« ブログのトップページに戻る

タクシーもスマホで呼ぶ時代?タクシー配車アプリ事情

   投稿者 : 2014年8月7日 By

スマホでタクシーを簡単に呼べるアプリをご存知でしょうか? 地図上で乗りたい場所を指定すれば、近くを走っているタクシーを探して配車してくれるサービスで、日本でも導入が進んでいます。

例えば、47都道府県117グループのタクシー会社と提携している全国タクシー配車では、地図上で乗りたい場所を指定し、「ここに呼ぶ」ボタンをタップすると、近くにいる提携タクシーで到着時間を提示したうえで配車してくれます。到着地までの料金検索機能もあるので、概算料金をあらかじめ知ることができます。また、日時を指定して予約することもできます。

また、世界42か国でサービスを展開するUberは、乗りたい場所にピンを立てると、リアルタイムで到着時間が表示されます。現在、国内の対応エリアは東京の一部のみですが、タクシードライバーの顔写真、評価、車種なども知らせてくれる上に、到着1分前に「もうすぐ到着します」とのテキストメッセージが届くという細やかなサービスがウリです。日産のCIMAやトヨタのクラウンGRS200といった高級車が用意されており、事前に登録したクレジットカードで支払いができるのも便利です。

そして、世界でも同種のスマホアプリによるタクシー配車サービスが広がりつつあります。

シンガポールで展開されたサービスとは?

シンガポールでは今年の7月16日から、タクシー配車アプリ「Easy Taxi」を運営するEasy Taxi社と中国のIT企業、騰訊(テンセント)社との提携によるスマホでのタクシー配車サービスが開始されました。

WeChat利用者は簡単に利用可

サービス内容はいたってシンプル、騰訊が提供するコミュニケーションアプリ「WeChat」内のEasy Taxiアカウントに入り、タクシーに乗りたい場所から「タクシーを呼ぶ」ボタンを押せば、近くを走っているタクシーがGPSにより場所を探知してやってきてくれます。さらに、支払いもWeChatに登録したクレジットカードでキャッシュレスに行えるので、シンガポールのWeChatユーザーにはとても便利です。

両社はスタートアップキャンペーンとして、7月中、利用者には利用1回につき5シンガポールドル(約400円)をキャッシュバックし、アプリを通じて利用客を乗せたタクシー運転手には1シンガポールドル(約80円)の特別報酬を支払っています。

シンガポールを足掛かりに、世界展開へ

Easy Taxi社は2011年にブラジルで設立され、これまで30余りの国や地域における約200の都市で、タクシー配車アプリによるサービスを提供しています。一方WeChatは、無料通話や文字チャットなどができる、LINEに似たコミュニケーションアプリです。利用者の80%は中国人ですが、ユーザー数は4億人とLINEをはるかに超えています。

タクシー配車サービスについて、これまでWeChatは、騰訊のグループ企業が運営するアプリにより国内で実施するのみでしたが、このたびEasy Taxi社と提携することで、初めて海外展開に乗り出しました。

両社は今後、Easy Taxi及びWeChatが両方とも利用可能な国に、このサービスを順次拡大していきたいと意気込みを語っています。国内では通常のEコマースに加えて映画館予約や航空券予約などのサービスも展開しているWeChatと、急成長を続けているEasy Taxiのタッグだけに、これからの動きに目が離せません。

参考:
Singapore WeChat users can now book taxis inside app, more countries to follow in EasyTaxi partnership
タクシーアプリ「Easy Taxi」、シンガポールで微信と協力

関連する記事

Search engine marketing, Search engine optimazatio... Won't you help me to popularize Japanese products around the world? I have a dream. That dream is to promote Japan throughout the world. I want t...
今後の海外ビジネス拠点を選ぶのに役立つグローバルエリート都市とは?... 2016年のグローバル都市調査が先日発表された。グローバル都市ランキングとは、ATカーニー社が毎年行う独自の指標で決定される。 全世界125都市を対象とし、まず、「ビジネス活動」30%「人的資源」30%「情報流通」15%「文化的経験」15%「政治的関与」10%の5つの観点(評価基準)から総合...
今年も始まる「春節」、越境ECへの影響は?... ここ最近、インバウント(訪日外国人旅行)といった話題を聞かない日はない。 ここ数年、訪日外国人の数は右肩上がりで増加しており、特に中国人観光客の訪日が大きい。爆買いブームは終わり、買い物から観光する・日本を体験することに目的がシフトしてきたと言われるが、中国では今月、1月27日(金)から2...
保護中: 中国Eコマース最新情報 Macyが中国ECを一時中断した理由とは?... Macy'sをご存知でしょうか? アメリカではとても有名な小売店でオンラインストアでも世界中のユーザーに支持されているサイトです。そのMacyですが、中国大陸にもマーケットを拡大しているようですが、結果的にはこのマーケットではうまくいっていないようです。やはり中国市場での越境ECは難しい...
Spike利用者が4万人突破!その魅力とは?... 以前ご紹介した、手数料のかからないオンライン決済サービスSpikeの国内利用者が、ローンチからわずか7ヵ月で4万人を突破しました。 特にここ最近は、2014年末の数値目標として設定していた3万人を10月に早々達成したのち、わずか1ヵ月で4万人台へと利用者が急伸しており、その人気のほどがうかが...
越境ECにかかせない海外配送 大手3社を比較してみた... 越境ECでは、海外への配送をどの会社から配送するか、海外配送するにはどんなサービスがあり、料金や日数はどれくらいかかるのかなど、データがあると便利だ。 越境ECでの海外配送を扱っている企業はいろいろあるが、国内の海外物流の主な企業は日本郵便、ヤマト運輸、佐川急便の3社である。 2年前にも...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。