« ブログのトップページに戻る

「ハイパーローカル」なジオターゲティングとは?

   投稿者 : 2014年11月26日 By

都会イメージ写真

「ジオ(=地域)ターゲティング」とは、パソコンのIPアドレスから閲覧者の居住地を解析し、その情報を利用する技術のことです。閲覧者の居住地を絞り込むことで、特定の地域に向けた広告や情報配信を行うことができ、特定の地域を意識したマーケティングを行うことが可能です。大まかにしか地域を特定できなかったIPアドレスに対し、近年はGPS付のモバイルが普及したことにより、詳細に地域設定ができる「ハイパーローカル」なジオターゲティングの開発が進んでいます。
Facebookが導入を発表した「Local Awareness Ads」も、ハイパーローカルなターゲティング広告サービスです。今回は、このサービスを詳しくご紹介することで、ジオターゲティングの最新事情をお伝えします。

導入ステップもシンプル、始めやすいAdサービス

FacebookのLocal Awareness Adsは、半径1マイル(約1.6㎞)からターゲティングエリアを設定でき、エリア内に居住する人やモバイルの位置情報をオンにして、エリアに入った人に限定して広告を表示することができる画期的なサービスです。
実店舗を運営する人にとっては、店舗まで実際に足を運べるユーザーにのみ広告を配信することが可能なので、非常に効率的な手法といえます。

1. オーディエンスの設定

まずはターゲットとするオーディエンスのいる範囲を設定します。実店舗の住所を入力し、そこを中心として半径何マイルの範囲をターゲットとするのかを決めます。さらに、ターゲットユーザーの年齢と性別を入力します。

イメージ写真01

2. 予算の設定

次は予算の設定です。かけられる金額を入力すれば、その予算で1日にリーチできる人数が表示されるので、少額からでも始めることができます。また、広告を表示する期間を入力すると、設定された開始日から自動的に広告が表示され、終了時期が来ると広告は停止されます。

イメージ写真02

3. 広告内容の入力

最後に広告に載せる写真やテキストを入力します。載せる写真をアップロードするか、Facebookのライブラリから選択したあと、広告の紹介文、タイトルを入力します。
さらにオプションとして、「Get Directions」と書かれたクリック可能なボタンを入れて、お店までの道順を表示させることも可能です。下図の右側がニュースフィード上に表示される広告のプレビューです。

イメージ写真03

モバイルユーザーまでカバーできる手法

Facebookは10月7日にこの広告サービスについてプレス発表を行い、アメリカ国内では数週間のうちに利用可能になり、その他の地域にも数ヶ月のうちに順次拡大するとしています。
モバイルでのインターネット利用が日常的になっている今、移動しながらスマートフォンでFacebookのニュースフィードをチェックする人も多く存在します。Local Awareness Adsは、こうしたFacebookユーザーを効率的にターゲティングできるサービスであり、高度なジオターゲティング技術を活用した注目の広告手法です。その効果はどんなものなのか? 試してみる価値はあるのではないでしょうか。

参考:

Facebook Launches Hyper-Local Ads Targeted To People Within A Mile Of A Business
Helping Local Businesses Reach More Customers

関連する記事

ebayが日本再上陸 勝算はどこにあるのか?... 2月27日(現地時間)米ebayはアジア各国で展開するECサイト「Qoo10(キューテン)」を運営するジオシスから、日本事業を買収したと発表し、実質、ebayは日本EC市場に再度参入することとなった。 ebayは1999年にヤフーオークションと同様のネットオークションサイトとして、日本に進...
日本のインバウンド市場 世界の中ではどのくらい?... 10月1日から10月8日まで、中国では建国記念日にあたる国慶節と中秋節を祝う超大型8連休となっており、中国メディアによると、最初の2日間で旅行に出かけた中国人は2億人を超えたと報じている。さらに一人当たりの商品購入額も1人平均5000元(約8万5000円)を突破したとも報じている。 中国は...
EコマースとMコマースの違いとは? 最近のショッピング事情と言えば、従来の店舗に行って実際に商品を手に取ってレジで並んで購入するスタイルではなく、オンラインで好きなものを自由な時間に購入するスタイルにシフトしているようだ。 各個人ののショッピングスタイルの好みによるが、まず、オンラインで購入する場合、一般的に知られているEC...
今年も始まる「春節」、越境ECへの影響は?... ここ最近、インバウント(訪日外国人旅行)といった話題を聞かない日はない。 ここ数年、訪日外国人の数は右肩上がりで増加しており、特に中国人観光客の訪日が大きい。爆買いブームは終わり、買い物から観光する・日本を体験することに目的がシフトしてきたと言われるが、中国では今月、1月27日(金)から2...
新しく立ち上げたEコマースサイトに人を集めるには?その1... 新しくEコマースサイトを立ち上げる場合、できることなら初めからたくさんの人を集めて、手ごたえのあるオープンにしたいものです。そこで、2回にわたって、さまざまなメディアを使ってトラフィックを増やす方法をいくつかご紹介したいと思います。 ユーザーへのアクセスを増やそう トラフィックを増やすには、...
これからのECサイトに求められるウェブ接客とは?... eコマースの市場規模が大きくなるにつれ、その店舗間の競争は激化し、価格競争は加熱し、気がついたら半分以上が赤字というケースも無きにしも非ずである。これからの時代はeコマースにおいても実店舗と同じように接客を行う、つまり「One to Oneマーケティング」が必要であり、お客様のそれぞれの嗜好にあ...
このエントリーをはてなブックマークに追加