« ブログのトップページに戻る

カギはO2Oか?GAP、2016年までにEC売上を2500億円規模へ!

   投稿者 : 2013年10月7日 By

ファッションブランドのGAP(Gap Inc.)。子ども・大人、メンズ・レディース問わず幅広い顧客を獲得している世界第3位の売上規模を誇る(1兆3609億円、2011会計年度)アパレルカンパニーです。日本でも多くの店舗を構えていることから馴染みのあるブランドですが、あまりECを活発に運営しているというイメージは少ないかもしれません。
しかしながら、世界的にECが大きく成長していることもあり、近年EC戦略に積極的に投資を行っています。GAPのCEO グレン・マーフィー氏は、次の3年間(2014-2016)で、全世界におけるEC経由の売上を1000億円規模で上積みし、2500億円規模に成長させると発表しました。

出典:GAP(http://www.gap.com/

「GAP reserve in store」実店舗とECの融合でパーソナルな購買体験の創出へ

オンラインショップで在庫切れ、あるいは在庫検索を使って商品のある店舗に駆け込んだがすでに売り切れ……という経験がある方もいるかもしれません。GAPはこのようなユーザー体験をなくすべく、ECと実店舗の融合を目指しています。
2013年6月にまずアメリカでスタートした「reserve in store」という新サービス。「オンラインショップで見つけた服を在庫のある実店舗で予約して取りに行く」という「オンラインショップで欲しい商品を探し買い物をする」という従来のEC機能に、O2Oの要素を加えたサービスです。
これまでは、「今すぐ欲しい!配送を待てない!!」という商品の在庫が、店舗に行くまで残っているか(オンラインでチェックした後に売り切れていないか)が、ユーザーにとっては不便なポイントでしたが、これであれば売り切れを心配する必要はなく、ユーザーも気持ちよく買い物をすることができます。

出典:Reserve In Store | Gap (http://www.gap.com/products/reserve-in-store.jsp

日本でもオンラインショップを充実化、外部のO2Oサービスも導入へ

日本でも94年以降多くの店舗を展開してきたGAP。2012年の10月には公式のオンラインショッピングサイトをスタートさせるなど、満を持して日本のEC市場にも進出しています。

出典:GAP Japan Official Online Store(http://www.gap.co.jp/
「reserve in store」はまだ導入されていませんが、外部のサービス(ポイントUPモール(http://mall.smbc-card.com))を導入するなど、O2Oの視点を日本でも大事にしていることが伺えます。その他にも日本人の体型に合わせたサイズ表をサイト内に設けるなど、ECサイトのローカライズ化にも注力しているのは、海外ECサイトを運営されている方にも参考になるのではないでしょうか。

「店舗とECは別物」という認識からの脱却

どうしてもECと実店舗は運営の方法が違うため、別々のものとして取り扱ってしまいがちですが、グレン・マーフィー氏は「顧客にシームレスな購買体験を」と語っています。
「実店舗があるからこそできるサービスはないか?」という視点で新たな取り組みに挑戦するGAPは、実店舗も2016年までに1000店舗増加させる計画を立てています。ECサイト・実店舗を含めて「1つのブランド」としてユーザーに対する満足度を高めるかはますます重要になりそうです。

参考:
世界のアパレル業界 売上高ランキング TOP10(2012年)世界ランキング統計局
http://10rank.blog.fc2.com/blog-entry-226.html

関連する記事

feedbuy・cospa・Locari 最新のネットショッピング購買支援サービスでみる、新しいEコ... 私たちがインターネット上で商品を買うタイミングは、買いたいものがはっきりしている時だけとは限りません。ソーシャルメディア上で友人がある商品について投稿(シェア)しているのを見かけて興味・関心を刺激され、購入したくなるということも少なくないでしょう。 今回は、最近リリースされたネットショッピングをよ...
住所を知らない相手にギフトが贈れる「ソーシャルギフトサービス」が面白い!... FacebookやTwitterなどソーシャルメディアを利用して、住所を知らない友人でも、ギフトが贈れるソーシャルギフトサービスが増えています。ソーシャルメディアの利用者が増えるにつれて、誕生日や結婚、出産、引越といった情報が入手しやすくなり、従来よりもギフトを贈るきっかけが増えていることが背景にあ...
Webサービス・ECの海外展開における最適化戦略... インターネット上のサービスは、日本に居ながら簡単に海外の方へリーチできるという素晴らしい特徴を持っています。しかしながら、海外展開というのは難しく、自国で上手くいっているものをそのまま海外へ展開するだけでは成功しないことが多いのです。 日本ではトップクラスの存在力を誇る楽天ですら、インドネシア、中...
「ショールーミング」に象徴されるAmazonの強み、それに打ち勝つEC戦略とは?... ネットで商品を購入する前に、実店舗で商品や価格を確認する行動を「ショールーミング」といいます。この「ショールーミング」、実際に私たちも行っていますよね?この行動が、アメリカで流行っていて、小売店がAmazonに脅威を抱いているといいます。(http://jbpress.ismedia.jp/arti...
ウェブ担当者よ、あなたはアクセスを失っているかもしれない... あなたがウェブサイトの管理者として10年選手のベテランなら、ウェブマスターツールやGoogle Analyticsは日常茶飯事として日々チェックしている事だろう。 もちろんネットメディアも毎日仕事前にはチェックしているし、facebookでは最新情報をフィードしているに違いない。 しかし、...
中国のネット通販 2021年までに利用者数8億4,400万人へ増加...   最近の中国と言えばネット通販は急成長している。経済もよくなったため観光客も世界中で増えている。本稿では中国のソーシャルメディア、ネット通販事情について見ていきましょう。 経済 中国の人口は14億人、GDPは11兆ドルであり1人あたりのGDPは8,833ドル、2021年...

タグ: , , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。