冷凍や冷蔵が必要な商品を海外に配送するには?

日本郵便が提供しているEMSにはクールEMSという商品があります。
これは保冷が必要な日本の食料品を台湾・香港・シンガポール・マレーシア・ベトナムへお届けしたい場合に有効なEMSのオプション的な配送サービスです。冷蔵タイプなら0~10度、冷凍タイプならマイナス15度以下の温度帯で引き受けから現地までの配送をしてくれます。引き受け可能な郵便局は限定されていますので、利用する場合は事前に確認しておきましょう。

主に生鮮食品が中心になってくると思いますが、今回はクールEMSをLive Commerce で海外販売をする為に適用する方法をドキュメントとしてまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

EMS国際スピード郵便 クールEMS設定方法

関連する記事

EMS / ヤマト国際宅急便 料金・配送可能国の比較表... 海外向けネット通販の配送といえば郵便局でおなじみのEMSですが、6月1日にEMSの料金改定ということもあり、EMSとヤマト国際宅急便の配送可能な国を比較してみました。以外にもEMSは主要な国はカバーしているものの、中南米やアフリカ大陸といった地域になるとヤマト国際宅急便の方が網羅していることが分...
日本の食材を海外発送できるよ(シンガポールとか台湾に)... 恥ずかしながら、EMSがクール便に対応していたのですね。 私の馬鹿さ加減を暴露してしまうことになるのですが、毎日情報収集の範囲をちょくちょく制限しているので、意外と肝心なニュースを忘れてしまっておりました。 昨年の2013年4月から食材も保冷したままアジア圏なら海外発送できる様になって...
海外向けEコマースをやる時の業務上の事故について知っておくべき保険他... 海外向けECサイトをこれから運営する方も、現在運営している方も、海外販売には納品上の事故がどうしてもリスクとしてあります。商品が届く前に壊れてしまったり、商品を利用した消費者から想定外のクレームが届いたりと、国内では考えられないクレームが発生する事もあります。 日本国内では、現在海外向けEコマース...
知らないと損をする、越境EC配送の新時代!... これは、今後越境ECを始めようと考えている、又は既にやっている方向けの記事です。 特に、「容積重量」という言葉を聞いた事がないという方には是非読んでいただきたいと思います。 そもそも、「容積重量」というのは運送会社で送料の計算をする時に使われる言葉です。 これまで、日本の越境E...
【越境EC】EMSが休止の今 FedexとDHLを比べてみた... 日本郵便は新型コロナの影響で4月24日、アメリカへの引き受けを停止すると発表した。4月24日時点では、EMSおよび航空扱いの引き受けをているのはアメリカを含め、146か国・地域において一時停止すると発表している。 あれから、2ヶ月程経つが、国、地域によっては多少は再開されつつあるが、アメリ...
EMSの損害賠償保険が適用された、改めて海外販売ビジネスの安全性を確認できた瞬間... 海外販売でEMSを配送として使っている方は多いと思います。 EMSの損害賠償保険には2万円までの標準で含まれる保険のほかに、わずかな費用を支払うことによって最大200万円まで保険を掛けることができます。 実際に本当に保険金って支払われるの? 今日は、この質問について該当するケースがありま...

タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ