« ブログのトップページに戻る

2019年 Webデザインの潮流

   投稿者 : 2019年3月13日 By

イメージ画像

Webデザインはその年、その年で新しいものが生まれ、トレンドとなったり、ならなかったりする。
2018年のトレンドと言えば、グラデーション、スプリット(分割)レイアウト、タイポグラフィデザインなど見た目のデザインが多かったように感じられる。
今年はどうだろうか? デザインを行うには「見た目のデザイン」と「機能のデザイン」を抑えなければならないとよく言われるが、2019年のトレンドはフラットデザイン2.0やユーザビリティといった「機能のデザイン」が打倒し始めている気がする。
今回は、参考にしたいWebデザイントレンドを見ていこう。

フラットデザイン2.0はフラットデザインの拡張

フラットデザインはこれまでデザインの基本となっていた。
スキューモグラフィックではなく、フラットで軽く見た目もすっきりさせ、スマートフォン時代に対応したデザインとして浸透した。しかし、ユーザビリティの課題が指摘されいたのも事実である。
「フラットデザイン2.0」とはこの課題となっていたユーザビリティに対応したフラットデザインと言える。 通常、使わないドロップシャドウやグラデーションやCTAボタンとわかるように角丸四角を使ったデザインなどがそれにあたる。

ドロップ
https://itsalive.io/

マイクロインタラクションはユーザビリティである

マイクロインタラクションとは、ユーザーのアクションに対して、フィードバックやステータスの変化といったものを伝えるイベントであり、反応である。
ユーザーがボタンを押した時の動きであったり、画像にマウスがホバーした時のエフェクト、スクロールアニメーション、ページを更新した時のビープ音など様々なものがある。
ユーザーの使いやすさを考慮してデザインする場合は、このマイクロインタラクションにこだわったデザインが必要となるだろう。

マイクロインタラクション
https://dribbble.com/shots/2445047-Daily-UI-002-Credit-Card-Payment

モバイルファーストはデスクトップセカンドは常識となっている

モバイルファーストデザインは、2018年、Googleの「モバイルファーストインデックス」が正式スタートし、サイトデザインをする際の常識になりつつある。
従来であれば、PC画面のデザインを最初に行い、後にモバイル画面に合わせてCSSメディアクエリを設定するというプロセスだった。 だが、最近はスマートフォン画面のデザインを最初に行い、その後PC画面のメディアクエリを設定するプロセスに変わってきている。これが、本来のモバイルファーストである。
どちらの方法で製作しても、スマートフォンデザインを作るということには変わりはない。 しかし、スマートフォンからのアクセスが多いと最初からわかっている場合は、スマートフォンのデザインを最初に行うべきだろう。
スマートフォンの持ち方や親指の動きに合せたレイアウト、ナビゲーション位置の設定など、実機で確認しながら行う必要があるからだ。
筆者が在職しているWebデザインの専門学校でも、昨年から、PC用Webデザインから教えるのではなく、スマートフォン用Webデザインから授業を始めている。

ユーザビリティ向上はデザイナー役割である

ユーザーにいかに快適に、使いやすいサイトサービスを提供するかが「ユーザビリティ」である。
ECサイトなどは、買い物ステップのどこかにユーザーが躓いてしまうようなサイト設計では、それだけでユーザーは離脱し、大きな損害を生みだすことになる。
ユーザーにとって快適な、使いやすいサイトは、ユーザー数が増加し、売り上げに大きな影響を及ぼすだろう。
前段で記述したフラットデザイン2.0、マイクロインタラクションやチャットボットの導入などはユーザビリティの向上に役立つだろう。
モバイルデバイスやPCなど幅広いデバイスに対応したスピーディな表示速度や動作も重要である。

ユーザビリティ
https://calar.ink/works/

定番になったビデオコンテンツのトップページ

ビデオコンテンツはもはやトップページデザインの定番となったと言えるだろう。 テキストと写真のみのデザインと比べると多くの情報量、つまり、企業や商品イメージにあった魅力的な印象、ブランドイメージを与えることができる。
2019年はさらに広がると予測している。 新しい点としてはGoogleの検索表示に動画も表示されるようになったことがある。 Webサイトでは動画コンテンツを埋め込むことで、検索されやすくなり、さらに動画だとシェアされやすくなるので、このトップ画面の動画や動画コンテンツは検討れるべきである。
また、トップページ動画は動画再生のオフボタンやサウンドのオンオフの選択もできるようにし、ユーザビリティを考慮する必要があるだろう。

動画のトップ画面
https://www.intelligent-home.jp/

ECサイトデザイントレンドは何?

WEBチャットはトレンドとなるか?

2019年、ECサイトではチャットボットがトレンドとなるかもしれない。 なぜなら、Aiやディープラーニングの進歩で、より賢く効率的になる可能性が高いからだ。

チャット
https://www.aliceandwhittles.com/?sscid=31k3_a8201%20#home

ナビゲーションメニューは上部が基本? それとも左か?

これまで、ナビゲーションメニューは最上部に固定配置が定番だったが、プルダウンメニューなどはメインコンテンツの閲覧を妨げているとも考えられ、最近では左側に配置されるのがトレンドとなっている。

左側にメニュー
https://www.dropdead.co/

ECサイトの商品画面は情報過多ぐらいがちょうど良い

最近のサイトデザインはメッセージが一目でわかるようシンプルにデザインする傾向が強いが、ECサイトデザインは逆の場合が多い。 つまり、ECサイト内に商品数が多いことや商品説明が細く記載されるものが受け入れられている。
つまり、ユーザーは商品を購入する前に、他の商品と比較し、詳細情報を読み、 可能な限りその商品について知ろうとする傾向にある。
デザインはシンプルが基本であるが、そのために必要な情報を省略してはならない。
下記のサイトでは、言葉では説明できない商品の良さを数秒の動画再生で示している。

動画で商品説明
https://www.toryburch.com/

まとめ

以前から続いているトレンドもあったが、デザイントレンドをチェックし、Webサイトを使いやすく、魅力的に見せることは重要な要素である。
「デザインを最適化する」、「適切な形でサイト構築する」とは、トレンドをふまえつつ、様々な環境の人が快適に閲覧でき、また、色々な世代の人が使いやすいデザインを構築することである。
そうすることで、一人でも多くのユーザーを獲得することが可能になり、収益の確保にも繋がるのである。

関連する記事

盛り上がる中国のライブコマース  日本ではどこまで普及してる?... 中国では、今、「ライブコマース」が盛況である。ライブコマースとは、LIVE配信型Eコマースである。 よく、弊社のASPカートLive Commerceと勘違いし、お問い合わせいただくこともあるが、弊社のLive Commerceは越境ECサイト構築を支援するシステムである。お間違いないよう...
グーグルが爆発的成長を予測するインドネシアのEC市場... インドネシアのEC市場は2018年の270億ドルから、2025年までに3倍の1000億ドルに達し、東南アジア最大の市場なると予測されている。 この予測は、米グーグルによる調査が発表したものだが、内容によると次のインドネシアの4分野について大きく成長すると予測している。 ひとつ目は、Eコマ...
2018年 国内EC市場,越境EC市場 成長は鈍化傾向... 5月16日、経済産業省は「平成30年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」を実施し、日本の電子商取引市場の実態、及び日米中3か国間の越境電子商取引の市場動向について、その内容を公表した。 「平成30年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」の...
越境ECサイト・国内ECサイトのCMSを比べてみた... 経済産業省が発表した2017年の日本の国内BtoC市場は、16兆5,054億円と前年より9.1%上昇し、さらにEC化率も5.79%(物販分野)と伸長している。 しかし、EC化率(ECの売上が小売全体の売上に占める割合)は世界に比べるとまだまだ低いという現況がある。 ちなみに、EC化率の高...
越境ECで売り上げ好調なサイト -NO.2 –... 日本では国内向けEC市場は成長を続けるものの、少子高齢化問題など、一部市場では伸び率に翳りが見られる分野もある。そのような中、早い時期に国内から海外に視点を変えることで、成功している企業も多い。12月20日のジェトロの報告書にもあるように海外販売で日本の商材を販売するという市場は魅力的な分野...
イギリスの越境EC、Eコマース事情 2016年に日本に訪れたイギリス人は29万2,457人となっており、ヨーロッパ諸国では、日本へ訪れた国民が一番多かったのがイギリス人である。 また、イギリス人は旅行支出額が大きいこと、ビジネス関連で訪日が多いのが特徴のようだ。イギリスの人口は約6,490万人、そのうち93%がインターネット...

タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加