« ブログのトップページに戻る

商品ブランドを定着させる方法ーPart2

   投稿者 : 2016年2月15日 By

イメージ写真

先日の「Periscope」を利用した商品ブランドを定着させる方法のブログに引き続き、様々な観点からブランドの構築が可能である。 
さらに必要な項目・アイデアをまとめてみた。

商品ブランドを定着させる方法パート1はこちら

11.  ジャーナリストと繋がりを持つ

ジャーナリストと繋がりを持つ

現在、多くのブランド企業が「Periscope」や「Meerkat」をマーケティングツールとして頻繁に利用するとともにジャーナリストとの関わりを持つのも大切な事だ。
動画で記者会見やジャーナリストとの意見交換をシェアし、全世界に発信すると強力な宣伝効果を期待できる。国境にかかわらず、出版社から有名なジャーナリストを紹介してもらい全世界に自社ブランドを広めていくことが可能な時代だ。
動画にも様々なアプローチがあるが、例えば顧客対象のイベントへジャーナリストを招待するなど、ジャーナリストと消費者を同時に巻き込んでイベント企画をする、それぞれのメッセージが異なる場合もあるので、臨機応変に上手く目的を明確にして、企画をする必要性がある。


12.  オンラインでQ&A

オンライン

多くの企業がこのQ&Aをオンラインで行い、消費者の質問に答える事によって、全てが明確になり、ブランドへ好印象を持つことができる。
ただ、注意しなければならないのは、Twitterの基本的なシステム上、文字数の制限などで表現力に欠けてしまう事もあり、ハッシュタグ#や、多くの質問に同時に返答することもできないことが難点である。
Periscope と MeerkatはこのQ&Aに関して、文字ではなく動画で説明することができるので、上記の問題はある程度解決されると考えられている。
そして, 自社のブランドイメージに合った人物を選び、事前に打ち合わせをして様々な質問に的確に答えられるようにすることが大切である。


13.  自分自信の経験を伝える

消費者からのフィードバックも大切だが、自分の経験をそのまま動画で伝えるのも、顧客のフィードバックよりもパワーがある。 
顧客よりも製品に関する専門知識があり、製品について熱意を込めて伝える事ができるからだ。
そして、自分のブランドを知り尽くした顧客を招待し、動画で経験話をしてもらうことも考えられる。


14.  ハートマークでアピール

ハートマーク

Periscope やMeerkatでは、視聴者にFacebookのいいね!と同じくハートマークを送ることができる。
そしてハートマークを多く受け取れば、検索結果に出る回数も増えるシステムになっている。ご存じのSpotifyは既にこのフィードバックシステムを採用している会社で、Periscopeを利用してアーティストの曲の人気度をハートマークで表現している。
これによって視聴者がどれだけ自社ブランドに注目しているかを知ることができ、メッセージの内容や今後の動画制作の参考になる。


15.  フォロワーと繋がれる

大企業は着々と自国だけでなく海外へと拡大している。大企業100社の半分以上はすでにグローバル市場に参入している。
たとえばフィリップモリスは170か国に業務を展開している。グローバルに展開していく過程は様々なチャンスもあり、やりがいがあるはずだ。
これまでは、海外の消費者とのつながりを持つのは難しい状況であったが、このPeriscope などを利用すれば世界中どこでもメッセージを送信でき便利である。


16.  メッセージを明確に

メッセージおw明確に

Visual, Auditory and Kinetic (VAK)のリサーチによると、「文字を読む」ことよりも「聞く・見る」ことの方が学びやすい人も実際には多く、ウェブサイトの内容は文字で表現されていることから、このような消費者にとってはメッセージが理解しにくいことがある。 
Periscopeはこれらの事も解決でき、分かりやすく動画で説明できる。


17.  アンケート調査を実施

消費者のフィードバックはブランド構築に重要な要素となる。 Periscope上でアンケートを実施し、消費者の声のトーンで商品についての感想をリアルに伝えられる。
さらに、実際には、ウェブサイトよりビデオアンケート調査の方が参加率が高いという結果が出ている。


18.  携帯アプリ対応に

携帯アプリ

携帯の利用者が増え続けている中、このモバイルメディアマーケティングは重要な役割を担っている。
Radicatti Groupのリサーチによると、3年後には全世界の84%が携帯を持つ時代になる。 
携帯メディアマーケティングをうまく利用して消費者の心を掴むかが重要なポイントになる。動画は今後ブランディングには欠かせないツールになることには間違いない。
今度このPeriscopeはモバイルブランディング戦略に合わせて機能を増やしていくと予測できる。


19.  新しいチャンスを逃さない

Q&Aセッションで海外のディストリビューターにインタビューをする、もしくは海外のオピニオンリーター的な存在の方にアプローチしてインタービューをするなど様々なチャンスがあり見逃してはならない。
今やグローバルの時代、いつでも、だれでも、どこでもコミュニケーションができるチャンスがある事に違いない。


20.  万時に備えての顧客対応

製品などに万が一リコールや問題が生じたときにも動画で対応し、対処法などを誠意を持ってリアルに伝える事ができる。
すべての内容を明らかにするとさらなる質問が増える事もあるので、ある程度の情報提供にもバランスを保ち慎重にする扱う必要がある。


21.  違った「Demographics」をターゲットにしてみる

違ったdemographicsをターゲット

 新しい年代層などにアプローチする場合も、それぞれのターゲット顧客層に合わせたブランド構築をしていく必要があるという事である。
そこで、「Demographics」(人口動態統計)とは何か?まず、これを理解するためには、マーケティング基本である「STP」という言葉について調べてみる。
マーケティングにおける「STP」とは、「セグメンテーション(Segmentation)」「ターゲティング(Targeting)」「ポジショニング(Positioning)」の3つの頭文字をとったもので、フィリップ・コトラーが提唱。


STPマーケティングとは?

STPマーケティング

 では、STP(STP戦略、STPマーケティング)とは?
コトラーはこれを「効果的に市場を開拓するためのマーケティング手法」として紹介しています。
マーケティングの目的である「自社が誰に対してどのような価値を提供するのか」という問題を明確にするために利用します。
マーケティングは伝える相手を決めただけではダメですし、伝えるメッセージ、伝えるタイミングなどすべてを包含して考えなければなりません。

コトラーは、市場における自社の競争優位性を設定するために、

  • 市場を細分化して(Segmentation)
  • ターゲット層を抽出(Targeting)
  • ターゲット層に対する競争優位性を設定する(Positioning)

Segmentation(セグメンテーション)

これはマーケティングの対象を市場全体とするのではなく、その一部に絞り込むための下準備。
そのため、さまざまな角度から市場調査し、ユーザ層、購買層といった形であぶり出し、明確化する。

セグメンテーションに用いられるのは

  • 「人口動態変数(Demographic Variables)」年齢や性別、職業など属性的要因で区分
  • 「地理的変数(Geographic Variables)」居住地など地理的要因で区分
  • 「心理的変数(Psychographic Variables)」趣味など心理的要因で区分
  • 「行動変数(Behavioral Variables)」購買状況や使用頻度、購買動機、購買パターンなど、製品に対する買い手の知識や態度などによって顧客を区分

たとえば「ヨーロッパに住んでいる、30代の女性で、海外ブランドに興味があり、現在はNetflixに加入している」といったさまざまな切り口から、市場における顧客のニーズごとにグループ化する、つまり「市場をセグメントする」ことが、セグメンテーション。


Targeting(ターゲティング)

続いてやることはターゲティング(ターゲット選定)セグメント化した結果、自社の参入すべきセグメントを選定、すなわちターゲットを明確にする事。ターゲットの規模については会社の規模にもよるが、一般的には市場全体の2割程度を目安にする。
ポジショニングはターゲット層から見たときの「優位点(優位性)」のことです。消費者にとって対価を支払ってもよいと思えるだけの価値や魅力があるのか、その観点でとらえなければなりません。
またポジショニングは市場全体を意識する必要はなく、あくまでもターゲット層にとってどうであるかが問われている。


Positioning(ポジショニング)

ポジショニングはターゲット層から見たときの「優位点(優位性)」のこと。
消費者にとって対価を支払ってもよいと思えるだけの価値や魅力があるのか、アプローチすべきターゲット層にどんな不満があるのかを事前に把握する。

 


まとめ

動画を利用した商品ブランド化は、マーケティングの基本であるSTP戦略を施策し、明確にした上で実施する必要がある。 
専門用語になると難しく考えてしまいがちだか、要するに、グローバル化とともにターゲット層の幅が広がる中、ターゲットはどのような消費者なのかを知り、それぞれの層に合わせたアプローチが必要になる。
今後、マーケティング活動はさらに細分化されていき、データードリブンマーケティン(Data Driven Marketing)で総合管理する必要性が出てくる。
グローバル市場で成功するためには、まずは専門家に越境ECサイトのプラットフォームを利用しながら、ブランディング、マーケティング活動をすることである。

 

参考サイト:
http://marketingis.jp/archives/2344
https://ja.wikipedia.org/wiki/STP%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0

関連する記事

「製造業の海外展開」 アメリカという市場... 皆さん こんにちは。 さて今回から、反省と新たなチャレンジについてお話を進めて行きます。 海外販売第一歩が成就できなかった要因の一つは、「マーケティング」の不足、いや全くそのような考え無く始めたことに他なりません。 マーケティングの前に『自分の立ち位置』の不明瞭さを問題点として認識し...
ショッピングモールサイトではなく、自社ECサイトで売上げをアップするには?... 独自ドメインで自社ECサイトを運営しているが一向に売上げが上がらない、しかし、ショッピングモールサイトでは売上げが上がり、ますます、Amazonや楽天などのモールサイトの依存度は高まり、どうしたら、自社ECサイトでしっかりした売上げ基盤をつくり、モールでの売上げではなく、自社ECサイトで売上げを...
ユーザーを呼び込む、インバウンドマーケティングとは?... 情報化社会、IT化の現代では、興味のあることや欲しいものは、インターネットで何でも調べることができ、自分の欲しいものは自分で調べたり、探す人たちが増えてきた。そのような中では従来型のユーザーを追いかけるマーケティング手法だけでは、ユーザーを掴むことが難しい時代となってきている。 2015年調...
2016年、日本のEC市場はどうだった? 今回も前回に引き続き経済産業省から2016年の「我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」報告書に基づき、国内のEC市場を中心にまとめてみた。 報告によると、日本国内のBtoC-EC市場規模は、15兆1,358億円。前年より9.9%増加したとしている。 各分野では物販系分野で8兆43...
競合他社を攻撃し、すべてを暴くオンラインマーケティングツール... インターネットは本当に便利だ。あなたの業界には競合他社をインターネットをフル活用する事で無料でかなり詳細に追跡することができてしまう。 今日は、競合他社の動向を追跡する為の無料ツールを紹介しよう。 1.Google Alert 定番中の定番と言っていいだろう。指定したキーワードに対するニュ...
本当に消費者が求めていることとは?... アクセンチュア・ストラテジー社は、「デジタル世代」と言われる若い層も含め、顧客満足度の最も重要な要素について調べた。今回はストラテジー社の「Digital Disconnect in Customer Engagement report」 調査内容をもとに、消費者は”今、どんなサービ...

タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。