質問に答えれば欲しいドレスにたどり着く!ありそうでなかった便利アプリ

ドレスイメージ写真

欲しい服のイメージはあるのに、それをお店やオンラインで探すのは非常に困難という経験をした方は多いのではないでしょうか。今回は、そんな悩みを解決する便利アプリ、「Donde」を紹介します。質問に答えればわずか15秒で欲しいドレスが見つかるというこのアプリ。
米テクノロジーメディアのTechCrunchが開催するStart Up企業のイベントで、展示ブースで注目を集めたサービスに贈られる、オーディエンスチョイスに選ばれました。さっそくどのようなアプリなのか見ていきましょう。

ビジュアルで直観的!なサーチスタイル

Donde(iOS向け)は無料でダウンロードでき、Facebookアカウントからログインして使用します。使い方は極めてシンプルで、「ドレスの色は?」「ネックラインの形は?」「どんな場所に着ていきますか?」「どんな柄ですか?」といった11の質問に応じると、理想のドレスが表示されます。
すべての質問に答える必要はなく、不要な項目はスキップしても構いません。例えば、「紺色、スクエアネック、水玉柄」を選ぶと右端のように検索結果が表示されます。ネックラインや袖の形、丈の長さなど、選択肢がビジュアルで表示されるので、自分のイメージに近いものを直観的に選択できます。
デザインの特徴を言葉で伝えるというわずらわしい作業をすることなく、求めている商品に近づくことができるのです。

イメージ写真

気に入ったドレスをタップすると、その商品が拡大表示され、FacebookやPinterestにボタン一つで投稿することができ、その場で友人の意見を聞くことも可能です。購入するには「Buy」のボタンをタップし、ドレスのサイズを選んだあと、クレジットカード番号など必要な情報を入力すれば完了です。

現在Dondeでは、Tory Burch、H&M、ZARA、J.Crewなど高級ブランドからファストファッションまで30以上のブランドを取り扱っています。ブランドサイトと同じ条件で各ブランドの在庫状況やセール価格が反映され、商品が購入できます。

求めている服はこれでしょ? アプリが提示してくれるという魅力

欲しい服のイメージがある程度決まっている場合、通常はその服を求めていろんなショップを回ったり、いくつかのEコマースサイトを検索したりと、しらみつぶしにあたり手間や時間が多くかかります。Dondeの創業者の一人、Liat Zakayもこうした状況にフラストレーションがあり、もっと楽に欲しい服を見つけられるサービスがないかと感じていました。
そして、勤めていたイスラエルの政府諜報機関の同僚二人を誘ってDondeを設立したのです。Zakayの狙い通りDondeは女子大生の間で好評を得て、サービス開始からわずか2ヶ月で、TechCrunchのイベントのオーディエンスチョイスを獲得しました。

Dondeは、自分の探している服の条件を入力すると、見合った服をアプリが集めてくれるというキュレーション的な特徴があります。その結果、いつも買わないようなブランドの商品に出会えたり、抱いていたイメージとは少し違うけれど自分好みのものが見つかったりと、思いがけない発見があるのも大きな魅力です。

これからの展開も要チェック

Dondeは現在、女性用のドレスだけを取り扱っていますが、他のアイテムやブランドも増やせるように取り組んでいるところです。「テクノロジーはビジュアルを重視するあらゆる商品に応用可能だろうとZakayは語っています。ありそうでなかったこのサービス、今後もその進化に注目したいアプリです。

参考:

Donde Aims To Make Online Product Search Far Less Frustrating
11個の質問でズバリ欲しいドレスが見つかる「Donde

関連する記事

スマートフォン広告は効率よく集客できる?... インターネット広告の主流はパソコン型広告からスマートフォン広告にシフトした。 スマートフォンはパソコンや他のメディアに比べて占用率が高く、常に自分の半径1m以内にあり24時間365日、そばにあるデバイスで、デバイスへのプッシュ通知でユーザーへ情報を通知できる。 今回は今、広告媒体として注...
デバイス毎のWebブラウザシェアは? 2017−2月... 前回2016年9月からブラウザシェアはどのような変化が見られたか、Google Chromeはどこまでシェアを伸ばしたか、Microsoft Edgeのシェアは普及し、どこまで伸びたのだろうか? 今回も各ブラウザ毎に日本と世界で見ていこう。 ※掲載に使用したデータは「Stat...
今、中国で最も熱い「Douyin」と「RED」を知ってますか?... 4月1日、新元号が「令和」と発表された。「令和」は、初めて日本の古典からの引用とされいるが、中国の漢書にも「令和」は存在した言葉でもあるようだ。 その中国では今後、中国消費者の中心となるのは、ジェネレーションZ(Z世代)と呼ばれる、2000年(もしくは1990年代後半以降)から2010年ま...
なんでアウトソーシングできないんだろう!?... 海外向けネットショップを作るときに、立ち上げで特に時間をとられるのが「見た目」の部分。つまりウェブのデザイン周りの作成やHTMLのコード修正とか、や商品データ作成・登録といったほぼデスクトップじ上だけで簡潔する作業です。 これを自分でやるか、アウトソース(ランサーズやクラウドワークス、...
最新SNS利用状況とSNSインフルエンサー... Facebook、Twitter、Instagram、LINE、最近では新たにMastodon(マストドン)とSNS市場が賑わっている。 SNSの機能も日々進化しており、ユーザー数も日々増加しているようだ。新たな動きとしては、SNSインフルエンサーが注目されつつあるところだ。 今回は20...
海外展開に関する補助金・助成金情報をピックアップ... 少子高齢化の時代、日本のマーケットから世界に転じて販路を拡大しようという企業も多いと思う。補助金・助成金制度の中には、費用のリスクを少なくし、海外に向けて越境ECを構築したり、海外の展示会に出展したり、プロモーションなどで海外販路を拡大することが可能なものが用意されている。日本政府は2020年ま...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ