« ブログのトップページに戻る

ディバイス毎のWebブラウザシェア 2016-2月

   投稿者 : 2016年2月5日 By

イメージ画像

ディスクトップにおけるブラウザのシェア争いでは、とうとう、日本でもIEがChromeにブラウザシェアが追い抜かれるという事態になっている。
今回は前回10月のブラウザシェアからどの程度シェアが変動したのか、デスクトップ、タブレット、スマートフォンの日本と世界のブラウザシェアを調べてみた。
掲載に使用したデータは「StatCounter Global Stats」の2016年1月1日~2月1日をグラフ化したものである。

 

1.デスクトップ

 

日本シェア

日本ではデスクトップの国内ブラウザシェアは、前回10月の時点ではIE11.0が34%でトップであったが、今回は27.4%に減少し、Chromeが28.6%とIEを追い抜く形となった。
Chromeは、Chrome for Android、Chrome47.0、Chrome48.0を合計すると約37%のシェアとなり、徐々に日本も世界のデスクトップのブラウザシェアと様相が似てきた。

 

世界シェア

世界的には、Chromeが41.0%、IE11.0が11.1%、Firefox43.0が約10.2%と続き、今回も、Chromeはversion47.0、48.0を合計すると、約46%と他を大きく引き離し独壇場は相変わらずである。

 

2.タブレット

 

日本シェア

日本はipadのSafariが68.5%と少し減少し、その分、Androidが18.23%と上昇した状態となっている。

 

世界シェア

世界の状況もタブレットブラウザにおいては日本ほど極端ではないが、1位がSafariが61%、2位がChromeが17%、3位がAndroidが16%と基本的には変わっていない。

 

3.スマートフォン

 

日本シェア

日本のスマートフォンシェアは相変わらず、iPhone(Safari)が64%と独走状態は相変わらずである。変化はとしてはChromeは19%と上昇し、Android(ブラウザ)が13%と減少しつつある。

 

世界シェア

世界的には、デスクトップのブラウザシェア同様、Chromeが37.6%とトップ、2位にはUC Browserの18.6%と3位のSafariが18.3%と前回から、順位が入れ替わっている。
UC BrowserブラウザはSafariを追い抜いた形となった。世界的にはAndroidは減少傾向にあるようだ。
2位の「UC Browser」ブラウザアプリは、モバイルに対応した、中国発のアプリである。言語こそ日本語には対応していないが、表示速度が早く、非常に多くの利用環境を想定したアプリとして世界的に定着しつつある。

 

出典
StatCounter Global Stats:http://gs.statcounter.com/

 

まとめ

今回は日本でもとうとう、IEがChromeにシェアを奪われ、デスクトップブラウザではChromeがトップなったところが大きい。タブレットでは日本、世界ともSafariがトップであり、スマートフォンでは日本では、Safariが世界ではChromeといったところに定着しつつある。
ブラウザシェアを確認しておくことは重要である。ブラウザの違いや、バージョンごとに挙動が変わったり、バグが発生したりと大変である。すべてのブラウザ、バージョン毎にデバック処理ができればよいが、そこは優先順位をつけ、行うことになる。そのような時にWEBブラウザのシェアを把握しておくことが必須になってくる。
今後も、各ディバイス毎のブラウザシェアについて、日本と世界と状況を調べ、紹介してゆきたい。

関連する記事

来春いよいよ日本にも上陸!ソーシャルコマースFabのメールマガジン戦略が面白い... 米ソーシャルコマースサービスの「Fab」に、日本の伊藤忠商事が500万ドルを出資したというニュースが飛び込みました。「Fab」といえば、ローンチ前に10万人のメール会員を集めることを目指し、実際にはティザーページ公開後わずか30日で5万人、3ヶ月後には16万5000人ものメール会員を集めたということ...
過去最多! 海外に出かける”中国の春節2018”... 先週2月16日から中国では春節の大型連休が始まっている。 春節というのは日本でいう旧暦の正月である。 オンライン旅行大手、携程旅行網(シートリップ)などの発表によると、春節の大型連休を利用して海外に旅行する中国人が2017年より約6%も多く、その人数は650万人を上回る過去最多になると予測...
消費者心理を読み解く!最新Eコマーストレンドとは?... オンラインでの買い物は、効率的で楽しいショッピング経験をユーザーにもたらしてくれます。世界中でEコマースがますます日常的なものになりつつある昨今、オンラインショッピングとオフラインショッピング(=実店舗での買い物)をいかにして連動させるか、に注意を向ける必要性が高まっていると言えます。 オ...
海外進出が進む日本企業 越境ECの可能性は?... 外務省のが昨年2017年9月28日に発表した、「海外在留邦人数調査統計」によると、海外在留邦人数では米国が約42万人と最も多く、次いで中国の約12万人、3位はオーストラリアの9万人と中国以外は前年比増という結果であった。 海外に住む日本人の数は、年々増加の一途であり、2016年は約133万...
Spike利用者が4万人突破!その魅力とは?... 以前ご紹介した、手数料のかからないオンライン決済サービスSpikeの国内利用者が、ローンチからわずか7ヵ月で4万人を突破しました。 特にここ最近は、2014年末の数値目標として設定していた3万人を10月に早々達成したのち、わずか1ヵ月で4万人台へと利用者が急伸しており、その人気のほどがうかが...
中国最大のオンライン決済サービスAlipayとは... 今、中国のオンライン決済サービスで圧倒的なシェアを誇るのが「Alipay(アリペイ:支付宝)」による決済方法である。1日の平均取引件数が1.7億件とその数も膨大だ。ユーザー数も8億人を越え、中国ユーザー数は4.5億人、モバイルユーザー数は3億人以上と言われている。その中、Alipayはオンライン...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。