« ブログのトップページに戻る

ECサイトのリピート率アップのためのポイント

   投稿者 : 2015年12月14日 By

イメージ画像

直営ECサイトを運営されている方なら、自社ユーザーを活性化させたい、リピーターによる売上げを上げるための施策を日々行っていることだろう。新規顧客を広告などにより集客した、獲得したまでは良いが、その後のリピート売上が伸びない、お客様に対してフォロー施策が重要と思いつつ、自社内に計画的に行われず、悩まれているいる方もおられるだろう。
今回は新規顧客を獲得から、リピート率を上げるための施策についてそのポイントを整理してみた。

 

1.そもそもECサイトのリピート率はどのくらい?

 

リピート率とは、自社サイトから商品を購入したお客様が、再度、商品を購入する比率を意味する。例えば、100人の顧客を新規に獲得し、その中の30人が再度、商品を購入した場合、リピート率は30%となる。

リピート率を高くすることが、売上げアップにつながり、さらに広告予算を確保でき好循環が生まれる。そのためにはどのようにリピート率を高めるかが重要であり、ECサイト成功への鍵がリピート率の確保といえる。

一般の自社ECサイトの場合のリピート率は30%~40%とされている。ある程度の商品数が揃っていれば、10%前後はキープできるといわれ、ファッシヨン系ECサイトの場合は平均リピート率は35%となっている。ブランド力が高い通販サイトでは50%を超えるところもある。
また、化粧品、食品、消耗品などのECサイトは平均リピート率は50%と高い値となっている。これら日用品を扱っているサイトは、リピーターの確保が必須で、しっかりとした施策に取り組む必要がある。

 

2.ECサイトを利用するユーザーは何を重要としているか?

 

下の図はGMOペイメントゲートウェイの自社ECサイト利用ユーザーの「ECサイト利用実態調査」の結果をまとめたものだ。
この調査は、直営ECサイトを利用する805名を対象に行ったものだ。

グラフ01

グラフ02

グラフ03

 

「利用するECサイトを選ぶ時に重要視すること」を聞いた結果は、「商品のラインナップ」「サイトの使い勝手の良さ」など、4項目が半数を超えている。さらにリピートする理由は「サイトが信頼できる」「品揃え」が上位で、「価格」より重視されている。
また、「ECサイトの利用にあたって不安に思うこと」では、商品に関する不安より、セキュリティに対して不安を感じている人が多く、サイト構築ではそれらを万全にし、安心、安全を明示することが必須である。

グラフ:GMOペイメントゲートウェイ-直営ECサイト利用ユーザーの「ECサイト利用実態調査」より引用

 

3.リピート率を高くするポイント

 

リピート率を上げるためには新規顧客を大切にし、新規顧客をリピーターにすることが、最も重要である。まず、会員になってもらうことである。
魅力的な商品ラインナップ、セキュリテイ、信頼に値するデザイン、商品価格などで新規顧客にサイトアピールし、会員になっていただくことが、第一である。
会員になっていただき、顧客リストができれば、積極的にアプローチする。例えば、「送料無料キャンペーン」「会員ポイント特典」などでの販促する。
さらにスタッフからのお手紙などの定期的なメルマガを送ったり、また、商品の使用方法や豆知識など、顧客に有益な情報を日々サイト更新すると閲覧頻度が高まり、リピート率向上につながる。

整理すると以下の4つがポイントとなる。

  1. 魅力的なフロントエンド商品で自社サイトで商品購入
  2. 商品購入と同時に会員になっていただく
  3. 会員特典でリピート率を高める
  4. 定期メルマガ、有益なコンテンツ提供でブランド認知を高め、自社ファンとして定着。リピート率を維持。

 

4.リピート率を高くするための4つの機能

 

1.メルマガ送付機能

顧客データにより、メール送付できる機能は、たとえば「お誕生日の方へ特典を配る」など施策を行う。

2.ステップメール機能

商品購入されたお客様に、関連商品を提案する機能は、分析機能から導き出された、未購入の関連商品をメールでお知らせできる。

3.定期購入機能

定期的なサイクルで、商品が届くサービス。定期購入では通常購入より価格が安い、毎回注文の必要なし、定期購入プレゼントなどで訴求し、購入率をあげる。

4.会員ランク機能

購入回数や購入金額に応じてお客様をランク分けする機能が会員ランク機能である。会員をランク分けすることで、割引サービスを行うことができる。

 

まとめ

経営の神様ドラッカーによると、「会社の売り上げの8割はリピーターから生まれる」とある。
リピーターが増えれば増えるほどビジネスの安定感、成長速度も向上する。
ECサイトでは新規顧客獲得が重要だが、さらに、リピートしていただくけるような会員優遇の仕組み、機能を備え、リピート率を上げECサイトのファンになっいただくことが重要である。

関連する記事

海外ビジネス向け「海外送金サービス」比較... インターネットのおかげで海外とのコミュニケーションだけでなく、貿易、物流、金融など様々なモノの取引が便利な時代になった。その中でも、税金や海外送金については、未だに頭を悩まされているビジネスオーナーは多いらしい。 海外ビジネス取引において海外送金は頻繁に行われるのでコストも削減したいもの。 ...
越境EC 東南アジアでの売れ筋商品は?... 越境ECサイトを構築すると、日本にいながらにして、全世界の消費者を相手に商品販売を行うことができる。越境EC開設は、アメリカや中国だけではなく、全世界の消費者に向けてビジネスを加速させるチャンスである。 今回は、前回の『国別に見た越境ECでの売れ筋商品』に引き続き、東南アジアの各国別の消費...
「自分」ブランドを構築するには? 会社や製品にはそれぞれの独自のブランドがあるが、多くの人が「自分ーパーソナル」ブランド確立は難しいと感じているようである。自らアピールしなければならない、人前にさらされてしまう、もしくは自分の存在や熱意すべてを捧げてしますような恐怖感もある。しかし、「パーソナル ブランディング」は、思ったより難...
今後の海外ビジネス拠点を選ぶのに役立つグローバルエリート都市とは?... 2016年のグローバル都市調査が先日発表された。グローバル都市ランキングとは、ATカーニー社が毎年行う独自の指標で決定される。 全世界125都市を対象とし、まず、「ビジネス活動」30%「人的資源」30%「情報流通」15%「文化的経験」15%「政治的関与」10%の5つの観点(評価基準)から総合...
今さら聞けないモバイル ファースト インデックスとは?... 昨年11月、Googleはモバイル ファースト インデックスのテストを開始したと発表した。本年、早々にでもこのモバイル ファースト インデックスが開始されるだろうと言われており、そのためかどうか、最近はGoogle検索の順位が日々変化しているとの指摘もある。 今回はこの検索結果の順位を大き...
ネットショップ開業のためのショッピングカート比較... 最近は手軽にネットショップを始めたいと言う人が増えている。そんな人に向けてレンタルで利用できるショッピングカートがたくさん登場している。デザインのカスタマイズや商品管理システムなど、シンプルに構成されており初心者でも運用できるものだ。しかし、いろいろあり、どれを使えばよいか迷ってしまう方も多いこ...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。