« ブログのトップページに戻る

Amazon USで輸出された日本商品を取得し、海外向けECサイトで海外に売る商品登録作業を全自動化させるツール

   投稿者 : 2014年8月5日 By

以下のスクリーンショットはAmazon US で日本のセラーが販売している海外で売れる日本の商品を自動収集し、CSVファイルにしてまとめ、Live Commerceの管理画面からCSVインポートツールで商品登録と商品画像登録を行い、実際に出来上がったECサイトのスクリーンショットです。商品数はざっと500点ありますが、1日で完成します。

実際に商品のリサーチから登録までを人的に行うと時間がかなり必要ですが、ソフトウェアを活用し作業を自動化すると、あっさりと海外で売れる日本の商品だけを集めたECサイトが出来上がります。(しかもかなりいい感じに!)

このECサイトはどうやって作ったのでしょうか?

答えは、Web Content Extractor というウェブ上のデータをスクラップしデータベース化するツールを使い作りました。
下記は、そのソフトウェアを活用して自動収集しているスクリーンショットです。画面右上が実際のECサイト、画面左上が収集するURLのリスト、画面下半分が収集したデータのまとめたもの。ここからSQLやCSV化などあらゆる形式にアウトプットできるというものです。
http://www.webcontentextractor.com/

副業や脱サラで海外販売に挑戦する起業家が最初に最も苦労するのが、マーケティングの全体的なシステムを作り上げるまでにかかる時間とお金です。

海外向けECサイトは、日本の商品を翻訳して、商品画像を作り、サイトに掲載するというのが基本的なサイトを作っていく過程になりますが、ここで大半の方は諦めてしまうか、時間がかかる割に成果が出ないのでやめてしまうケースがあると思います。

このやりかたは、サイト立ち上げ迄の手間と工数をある意味最小化する方法を紹介している訳ですが、サイトが立ち上がった後に、実際に商品をプロモーションしていく行程は含まれていません。

参考迄に、サイトが立ち上がった後は、GoDataFeedなどのサービスを活用すると、主要なマーケットプレイスに簡単に登録ができます。また、ここで紹介しているやり方は数百から数千単位の商品データを短期間に集めてサイト構築する事ができるので、商品名での自然検索でもGoogleから集める事が期待できます。(ロングテールの法則)
http://www.godatafeed.com/

GoDataFeed は特別なシステム開発は不要で、取得したデータをCSV形式でアップロードするだけで取り込みされます。

利益の出る商品で在庫がある商品に絞り込む

そして、最後に収集した商品データから実際に販売して利益の出る商品に絞り込むツールが下記で、当社が開発したツールです。
Amazon US と Amazon JP の価格差を取得するツールです。
Amazon プライムに加入していれば翌日には商品は届くので、配送時間に数日かかる事はなくなるでしょう。

もっと、知りたい?

ちなみに Japan Import とキーワードを打ち込むと120万件以上の商品がヒットします。
全部売れる訳ではありませんが、 少なく見積もって、1/4ぐらいは利益がでる商品だと想定しても30万アイテムぐらいが海外に売れる商品という事になります。

この過程をすべて1人で独学できる海外向けEC作成4週間向けの講座を作成しましたので、
これから1人で起業しようと思う方は是非参考にしてみてください。

関連する記事

パフォーマンスが分かるとビジネスの意思決定、KPIが把握できると次の行動を起こすきっかけになる... サイトオーナーは売上げを上げるのに日々必死です。 しかしサイトの売上を上げるためには、商品を増やすべきなのか、トラフィック数を増やすべきなのか、カード決済までの離脱率を単に減らせばいいのか、デザインのUIを向上させるべきなのか、カートのインフラを変えるべきなのか、こういった課題を課題として捕らえ...
越境ECの超えるべき課題とは? 日本は少子高齢化がますます加速し、日本の人口は今後、減る一方と予想される。 つまり、内需を拡大するには限界があると言えるだろう。そこで、企業が目を向けるべきは外需である。内需ばかりではなく外需、輸出に転じ、成長するという将来像である。海外市場向け輸出は現在、多くの分野で成長しており、さらに...
越境ECにおいてどの国で何が売れるか、Live CommerceにAI搭載 販売予測機能... 現在提供中のLive Commerce 最新版 ver3.3 から "どの国で何が売れるのか" を過去のアクセス解析ログから人工知能により未来予測を行う機能を実装し、越境ECにおける海外市場でのマーケティングデータの提供を開始しています。(以下、やさしいウェブ解析ツール) 結論からいうと、...
中国版クレイグズリスト:58.comの大躍進... クレイグズリストをご存じでしょうか?元々、アメリカが発祥ですが、世界中でおよそ50か国、570都市向けのウェブサイトを持ち、毎月20億ページレビューを超えるアクセスがある、世界最大のクラシファイド・コミュニティサイトです。 クラシファイドとは、目的や地域によって分類された募集広告や告知を、一覧形...
商品ブランドを定着させる方法 – Part1 Periscope...  ツイッターの動画ストリーミングアプリを使用したブランディング 「Periscope」とは? これはツイッターが昨年度新しくリリースした動画ストリーミングアプリである。既に存在する「Meerkat」 と同じようなアプリで、このアプリの機能にない自動24時間セーブ機能などが追加されたも...
タブレット端末がEコマースに及ぼす影響... 2010年春にiPadが発売されて以降、タブレット端末を使用する人は年々増加しています。 スマートフォンよりも画面が大きく、視認性や操作性の高いタブレット端末は、パソコン並みの環境でインターネットを利用できます。そのうえ、パソコンよりも軽くて起動が早く、バッテリーも長持ちするので、普段使い...
このエントリーをはてなブックマークに追加