« ブログのトップページに戻る

ヨーロッパの関税、税金について

   投稿者 : 2017年1月18日 By

イメージ画像

今やスマートフォンで海外サイトのショッピングを楽しめる時代だ。下記の図はヨーロッパEU国内と国外との取引を比較したものだが、確実にクロスボーダー(海外オンラインショッピング)の割合が増加している。
ヨーロッパ国外及び国内においてはヨーロッパ国外の商品を確実に購入する消費者が増加している。 現在はの全世界のオンラインショッピングの売上高はおよそ1兆7000億ドルと言われているが、2018年には2兆3000億ドルになると言われている。
そのため様々な企業がオンラインビジネスに着手し、世界を舞台に商品やサービスの販売が拡大している。 UPSの報告書によると24%のオンライン消費者が海外のサイトで購入すると言われている。
ボストンコンサルティンググループは年間のクロスボーダーのEコマースの売り上げは2025年には2500-3500億ドルに達すると言われている。ヨーロッパはこれの25%に相当するだろう。
そこで、クロスボーダー(越境ECサイト)で取引をする場合に注視しておかなければならない重要なポイントとして関税などの税金のシステムについてである。
今回はヨーロッパの翻訳会社Textmasterのレポートを参考にそれぞれの取引形態による税率を分かりやすくまとめてみた。

図表01

●EU圏内は無税

取引形態がまず、B2BかB2Cなのか、または販売する側の国の税率か買い物をする側なのか、特にヨーロッパはEU圏内は基本的に無税なので、これも大きく左右するだろう。さらにデジタル化した書籍や教育コース、ゲームなども税金の対象になるためチェックする必要がある。

 

●オンラインショッピングの消費税(VAT)

 

取引形態によるVATの課税対象国

課税対象国

オンラインショッピングの消費税(VAT) B2C(個人の消費者向け)この場合は、設立されたばかりのスタートアップの会社の場合は、自分の国の税率が適用されるケースもあるが、国によって様々である。
基本的には消費者の国の税率が適用される。上記の表にもあるようにヨーロッパ圏内でのB2Cの取引は通常の取引は販売国の税率、しかしオンラインでのサービス商品は消費者の国の税率に分けられているようだ。

 

●例 B2Cの場合

消費税

●B2Bの場合

B2Bの場合は基本的に税金は課税されない、同じ国においてはその国の税率が課税される。2015年の1月よりB2Bでオンラインで販売される全ての商品に関して、消費者側の国の税率が適用されることになった。

1. サービス料金は消費者の国の税率

2. サービスプロバイダーはヨーロッパ各国の消費税を申告する義務がある。それぞれの国の税率も異なるため、複雑な申告を回避するためにMOSS (Mini One Stop Shop)というプラットフォーム上から申告が可能である。

 

●関税

一般の消費税に加えて国境を越えると関税が発生する。これらの税金の支払い義務は通常は消費者になるが、これを消費者が購入する前に知らないでいると、トラブルになる可能性が高く、ソーシャルメディアなどで悪い評価をされ、結果的に売り上げの妨げになってしまう。関税は、商品の値段、運送料、二カ国間の契約条項、HSコードなどに基づいて計算される。

 

●各国の関税に関する情報

 

●消費者契約法について

EU の消費者契約法に基づいて、EU圏内の規定が定められているが、例えばフランスに商品を販売する場合、ウェブサイトがフランス語に翻訳されている場合は、基本的にはフランスの消費者契約法となる。
これは2014年の6月から施行、法律をEU圏内で統一しておくことによってEUへの海外進出を考えている企業にも分かりやすいシステムを導入している。

 

●まとめ

ヨーロッパにおいては、ヨーロッパ国内より海外のサイトでのオンラインショッピングが確実に増えてきている。以前は海外からの購入となると納期や決済のなどの障壁もあったが、今は決済会社、物流も日々発展しており、消費者が安心して買い物ができる環境が整ってきているようだ。
ヨーロッパへの進出となると様々な国の言語が違うためラベリングの翻訳から国の配達事情などをチェックする必要があるが、オランダは国内で300社以上あり、それぞれの会社の規模に応じてのサービスがあり、ヨーロッパの物流センターの拠点には最適である。

関連する記事

越境ECサイト・国内ECサイトのCMSを比べてみた... 経済産業省が発表した2017年の日本の国内BtoC市場は、16兆5,054億円と前年より9.1%上昇し、さらにEC化率も5.79%(物販分野)と伸長している。 しかし、EC化率(ECの売上が小売全体の売上に占める割合)は世界に比べるとまだまだ低いという現況がある。 ちなみに、EC化率の高...
加速する越境EC! 今、越境EC市場を捉える... 日本の総人口は、出生率の低下から、大きく減少することは明らかである。(図-1)を参考いただきたい。2010年に1億2806万人だった人口は徐々に減少し、50年後の2060年には8674万人とも予測されている。 さらに総人口の39.9%が65歳の高齢者となる。超少子高齢化社会となるのは周知の事...
東南アジア最大級のECサイトLazada(ラザダ)を調べてみた... 越境EC市場というと中国が中心と言わざるをえないが、今、急成長を遂げ、中国の次のマーケットと呼ばれているのが東南アジア市場だ。東南アジア市場では、東南アジア6カ国で展開しているモール型ショッピングサイトがあることをご存知だろうか?Lazada(ラザダ)というサイトだ。 Lazadaは昨年、...
ヨーロッパEU諸国の平均収入まとめ 気になる各国の平均所得、最低賃金、これらのデーターに基づいて、マーケティング、価格設定することは越境ECサイトにおいて非常に大切なこと。現在のヨーロッパEU諸国の平均収入はどうなのかを知ることは、ヨーロッパへ海外進出を考えている企業にとってビジネス、生活において必須となる。 今回はヨーロッパ...
ebayが日本再上陸 勝算はどこにあるのか?... 2月27日(現地時間)米ebayはアジア各国で展開するECサイト「Qoo10(キューテン)」を運営するジオシスから、日本事業を買収したと発表し、実質、ebayは日本EC市場に再度参入することとなった。 ebayは1999年にヤフーオークションと同様のネットオークションサイトとして、日本に進...
イギリスの越境EC、Eコマース事情 2016年に日本に訪れたイギリス人は29万2,457人となっており、ヨーロッパ諸国では、日本へ訪れた国民が一番多かったのがイギリス人である。 また、イギリス人は旅行支出額が大きいこと、ビジネス関連で訪日が多いのが特徴のようだ。イギリスの人口は約6,490万人、そのうち93%がインターネット...

タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加