Amazon USで輸出された日本商品を取得し、海外向けECサイトで海外に売る商品登録作業を全自動化させるツール

以下のスクリーンショットはAmazon US で日本のセラーが販売している海外で売れる日本の商品を自動収集し、CSVファイルにしてまとめ、Live Commerceの管理画面からCSVインポートツールで商品登録と商品画像登録を行い、実際に出来上がったECサイトのスクリーンショットです。商品数はざっと500点ありますが、1日で完成します。

実際に商品のリサーチから登録までを人的に行うと時間がかなり必要ですが、ソフトウェアを活用し作業を自動化すると、あっさりと海外で売れる日本の商品だけを集めたECサイトが出来上がります。(しかもかなりいい感じに!)

このECサイトはどうやって作ったのでしょうか?

答えは、Web Content Extractor というウェブ上のデータをスクラップしデータベース化するツールを使い作りました。
下記は、そのソフトウェアを活用して自動収集しているスクリーンショットです。画面右上が実際のECサイト、画面左上が収集するURLのリスト、画面下半分が収集したデータのまとめたもの。ここからSQLやCSV化などあらゆる形式にアウトプットできるというものです。
http://www.webcontentextractor.com/

副業や脱サラで海外販売に挑戦する起業家が最初に最も苦労するのが、マーケティングの全体的なシステムを作り上げるまでにかかる時間とお金です。

海外向けECサイトは、日本の商品を翻訳して、商品画像を作り、サイトに掲載するというのが基本的なサイトを作っていく過程になりますが、ここで大半の方は諦めてしまうか、時間がかかる割に成果が出ないのでやめてしまうケースがあると思います。

このやりかたは、サイト立ち上げ迄の手間と工数をある意味最小化する方法を紹介している訳ですが、サイトが立ち上がった後に、実際に商品をプロモーションしていく行程は含まれていません。

参考迄に、サイトが立ち上がった後は、GoDataFeedなどのサービスを活用すると、主要なマーケットプレイスに簡単に登録ができます。また、ここで紹介しているやり方は数百から数千単位の商品データを短期間に集めてサイト構築する事ができるので、商品名での自然検索でもGoogleから集める事が期待できます。(ロングテールの法則)
http://www.godatafeed.com/

GoDataFeed は特別なシステム開発は不要で、取得したデータをCSV形式でアップロードするだけで取り込みされます。

利益の出る商品で在庫がある商品に絞り込む

そして、最後に収集した商品データから実際に販売して利益の出る商品に絞り込むツールが下記で、当社が開発したツールです。
Amazon US と Amazon JP の価格差を取得するツールです。
Amazon プライムに加入していれば翌日には商品は届くので、配送時間に数日かかる事はなくなるでしょう。

もっと、知りたい?

ちなみに Japan Import とキーワードを打ち込むと120万件以上の商品がヒットします。
全部売れる訳ではありませんが、 少なく見積もって、1/4ぐらいは利益がでる商品だと想定しても30万アイテムぐらいが海外に売れる商品という事になります。

この過程をすべて1人で独学できる海外向けEC作成4週間向けの講座を作成しましたので、
これから1人で起業しようと思う方は是非参考にしてみてください。

関連する記事

eBay出品ツールの登場 日本語対応 ヤフオクストアとの在庫連携も... eBay に出品できるようになりました eBay 出品ツールを完全日本語対応版をリリースいたしました。 eBayの複雑な管理画面を使わずに、当社が開発したeBay専用画面でeBayに出品できるツールです。ヤフオクとの在庫連動機能を搭載し、Best Offerによる価格交渉時の利益計算ツール...
E-コマース ヨーロッパのトラストマーク認証制度... Ecommerce Europeは、消費者、販売者を保護、Eコマース業界をさらに活性化する目的もあり、2015年9月にトラストマーク認証制度を導入した。その結果、ヨーロッパ国内参加国が増え続け、Eコマース業界ではウェブサイトに必須のマークとなりつつある。 Eコマース協会関係組織は、このEc...
2016年のEC市場 越境EC市場、まるわかり!!... 経済産業省は4月24日、「平成28年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」 (電子商取引に関する市場調査)の結果を発表した。 内容は2016年の日本の電子商取引市場の実態や日米中3か国間の越境電子商取引の市場動向についての調査結果である。 今回はこの結果をベースに国内のEC市場や越...
ECサイト運営者は今すぐ活用しよう「Google AdWords動的リマーケティング広告」... Webサイトを見ていると、見覚えのある商品画像に”追いかけられている”と感じることがあります。これは、サイトに訪れたユーザーを後追いし、別のサイトでその時に見ていた商品を広告として表示し再来訪を促す広告で、動的リマーケティング広告、ダイナミックディスプレイ広告などと称されてい...
インフルエンサーマーケティング バブルか崩壊か... Is the influencer marketing bubble set to burst? 自身の影響力を利用してインターネット上のSNSやYoutubeで他の消費者の購入意思決定に凄まじい影響力を与えるインフルエンサーですが、このマーケティング手法は今後2019年には1000億...
越境EC カナダのポテンシャル カナダ人の訪日者数は2016年では27万人と割合高く、毎年、訪日者数は伸長しており、英語圏では4番目の数値となっている。 比較的、日本に近いということから、国内では北海道などでウィンタースポーツを楽しむ観光客が増えているようだ。そして、カナダのEC市場規模も毎年増加しており、経済も安定して...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント / トラックバック1件

  1. […] Web Content Extractor 詳しくはこちらの記事でも紹介していますが、ホームページのデータを自動収集するソフトを使ってデータベースを作成する方法です。フリーフォーマットで作成されたホームページでは不可能ですが、一定のルールに基いて同じ表組で繰り返されているようなサイト構成であれば、繰り返しの部分を自動取得することが出来るというものです。(Googleと同じことだと思ってください) […]

コメントをどうぞ