タクシーもスマホで呼ぶ時代?タクシー配車アプリ事情

スマホでタクシーを簡単に呼べるアプリをご存知でしょうか? 地図上で乗りたい場所を指定すれば、近くを走っているタクシーを探して配車してくれるサービスで、日本でも導入が進んでいます。

例えば、47都道府県117グループのタクシー会社と提携している全国タクシー配車では、地図上で乗りたい場所を指定し、「ここに呼ぶ」ボタンをタップすると、近くにいる提携タクシーで到着時間を提示したうえで配車してくれます。到着地までの料金検索機能もあるので、概算料金をあらかじめ知ることができます。また、日時を指定して予約することもできます。

また、世界42か国でサービスを展開するUberは、乗りたい場所にピンを立てると、リアルタイムで到着時間が表示されます。現在、国内の対応エリアは東京の一部のみですが、タクシードライバーの顔写真、評価、車種なども知らせてくれる上に、到着1分前に「もうすぐ到着します」とのテキストメッセージが届くという細やかなサービスがウリです。日産のCIMAやトヨタのクラウンGRS200といった高級車が用意されており、事前に登録したクレジットカードで支払いができるのも便利です。

そして、世界でも同種のスマホアプリによるタクシー配車サービスが広がりつつあります。

シンガポールで展開されたサービスとは?

シンガポールでは今年の7月16日から、タクシー配車アプリ「Easy Taxi」を運営するEasy Taxi社と中国のIT企業、騰訊(テンセント)社との提携によるスマホでのタクシー配車サービスが開始されました。

WeChat利用者は簡単に利用可

サービス内容はいたってシンプル、騰訊が提供するコミュニケーションアプリ「WeChat」内のEasy Taxiアカウントに入り、タクシーに乗りたい場所から「タクシーを呼ぶ」ボタンを押せば、近くを走っているタクシーがGPSにより場所を探知してやってきてくれます。さらに、支払いもWeChatに登録したクレジットカードでキャッシュレスに行えるので、シンガポールのWeChatユーザーにはとても便利です。

両社はスタートアップキャンペーンとして、7月中、利用者には利用1回につき5シンガポールドル(約400円)をキャッシュバックし、アプリを通じて利用客を乗せたタクシー運転手には1シンガポールドル(約80円)の特別報酬を支払っています。

シンガポールを足掛かりに、世界展開へ

Easy Taxi社は2011年にブラジルで設立され、これまで30余りの国や地域における約200の都市で、タクシー配車アプリによるサービスを提供しています。一方WeChatは、無料通話や文字チャットなどができる、LINEに似たコミュニケーションアプリです。利用者の80%は中国人ですが、ユーザー数は4億人とLINEをはるかに超えています。

タクシー配車サービスについて、これまでWeChatは、騰訊のグループ企業が運営するアプリにより国内で実施するのみでしたが、このたびEasy Taxi社と提携することで、初めて海外展開に乗り出しました。

両社は今後、Easy Taxi及びWeChatが両方とも利用可能な国に、このサービスを順次拡大していきたいと意気込みを語っています。国内では通常のEコマースに加えて映画館予約や航空券予約などのサービスも展開しているWeChatと、急成長を続けているEasy Taxiのタッグだけに、これからの動きに目が離せません。

参考:
Singapore WeChat users can now book taxis inside app, more countries to follow in EasyTaxi partnership
タクシーアプリ「Easy Taxi」、シンガポールで微信と協力

関連する記事

ショッピングモールサイトではなく、自社ECサイトで売上げをアップするには?... 独自ドメインで自社ECサイトを運営しているが一向に売上げが上がらない、しかし、ショッピングモールサイトでは売上げが上がり、ますます、Amazonや楽天などのモールサイトの依存度は高まり、どうしたら、自社ECサイトでしっかりした売上げ基盤をつくり、モールでの売上げではなく、自社ECサイトで売上げを...
2018年 明けましておめでとうございます... 2018年、当社は本日より営業開始となります。 社員一同、今年も「日本を世界に伝える」とう企業理念に基づき、全力で行きたいと思います。 今年は2つのプロダクトのリリースと1つの新しい事業の展開を予定しています。 定期購入カート(越境EC対応) 今から7-8年も前になりますが、当時Li...
海外展開を支援する補助金・助成金制度を知ってますか?... 海外展開や販売を行うときに利用できる「補助金・助成金」についてご存知だろうか? 最近、よく耳にする言葉だ。しかし、その仕組みや内容については、意外と知られていないようだ。簡単に言うと「補助金、助成金」とは国や地方公共団体から支払われるお金のことで、返済の必要が無いものが多く、中小企業経営者に...
越境ECで売り上げ好調なサイトは? 越境ECで海外に販路を拡大しようとする企業が増えている。越境ECとは日本から世界に向けネット販売することだが、言語、物流、決済、クレーム対応などの問題をクリアすれば、世界に向け消費者を開拓することができる。これからは、この市場はさらに拡大し、品質や価格面だけではなく、きめ細やかな顧客対応、商品数...
中国の越境EC Tmall GlobalのTP(TmallPartner)とは... 昨年、2016年の中国国内において、越境ECを利用して日本から商品購入した総額は1兆366億円と過去最高で、その額はアメリカの1兆1,371億円に次ぐ額である。2020年には 日本からの購入額は1兆9,000億円に達成すると見込みである。 その中国BtoCで圧倒的なシェアを占めるのが「Tm...
商品ブランドを定着させる方法ーPart2 先日の「Periscope」を利用した商品ブランドを定着させる方法のブログに引き続き、様々な観点からブランドの構築が可能である。  さらに必要な項目・アイデアをまとめてみた。 商品ブランドを定着させる方法パート1はこちら 11.  ジャーナリストと繋がりを持つ 現在、...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ