オランダ アムステルダムでのE-commerce イベント

イメージ画像

起業ブームであるオランダでは、ビジネス情報雑誌の出版社であるEmerceが、ウェブサイトの経営者や業者のニーズに合わせたテーマ(イノベーション、ネットビジネス、メディア&マーケティング)に関する様々なイベントを主催している。
今年の6月にアムステルダムで開催された、第一回 E-commerce Live! セミナーでは、合計1330人が参加し、ますますE-commerceの関心が高まっている。
今回はオランダはアムステルダムで開催された、セミナー、イベントについてその内容を紹介する。

イベント01

第一回 E-commerce Live! セミナー講演者には、Google, Zalando, Ebay,Etsy, KLM, Fashionchick, Amsterdam Vrije University,Westwing Home&Living, Travelbirdなど、有名企業も参加しており、ヨーロッパにおける最新情報、トレンドを知るチャンスである。

イベント02

10月にアムステルダムで開催された eRetail ヨーロッパ 2015は、ネットショップ業界のリーダーが集う会議であるが、その中の一人、Zalandoの Dona Durthuizenは、インタビューで、今後の課題は、モバイルサイト上の小さなスクリーンでいかに分かりやすく商品を説明できるかという事だと語った。
すでに、この会社は、モバイルだからこそできるアプリ機能ー自分のほしい商品の写真を撮り、検索する、提案するというユニークな機能を利用している。
現在、1640万人の顧客数に成長したZalandoは、パーソナライズするーつまり顧客の好きなスタイルを提案するようなプログラムの導入が顧客の心を掴んだと彼女は語っている。
そのインタビューの動画はこちら

講演者

そこで、第2回は、来年の5月25日にもアムステルダムで開催される予定である。ヨーロッパをはじめとする世界の旬な情報交換、ビジネスネットワーキングをできる絶好のチャンスである。
大型小売店やネットショップ経営者、直販業者、製造業者、卸売業者やブランド会社などが集結し、終日、E-commerceに関する最新の開発ソフトや人気商品や流行トレンドなどについての情報交換や、ワークショップ、パネルディスカッション、セミナー形式で行われる。

主なトピックについては下記の通りである。

  1. 越境ECサイトの決済ソリューション
  2. サプライチェーンと在庫管理
  3. 物流、納品
  4. マーケティング、コミュニケーション
  5. データ管理と分析
  6. モバイルショッピング
  7. オムニチャンネル(*)
  8. ソーシャルメディア CRM 顧客関係管理
  9. ITテクノロジー、ソフトウェア
  10. 顧客フィードバック、修理メンテナンスサービス
  11. オンラインセキュリティー
  12. 法律
  13. 顧客へのコンタクト
  14. デザイン、オンラインチャット通話や経験

(*)オムニチャンネルとは

実店舗やオンラインストアをはじめとするあらゆる販売チャネルや流通チャネルを統合すること。
及び、そうした統合販売チャネルの構築によってどのような販売チャネルからも同じように商品を購入できる環境を実現すること。

さらに、参加した業者の扱う商品は、次の通りである。

  1. 電化製品、家電用品
  2. 電話、PC
  3. ファッション、服、シューズ
  4. スポーツ用品
  5. 旅行
  6. 保険、ファイナンシャルサービス
  7. 音楽、エンターテインメント、本
  8. ハウス、ガーデン、インテリア
  9. 自転車、モーターバイク、自動車
  10. DIYショップ
  11. ペット用品
  12. おもちゃ
  13. 時計、宝石
  14. エネルギー
  15. 教育

 

動画のインタビューでも語られているように、オランダにはイノベーション、IT部門の起業家も多く、Googleなど業界トップの企業も参加し情報をシェアしている。
堅苦しくなく、フリースタイルでのラウンドテーブルディスカッションや、講演、他の参加者と気軽に情報交換やビジネスの話ができ、様々な業界のプロフェッショナルとネットワークも築けるセミナーとなっている。
オランダでは英語も通じるので多くの日本企業も進出している。ヨーロッパスタイルのE-commerce の知る良い機会になりそうだ。

アムステルダムでの今後のイベントの予定(参加申し込み要、メールマガジンに登録すれば無料)

  • 12月15日  e-Financial ファイナンシャル関係
  • 2月18日   e-Travel 旅行会社
  • 3月17日     e-Retail 販売業
  • 3月22日  Social Conference ソーシャル
  • 4月7日   E-Recruitment リクルートメント
  • 4月21日  Emmerce Conversion  コンバーション
  • 5月25日  E-commerce Live!  E-Commerce 全般
  • 5月26日  Degital Marketing Live! デジタルマーケティング

 

参考サイト:http://www.ecommercelive.nl/ http://www.emerce.nl/e-commerce

関連する記事

越境EC フィリピン市場の可能性 越境ECというと、ターゲットとする市場は、まず、アメリカ、ヨーロッパ市場、さらに中国、香港、台湾、韓国など思い浮かぶが、東南アジア諸国、ASEANも昨今、EC市場の成長が著しく、見逃せない地域となっている。 東南アジアのEC市場は今現在の市場は小さくとも、今後は爆発的な成長を期待できるだろ...
インバウンドECサイトから越境ECサイトへ... 4月27日、電通は2018年1~2月に実施した「ジャパンブランド調査2018」の結果を発表した。 この調査は世界20か国・地域を対象に、日本に対する好感度や訪日旅行意向などをアンケート調査したものだ。 それによると、「日本のことが好きな国・地域」のとトップは同率で台湾、タイ、フィリピン、...
JANコードが海外販売に有利な理由 店舗で売られている商品には必ず、商品パッケージに必ずバーコードがついている。 バーコードと呼ばれている、縞模様と数字で表されいる表記は商品を管理するためのコードである。 これをレジで店員がコードリーダーで読み取ることで、その商品の情報や売れた時間、個数などが記録され、POSシステムをはじめ...
サービス利用料金改定についてのご案内... Live Commerce 管理画面にはすでに通知のとおり、近年におきましてはWebアプリケーションのぜい弱性を悪用した攻撃やネットワーク障害などにより受注データが正しく登録されない場合のデータ保全など、ECサイトを運用するためのセキュリティーにかかる維持コストが現在提供している価格帯では吸収しきな...
メーカー側から見た海外販売の全体像 – 越境EC販売マップ... 当社への問い合わせで増えているのが、メーカーが海外販売をこれから仕掛ける時に、どうやって海外に販売すればいいのかという、抽象的なお問い合わせが多くなってきています。 2015年、2016年と年々越境ECへ参入する企業が増える中、毎月のように越境EC関連の新サービスなどのニュースが飛び交っていま...
人気上昇中の送金アプリ「Venmo」の魅力とは?... 大学キャンパスにて、お財布を自宅に忘れた友人にサンドイッチ代6ドルを貸しました。「今度会ったとき、必ず返すね!」という友人に「Just Venmo me!(Venmoで返してくれたらいいよ)」と答える、などという風景がアメリカでは当たり前になっているようです。 個人間の送金アプリ「Ve...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ