« ブログのトップページに戻る

エコシステムをご存知ですか?

   投稿者 : 2016年5月23日 By

イメージ画像

エコシステムとは、経営やIT分野の新語で、複数の企業が商品開発や事業活動などでパートナーショップを組み、互いの技術や資本を生かしながら開発業者、代理店、販売店、宣伝媒体、さらに消費者や社会を巻き込み、業界の枠や国境を越えて広く共存、共栄していく仕組みのこと。本来は、生物とその環境の構成要素を1つのシステム「生態系」を意味する科学用語。
1990年代から、ビジネスでもITが急速に普及。インターネットが登場してからは、コンピューティングとネットワークの組み合わせにより、提供できるサービスの幅が格段に広がった。
かつては国内でも海外でも大手企業が完全セットのサービスを提供してきたが、急速な技術の発展とグローバル化の中で競争力を保てなくなった。そこで、イノベーションの基盤として、世界中のいろいろな企業が技術やサービスモデルを持ち寄り、共存共栄と相互作用をしながら、現在の形へと繋がった。ビジネスにおけるエコシステムは、「協業」だけでなく「分業」も組み合わせ、現在のイノベーションの基盤を作るようになった。

 

アップルのエコシステム

例えば、アップルのエコシステムは、アップルの製品群、端末、アプリなど、それぞれが考えられる。iPhoneでは、チップセット(シリコン)、内臓カメラ、スクリーン、組み立て、販売など、多くの企業が携わっている。このように製造でも協業と分業が成り立っており、ひとつのエコシステムと言える。
また、iPhone、iPad、iMac、MacBook、iTunes、Apple TVなど、製品それぞれの持つ役割と提供価値(バリュー・プロポジション)によって、消費者のデジタルライフにおける、ひとつのエコシステムを提供している。
さらに、iTunesでは、アップル以外の企業が提供するアプリケーションや楽曲、映画なども組み合わせてエコシステムを形成している。いずれの例でも、アップルが中心となって協業と分業により、多くの消費者の心を鷲掴みにするエコシステムを作っている。そこで、世界的に見て、エコシステムが整った都市を分析してみた。

イメージ画像02

 

エコシステムが充実しているのトップ10都市

Compass社が公表した報告書によると、例えば次の都市がトップ10にランクインしている。

エコシステム都市ランク

 

起業家「スタートアップ」のハブ

このCompass社の情報資料は、地域の起業家、専門家、投資家、株主などを対象にした11000件のアンケートとインタビューの結果である。特に特定の分野で、マーケットリサーチや投資、才能、経験を生かした仕事ができ、急成長できる環境にある。
例えば、シリコンバレーの成功ストーリーを語るSteve Blankは、特にスタートアップは、従来の固定観念をもとに計画された戦略とは違った角度で、新しい技術sや迅速なコミュニケーション、クリエイティブな志向、新しい手法やストラクチャーに対して積極的に取り組んでいる姿勢が違う。
このスタートアップの文化は、シリコンバレーやボストンを超える勢いで拡大している。例えばヨーロッパの5大都市は、ロンドン、パリ、アムステルダム、ベルリン、モスクワである。

 

日蘭友好通商条約ーオランダ起業に注目

日蘭友好通商条約により日本人がオランダで起業しやすくなっている。起業ビザが取れれば2年間のビザが取得でき、ヨーロッパでビジネスの可能性を試す良いチャンスと言える。ITに限らず、様々な分野の起業家が集まってきており、自分の行動次第でネットワーキングのチャンスも多い。
オランダは「スタートしたばかりの起業家に抜群の環境」と言われている。各都市、アムステルダム、ハーグ、ロッテルダムなどのスタートアップコミュニティーは絶え間なく成長を遂げている。オランダ政府もこのエコシステムに力を入れており、インフラ整備もかなり充実している。IT、セキュリティー部門に力を入れており、デルフト工科大学が近くにあるハーグも様々な形で起業家をバックアップしている。
例えば、スタートアップ向けのレンタルオフィスもハーグのSpaceなどは、安く時間単位で借りられ、他の起業家とのイベントや交流も盛んである。新しいアイデアや方向性をシェア、それぞれの強みを発揮しながら、互いに協業、共栄できる環境が整っているといえる。

オフィイスイメージ

さらに、オランダ政府のイニシャティブで立ち上げられたプラットフォームが、StartupDelta。こちらは起業が孤立せずにコミュニティーに自分をアピールできるチャンスがある。業界別に分かれており、協業したい相手に連絡を取ることができる。
起業家だけでなく、大企業も参入しているほどだ。オランダは英語が通じる国で有名であるが、ビジネスにおいても外国からの起業家をサポートする組織が多くある。オランダは、外国人が働きやすい環境が整っている、チャンスがある注目すべき国だろう。

スタートアップデルタ

イメージ画像

 

 

●日本から海外へ越境サイトはLive E-Commerceにお任せ下さい。

●オランダ起業に関するお問い合わせ先:起業コンサルティング、リロケーションのサポート会社 

会社ロゴマークT’s Expert Holland

 

※参考記事:IAMEXPAT  エコバンク

関連する記事

ヨーロッパのECビジネスの拠点は? EC越境サイトビジネスは、アジア、アメリカのブームに続いてヨーロッパでも急成長している。 ヨーロッパは世界でも有数の大規模市場、海外進出を考えている企業には見逃せないエリアである。 ヨーロッパ市場は新興国も含め、特にECビジネスにおいて急速に変化を遂げており、特にEU圏内での取引をスムーズに...
中国向け越境EC市場の今とこれから(富士経済調査などより)... 中国のEC市場は、旺盛な購買意欲に支えられて著しく成長していることは、周知の事実だ。 数年前に日本を賑わせた爆買いから2016年は、越境ECに市場は移行し、まさに、越境EC元年とも言える年であった。その内容を裏付ける報告書が富士経済より発表された。報告書は「中国向け越境EC市場の実態と今後...
海外販売に関する補助金・助成金情報(2017.August)... 補助金・助成金とは国や地方自治体が資金支援する返済不要のお金である。 補助金と助成金の違いは、補助金には予算があり、要件があっても受給できない可能性があり、助成金は要件が合致すれば受給できる。 補助金・助成金の注意点は、銀行などの融資と違い、申請が認可されるとすぐにキャッシュが振り込まれ...
「製造業の海外展開」:海外販売を新規スタートする意義... 皆さん こんにちは。 数回にわたって、海外販売第一歩の経緯をお話しました。 皆さんは、このチャレンジをどう感じられたでしょうか? さて、日本人口の減少・新興国の台頭などの社会構造の変化を受け、製造業での海外市場への参入、海外販売が今後の発展には欠かせないとお考えの方も多いと思います。 ...
中国は日本にとっての大口顧客であることが分かる「ジェトロのアンケート調査」... 3月7日、日本貿易振興機構(JETRO・ジェトロ)は2018年11月〜2019年1月にかけて、ジェトロのサービス利用企業、10,004社を対象に「日本企業の海外事業展開に関するアンケート調査」を実施した。 そのうち、3,385社から回答を得た結果内容を公表した。 アンケート詳細内容は、「貿...
「製造業の海外展開」 チャンネルを構築する... 皆さん こんにちは。 さて、「マーケティング」の続きです。 今回は「チャンネル (channels)」についてです。 今迄お話して来た様に、従来は直接販売しか行っていませんでした。 しかし、今後の海外展開を考えた場合に営業方式も従来と同じ考えて良いのか?を検討し直しました。 こ...

タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。