« ブログのトップページに戻る

オンラインストアに欠かせない!便利ツール10選

   投稿者 : 2015年1月26日 By

イメージ写真

Eコマースが広く普及している現在、ストア運営をサポートしてくれる便利なツールも続々と登場しています。定番のものからユニークなものまで、オススメのツールを集めてみました。

1. Google アナリティクス

Googleアナリティクスは無料で利用できるアクセス解析ツールです。訪問頻度や滞在時間からコンテンツの人気度合いを測るコンテンツ分析、ソーシャルネットワークからのコンバージョン率などによりソーシャルネットワークの影響を調べるソーシャル解析、モバイルアクセス解析、コンバージョン解析などにより、ユーザーのサイトへの訪問経路や、サイト上の行動など、サイトの改善に役立つ情報を得ることができます。

2. PayPal(ペイパル)

決済代行サービスのペイパルを導入しておけば、ペイパルのアカウントを保有する顧客に、登録したメールアドレスとパスワードの入力のみで完了する手軽な決済手段を提供できます。ストア側が導入する際のビジネスアカウントの利用には、アカウント料や月額利用料は無料で、料金の受け取りにかかる決済手数料(国内3.6%+40円、海外3.9%+40円)のみ徴収されます。月額30万円以上の売上がある場合は、売上に応じて手数料が安くなるマーチャントレートという制度もあります。

3. Zendesk

Zendeskは、カスタマーサービスの助けとなるツールです。Zendeskを使えば、自社サイト、メール、電話、ソーシャルメディアなど、あらゆるチャンネルからのお客様の問い合わせを、担当者が対応しやすい形に一元管理してくれます。プランは月額1ドルからで、30日間無料のトライアルもあるので、カスタマーサポートに頭を悩ませているなら試してみる価値はあります。ちなみに、多言語にも対応しています。

Zendesk

4. DropBox

確かなセキュリティのもと、ビジネスで使用するファイルを保存し共有できるDropBoxはEコマースでも活躍します。PC、スマートフォンなどあらゆる端末からアクセス可能なDropBoxは、無料のベーシック版でも2GBの容量を利用でき、ファイルをバックアップしてくれます。
またビジネス向けのプランでは、利用ユーザー1人につき月額1,500円で、1TB(1,000GB)まで利用でき、無制限のファイル復元やバージョン履歴も残してくれます。ビジネスに関するあらゆるデータをチームメンバーや仕事に関わる外部の人とも共有でき、快適なビジネス環境を整えることができます。

5. Benchmark

Eメールマーケティングは、Eコマースサイトを運営するうえで重要なマーケティング手法です。Benchmarkを使うと、豊富なテンプレートから個性的なメールを作成できることはもちろん、効果測定や顧客に応じたカスタムメールの自動配信など、マーケティング機能を多く備えたサービスを利用できます。料金プランは、月あたりのメール配信数、配信先アドレス数により設定されます。月に10万通以上配信の場合は専用サーバー・プランも用意されており、ニーズに応じた活用が可能です。

Benchmark

6. Canva

Canvaは英語のサイトですが、ブログ記事からFacebookのカバーページ、ポスターやチラシに至るまで、ビジネスに必要なさまざまな媒体を、簡単にかつおしゃれにデザインすることができます。アカウントを作成すると、デモデザインの作成プロセスをナビゲートする形で使用方法を説明してくれるので、簡単な英語が分かれば利用できます。なにしろ無料のツールなので、気軽に試すことができます。

Canva

7. Hootsuite

Hootsuiteは複数のソーシャルメディアアカウントを管理できるツールです。無料プランでも、1つのダッシュボードから複数のソーシャルメディアへの投稿、閲覧、返信ができる上、予約投稿も可能です。しかもソーシャルメディアによる効果を測定することもできます。ソーシャルメディアの管理にかかる時間と労力を大幅に節減できるツールです。

Hootsuite

8. TOPSY 

Twitterの検索・分析サービスを提供するTopsyは、2013年末にAppleにより2億ドル以上で買収され話題を呼びました。Topsyのサイト上では、2006年からのすべてのツイートからキーワード検索したり、キーワードごとにつぶやかれている回数の推移を把握できます。インフルエンサーを探したり、競合他社のソーシャルメディアでの影響力を調べるなど、さまざまな用途に使えます。

Topsy

9. Skitch 

Skitchは撮影した写真やスクリーンショットに、文字や図形を手軽に書き込むことができる無料のツールです。SkitchをインストールしてEvernoteのアカウントを作成すると、SkitchとEvernoteをインストールしたあらゆる端末から利用することができます。チームメンバーやWebデザイナーに分かりやすい形で指示を出し、その情報を共有できるなど、関係者間でのコミュニケーションをよりスムーズにしてくれます。

Skitch

10. Responsinator 

Responsinatorはモバイル端末で自社サイトがどのように見えるかを無料でテストできるツールです。ツールと言っても使い方は極めて簡単です。「Enter your site」と書かれた空欄にウェブサイトのアドレスを入力して「Go」ボタンを押せば、iPhoneやiPadなど、主なモバイル端末にどう映るかが表示されます。レスポンシブデザインの確認には欠かせません。

Responsinator

まずは試してみよう

ご紹介したツールは、無料で試せる期間や無料プランが設定されているなど、手軽に試せるものがほとんどです。興味を引くものがあれば、この機会にぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

参考:

10 Must-have tools to run your online store
10 of the Best Ecommerce Tools to Help You Win this Holiday Season
10 Free Tools for Every Ecommerce Professional

関連する記事

ヨーロッパのECビジネスの拠点は? EC越境サイトビジネスは、アジア、アメリカのブームに続いてヨーロッパでも急成長している。 ヨーロッパは世界でも有数の大規模市場、海外進出を考えている企業には見逃せないエリアである。 ヨーロッパ市場は新興国も含め、特にECビジネスにおいて急速に変化を遂げており、特にEU圏内での取引をスムーズに...
越境ECはどう変わる?【2017年JETRO報告書から】... 7月31日、日本貿易振興機構(ジェトロ)は2017年版『世界貿易投資報告』を発表した。 報告書の内容は、世界貿易全体では3.1%の減と2年連続の減少となったことや、日本の貿易収支は6年ぶりの黒字であったこと、さらに電子商取引(Eコマース)市場の将来などがまとめられている。 今回は、この報...
越境ECで売り上げ好調なサイトは? 越境ECで海外に販路を拡大しようとする企業が増えている。越境ECとは日本から世界に向けネット販売することだが、言語、物流、決済、クレーム対応などの問題をクリアすれば、世界に向け消費者を開拓することができる。これからは、この市場はさらに拡大し、品質や価格面だけではなく、きめ細やかな顧客対応、商品数...
海外のECサイトマーケット情報 海外のECサイトを運営している会社、そしてそのマーケットシェアはどうなのか最新の情報をまとめてみた。 まず、昨年度2015年10月の結果は次の図の通りで、1位がWooCommerce、Magnentoが2位であった。結果的に両社のマーケットシェアで約半数となり、この2社が独占していると思われ...
求められる音声SEOとVSEO対策のポイント... 検索エンジン対策(SEO対策)は、今の時代、Webサイトの上位表示ためのSEO対策、最適化だけではなくなってきた。 昨年から次々に日本に上陸しているスマートスピーカーの現況は、これからは音声検索でも上位になるように設定することも同時に行う必要があるだろう。 さらに、YouTube動画から...
比較! こんなに違う日本とアメリカのランディングページ... 日本のランディングページはスタンダードではないとよく言われる。 ランディングページはその国の人々のニーズ、文化、習慣に合わせて、独自に変化してきたものであるので、グローバルな意味で同じ必要はないと思うが、今回は日本とアメリカのランディングページの違いについて、どのように違っているのかを調べて...
このエントリーをはてなブックマークに追加