回も、Chromeはversion47.0、48.0を合計すると、約46%と他を大きく引き離し独壇場は相変わらずである。

 

2.タブレット

 

日本シェア

日本はipadのSafariが68.5%と少し減少し、その分、Androidが18.23%と上昇した状態となっている。

 

世界シェア

世界の状況もタブレットブラウザにおいては日本ほど極端ではないが、1位がSafariが61%、2位がChromeが17%、3位がAndroidが16%と基本的には変わっていない。

 

3.スマートフォン

 

日本シェア

日本のスマートフォンシェアは相変わらず、iPhone(Safari)が64%と独走状態は相変わらずである。変化はとしてはChromeは19%と上昇し、Android(ブラウザ)が13%と減少しつつある。

 

世界シェア

世界的には、デスクトップのブラウザシェア同様、Chromeが37.6%とトップ、2位にはUC Browserの18.6%と3位のSafariが18.3%と前回から、順位が入れ替わっている。
UC BrowserブラウザはSafariを追い抜いた形となった。世界的にはAndroidは減少傾向にあるようだ。
2位の「UC Browser」ブラウザアプリは、モバイルに対応した、中国発のアプリである。言語こそ日本語には対応していないが、表示速度が早く、非常に多くの利用環境を想定したアプリとして世界的に定着しつつある。

 

出典
StatCounter Global Stats:http://gs.statcounter.com/

 

まとめ

今回は日本でもとうとう、IEがChromeにシェアを奪われ、デスクトップブラウザではChromeがトップなったところが大きい。タブレットでは日本、世界ともSafariがトップであり、スマートフォンでは日本では、Safariが世界ではChromeといったところに定着しつつある。
ブラウザシェアを確認しておくことは重要である。ブラウザの違いや、バージョンごとに挙動が変わったり、バグが発生したりと大変である。すべてのブラウザ、バージョン毎にデバック処理ができればよいが、そこは優先順位をつけ、行うことになる。そのような時にWEBブラウザのシェアを把握しておくことが必須になってくる。
今後も、各ディバイス毎のブラウザシェアについて、日本と世界と状況を調べ、紹介してゆきたい。

関連する記事

いまさら聞けない、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスとは... インターネット時代、データを簡単にコピーできたり、ダウンロードできる昨今、著作権のルールについて知っておくことは重要である。従来は著作権がある素材か?または、著作権のないフリー素材かだけで定義されていたルールは、時代にあった対応ができるように、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスルールが注目され...
中国最大のチャットアプリ WeChatのすごすぎる機能... 世界最大級の無料チャットアプリと聞いて思い浮かぶのは、日本だとLINEとなるが、アメリカだとMessengerやWhatsApp、韓国ではカカオトークなどとなるが、登録アカウント数が11億人、月間アクティブユーザー数5億4,900万人という中国のWeChatというアプリをご存知だろうか。 ...
多言語、多通貨対応ECサイトの構築、その留意点は?... 最近のECサイトは越境ECであることが求められる時代だ。越境ECサイトを構築するは多言語対応、多通貨対応にする必要がある。 今回はひとつのECサイトで多言語、多通貨切り替え対応しているECサイトで、日本から海外に発信している越境ECサイトと海外から日本などに発信している越境ECサイトに別けて...
モバイルアプリも登場、ビジュアル検索のメリットとは?... 「ビジュアル検索」とは、商品の画像を利用して、求めている商品そのものや、欲しいイメージに似た商品を探す手法である。 Eコマースでは、アパレル関連企業に限らず多くの業界から注目されている。PC向けのウェブサイトに導入されているだけでなく、スマートフォンやタブレットなどのモバイルでは、内蔵カメラ...
年末年始休業のお知らせ 平素はLive Commerceをご利用いただきまして誠にありがとうございます。 年末年始の営業に関して、ご案内を申し上げます。 弊社は下記の期間、休業とさせていただきます。 休業期間中はサポートを休止させていただきます。 ご利用中のお客様には大変ご不便をおかけいたしますが、予めご了承い...
中国インバウンド接客を高め、越境ECへ... 2018年1月から6月までの訪日外国人数は過去最高の前年同期比15.6%増の1589万8900人と発表された。上半期として初めて、1500万人を越えた。 これは、格安航空会社の便数増加などの影響もあり、今後も、引き続きインバウンド客数は伸びると思われる。 1月から6月の国・地域別の訪日外...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。