« ブログのトップページに戻る

質問に答えれば欲しいドレスにたどり着く!ありそうでなかった便利アプリ

   投稿者 : 2014年11月17日 By

ドレスイメージ写真

欲しい服のイメージはあるのに、それをお店やオンラインで探すのは非常に困難という経験をした方は多いのではないでしょうか。今回は、そんな悩みを解決する便利アプリ、「Donde」を紹介します。質問に答えればわずか15秒で欲しいドレスが見つかるというこのアプリ。
米テクノロジーメディアのTechCrunchが開催するStart Up企業のイベントで、展示ブースで注目を集めたサービスに贈られる、オーディエンスチョイスに選ばれました。さっそくどのようなアプリなのか見ていきましょう。

ビジュアルで直観的!なサーチスタイル

Donde(iOS向け)は無料でダウンロードでき、Facebookアカウントからログインして使用します。使い方は極めてシンプルで、「ドレスの色は?」「ネックラインの形は?」「どんな場所に着ていきますか?」「どんな柄ですか?」といった11の質問に応じると、理想のドレスが表示されます。
すべての質問に答える必要はなく、不要な項目はスキップしても構いません。例えば、「紺色、スクエアネック、水玉柄」を選ぶと右端のように検索結果が表示されます。ネックラインや袖の形、丈の長さなど、選択肢がビジュアルで表示されるので、自分のイメージに近いものを直観的に選択できます。
デザインの特徴を言葉で伝えるというわずらわしい作業をすることなく、求めている商品に近づくことができるのです。

イメージ写真

気に入ったドレスをタップすると、その商品が拡大表示され、FacebookやPinterestにボタン一つで投稿することができ、その場で友人の意見を聞くことも可能です。購入するには「Buy」のボタンをタップし、ドレスのサイズを選んだあと、クレジットカード番号など必要な情報を入力すれば完了です。

現在Dondeでは、Tory Burch、H&M、ZARA、J.Crewなど高級ブランドからファストファッションまで30以上のブランドを取り扱っています。ブランドサイトと同じ条件で各ブランドの在庫状況やセール価格が反映され、商品が購入できます。

求めている服はこれでしょ? アプリが提示してくれるという魅力

欲しい服のイメージがある程度決まっている場合、通常はその服を求めていろんなショップを回ったり、いくつかのEコマースサイトを検索したりと、しらみつぶしにあたり手間や時間が多くかかります。Dondeの創業者の一人、Liat Zakayもこうした状況にフラストレーションがあり、もっと楽に欲しい服を見つけられるサービスがないかと感じていました。
そして、勤めていたイスラエルの政府諜報機関の同僚二人を誘ってDondeを設立したのです。Zakayの狙い通りDondeは女子大生の間で好評を得て、サービス開始からわずか2ヶ月で、TechCrunchのイベントのオーディエンスチョイスを獲得しました。

Dondeは、自分の探している服の条件を入力すると、見合った服をアプリが集めてくれるというキュレーション的な特徴があります。その結果、いつも買わないようなブランドの商品に出会えたり、抱いていたイメージとは少し違うけれど自分好みのものが見つかったりと、思いがけない発見があるのも大きな魅力です。

これからの展開も要チェック

Dondeは現在、女性用のドレスだけを取り扱っていますが、他のアイテムやブランドも増やせるように取り組んでいるところです。「テクノロジーはビジュアルを重視するあらゆる商品に応用可能だろうとZakayは語っています。ありそうでなかったこのサービス、今後もその進化に注目したいアプリです。

参考:

Donde Aims To Make Online Product Search Far Less Frustrating
11個の質問でズバリ欲しいドレスが見つかる「Donde

関連する記事

トレンドのソーシャル活用術:クロスメディアのキャンペーンが強いわけ... 米マーケティング企業のThe Content Marketing InstituteおよびMarketingProfsによる最新の調査報告B2C Content Marketing 2015 Benchmarks, Budgets and Trendsがリリースされました。109ヶ国、5,000...
Live Commerce 対訳エンジンベータ版 開発のお知らせ... 海外向けECサイトを構築する上で、コストとなるのが翻訳です。 そこで、何とか翻訳費用を圧縮できないかと、さまざまな翻訳クラウドサービスをこの数年使ってみたものの、機械翻訳と人力翻訳の両輪でやっても、なんとなく違和感が残ります、、、。 どんなやり方にせよ、人を介する間は翻訳費用がゼロになること...
活況する中国越境ECの今 先週、中国のECサイトが一斉にセールを行う11月11日「独身の日」は中国のショッピングサイトでは最大の商戦日だった。 中国最大手のアリババグループはこの11月11日、1日だけで、昨年は約2兆500億円の取引額(売り上げ)をあげている。今年はどのくらいの取引額があったのだろう? また、中国の...
サービス利用料金改定についてのご案内... Live Commerce 管理画面にはすでに通知のとおり、近年におきましてはWebアプリケーションのぜい弱性を悪用した攻撃やネットワーク障害などにより受注データが正しく登録されない場合のデータ保全など、ECサイトを運用するためのセキュリティーにかかる維持コストが現在提供している価格帯では吸収しきな...
海外に向けて日本の文化を発信するWEBサイト10選... 今、WEBサイトでは日本の文化・伝統などの魅力を海外に発信することが、盛り上がりを見せている。 これまではどちらかというと海外の各都市などの情報を日本に紹介すものは多くあったように感じたが、日本から海外に向けて情報を発信していくという逆のスタイルが増えつつある。 今回は日本から海外に向けて日...
ECを活性化! ビデオコマースを検証する... ここ数年でECサイトに動画による商品説明が見られるようになってきた。イーコマースに対してそれらはビデオコマースと呼ばれている。欧米ではかなり普及し、成功事例も多く報告されているが、日本でもWEB環境の高速インフラの整備やスマホユーザーの増加により今後、そのようなサイトが増えることが予想される。 ...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。