« ブログのトップページに戻る

Live Commerce で作る予約販売商品の設定

   投稿者 : 2016年12月20日 By

Live Commerce には正確には予約販売機能というものはありませんが、予約販売は運用でカバーできるため、予約販売を行いたい方はやってみましょう。

予約販売を行うには、クレジットカード決済としてペイジェントとの契約が不可欠になります。(予約販売を代引きで行う場合は必要ありません)

ペイジェントのクレジットカードと契約ができると、お客様のクレジットカード番号の与信期間として最長60日間保持することができます。

以下のような運用ができます。

  1. 予約商品を通常の商品と同じように登録します。
  2. お客様はその商品を本日購入します。
  3. 60日間の与信期間があるので、その間に発送を行います。
  4. ペイジェント側で発送を行った日に売上確定処理を行います。
  5. 顧客は 4の日時が実際にはカード会社として利用した日になります。

以上で予約販売を行うことができます。

関連する記事

コア商品ーパレートの法則とは? パレートの法則をご存じだろうか? ウィキベディアによると、パレートの法則(パレートのほうそく)は、イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートが発見した冪乗則(べきじょうそく)。経済において、数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出しているという理論。80:20の法則、ばらつきの法則と...
中小企業に必見!Black MilkにみるPinterest活用術... 2009年にオーストラリア人の青年が立ち上げたレギンス及び衣料品メーカー「Black Milk」は、SNSでファンを獲得することにより、今や世界中に商品を販売する人気メーカーに成長しました。 Instagramでは75万人のフォロワー、Facebookでは60万もの「いいね!」を獲得している...
物流ロボットはここまで来た!! インターネット通販を利用すれば、いつでもどこでも欲しいものが手に入る、Eコマース全盛の時代。ここまでネットで買い物ができる時代になった背景には、小口多頻度配送を支える多くの物流の人的、機械的な下支えがあった。 しかし、ますます増え続ける配送量に物流業界の人的不足は進行し、これから先の時代は...
2016年、日本のEC市場はどうだった? 今回も前回に引き続き経済産業省から2016年の「我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」報告書に基づき、国内のEC市場を中心にまとめてみた。 報告によると、日本国内のBtoC-EC市場規模は、15兆1,358億円。前年より9.9%増加したとしている。 各分野では物販系分野で8兆43...
今年はInstagramで海外集客を始めよう 今年1月11日、MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)は「2017年スマートフォンアプリコンテンツに関する定点調査」の結果を公表した。 この調査内容は2017年12月22日〜12月23日の間、インターネット調査による、スマートフォンを所有する20歳から69歳の男女558人を対象...
インバウンド集客には何が重要か 2018年9月12日、日本政策金融公庫総合研究所が融資先の中小企業3,290社(小売業や飲食店・宿泊業・運輸業など)を対象に行った「外国人観光客の受け入れに関するアンケート」の結果を発表した。 その調査結果によると、中小企業の外国人観光客受け入れについては過半数以上が前向きで、積極的な受け...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。