« ブログのトップページに戻る

画像について語り合える!Pinterestの新機能

   投稿者 : 2014年9月4日 By

メッセージ機能を搭載

2014年8月7日、Pinterestは気に入ったピン(画像)をメッセージ付きで送信、返信もできるメッセージ機能を追加しました。画像を介したメッセージのやりとりが、どのようにビジネスの幅を広げるのかをご紹介します。

メッセージ機能とは?

まずは、Pinterestのメッセージ機能を見ていきましょう。送りたいピンを選択して、相手もしくはグループ(10人まで)を指定し、メッセージを入力して送信すれば、画像とともにメッセージを送ることができます。また、受けた相手はメッセージだけを返信したり、別のピンを添付して返信することもできます。
Pinterestは約1年前にピンを送ることができるサービスを始めましたが、「ピンを送るだけではなく、双方向の対話ができるようにしてほしい」という要望がユーザーから多く寄せられ、アップデートされました。メッセージ機能はPCで使えるWeb版とAndroid、iOS向けのアプリによるモバイル版で利用できます。

pinterestのメッセージ使用例

パートナーと今晩の食事レシピについて相談したり、友達と旅行プランについて話し合ったり、さまざまなシーンでの利用が想定されますが、ビジネスにおいても少なからぬ影響を与えそうです。

ビジネスへの影響はいかに?

イメージ重視のビジネスで活用

メッセージ機能のおかげで、画像を二人もしくはグループ間で共有しながら、さまざまな対話ができるようになりました。社員同士であれ、顧客との間であれ、ビジネスを進めるうえでの具体的なイメージの共有に、大いに活用できます。
車のデザインを担当するチームにおいて、メンバーが自由にイメージ案を出し合うブレーンストーミングに利用したり、建築士が依頼されたマイホームの設計において、顧客の持つイメージをより具体的に把握するために利用したり、あるいは、ウェディングプランナーが卓上のデコレーションのイメージを把握するために利用したり、とさまざまな活用法が考えられます。Pinterestのメッセージ機能はスマホで手軽にできるので、リアルタイムなイメージの共有が求められるビジネスにおいては大いに活用されるでしょう。

検索増加に備えよう

メッセージ機能の追加により、ユーザー同士のやり取りが増加することが見込まれます。ピンが検索される回数も増えるので、自社のボードやピンが表示されやすくするための対策を改めて講じておいた方がよいでしょう。リッチピン(ピン自体に追加情報を含めることができる機能。ムービー、レシピ、リーディング、プロダクト、プレイスの5 種類あり、例えばプロダクトピンでは現在の価格や在庫状況などが表示できる)を利用したり、Pinterestから公式ウェブサイトとして認証されれば、検索結果においてより上位に表示されるようになります。また、ピンに添える説明文に検索されやすいキーワードを盛り込んでおくことも重要です。例えば、ファッション系のピンであれば、アイテム名、ブランド、着用シーズンなどを記載し、旅行系のピンであれば、場所、人気のあるアクティビティなどを記載します。キーワード関連では、今後導入されるPromoted Pin(クリック単価制で特定のピンをユーザーのタイムラインに表示させる広告サービス)などにも登録しておけば、キーワードに合致した広告として表示されるので効果的です。

機能が広がるPinterest

これまで個々のユーザーが好きな画像を集めて、自分好みのボードを作成するという趣味的要素の強かったPinterestにメッセージ機能が追加されたことで、ユーザー同士の交流という新しいフィールドが広がりました。ユーザー数や利用回数の増加に伴い、ビジネスでの活用もより活発になることが予想されます。Eコマースへの展開も含め、今後もPinterestの動向からは目が離せません。

参考:
Pinterest Updates ‘Send a Pin’ to Boost Interaction. Is E-Commerce Next?
ピンタレスト、「ピン」を付けた画像について語り合える「メッセージ機能」を追加

関連する記事

「ハイパーローカル」なジオターゲティングとは?... 「ジオ(=地域)ターゲティング」とは、パソコンのIPアドレスから閲覧者の居住地を解析し、その情報を利用する技術のことです。閲覧者の居住地を絞り込むことで、特定の地域に向けた広告や情報配信を行うことができ、特定の地域を意識したマーケティングを行うことが可能です。大まかにしか地域を特定できなかったI...
活況する中国越境ECの今 先週、中国のECサイトが一斉にセールを行う11月11日「独身の日」は中国のショッピングサイトでは最大の商戦日だった。 中国最大手のアリババグループはこの11月11日、1日だけで、昨年は約2兆500億円の取引額(売り上げ)をあげている。今年はどのくらいの取引額があったのだろう? また、中国の...
インスタグラムで集客するときのポイント... SNSツールで一般的なのは、Line、Facebook、twitterであるが、ここにきてユーザー数を獲得しているツールがインスタグラム(Instagram)である。インスタグラムは2014年の時点で月間ユーザー3億人、利用者の68%が女性、90%が35歳以下の男女であり、ファッションに敏感な世...
色がもつイメージ:安心と信頼をメッセージする=ブルー効果... 色が何らかのサインを送りだしていることは誰もがよく知っている。誰がどんな色を選ぼうと、共通しているのは、その色に対して人は反応するということだ。私たちは色に条件反射し、気づくこともない。色に対する反応は直観的反応とも言われ、個々の色は人の本能的な反応と密接に関係し、その反応は生理的、感情的、環境...
Instagramの写真から即購入できる「ショッピング機能」とは... 昨年の流行語にもなった「インスタ映え」。その勢いは今も衰えを知らない。 日本のアクティブユーザーは2,000万人を突破し、6月21日のインスタグラム公式ページでは、ついに世界中の月間アクティブユーザーが10億人を突破と公表した。 多くの企業では、この勢いに乗ろうと、商品画像、動画など配信し...
顧客満足度6年連続1位のヨドバシカメラ、その秘訣は?... ヨドバシカメラはインターネット、ヨドバシ・ドット・コムでは驚くべき変化、進化を遂げている。家電量販店とは思えないくらいの品揃えと、その配送の早さなどで顧客の心を掴んだのだ。今やECサイトの王者、Amazonさえも意識せざるを得ない存在となりつつある、ヨドバジ・ドット・コム。 今回は2015年...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。