« ブログのトップページに戻る

PinterestをEコマースに活かす方法

   投稿者 : 2014年8月4日 By

今や7億5千以上のボードに300億ものピン(ボードにアップされている画像のこと、「ピンする」とは気に入った画像をピックアップして自分のボードに貼りつけることです)が存在する「Pinterest」。海外でEコマースを展開する際には活用したいツールです。そこで、最新のアップデートなども交えて、ビジネスに利用におけるポイントをご紹介します。

Pinterestの最新活用ポイント

1. ピンを最適化しておく

300億を超える膨大な数のピンから自分の求めるものを探し出すのは、大変困難になっています。そこでこの春から順次導入されているのがGuided Searchです。例えば「Chicken」と入力して検索すると、「レシピ」「オーブン料理」「サンドイッチ」など、検索をさらに進めるキーワードが一番上に並びます。該当するものをクリックすれば、関連するピンが表示されるという便利な機能です。
企業としてはこのGuided Searchになるべくヒットするような対策を講じておかなくてはなりません。他の検索エンジンに対するSEO同様、なるべく自社のピンに合致するキーワードで説明を記載する、自社のウェブサイトにPinterestのウィジェットを設置し、ウェブサイトからの流入を増やす、などの最適化を施しておきましょう。

画像01

2. モバイル端末を意識する

2012年にpinterestがモバイル版アプリを導入してから、今やスマートフォンやタブレットなどのモバイル端末からのアクセスが全体の75%に上っています。したがって、モバイル端末からのアクセスを念頭に対策を練る必要があります。
自社のボードがモバイル端末ではどのように映っているのか、人々はどのようにモバイル端末でPinterestを利用しているのか、などといった観点から自社のボードやピンを見直してみましょう。また、モバイルからでも「Pin it」ボタンを自社のpinterest画像に設置できるソフトウェア開発キットも提供されています。さらに、ウェブサイトからの流入が増えやすいように、ウェブサイト自体にもレスポンシブデザインを導入するなど、モバイルユーザーへの気配りが必要です。

画像02

3. Pinterestアナリティクスを活用

Pinterestの分析ツール、Pinterestアナリティクスが新しくアップグレードされると2014年6月5日に発表されました。
このアップグレードにより、どんな人が自社のボードからピンしているのかを追跡したり、自社のピンやボードのそれぞれの閲覧数・クリック数・リピン数などを把握したり、他のプラットフォームからの流入をピンごとに把握することが可能になります。ユーザーの属性を推し量り、今後、より具体的なアプローチを行うための便利なツールになるでしょう。

画像03

4. 広告「Promoted Pins」を利用してみる

Pinterestは最近、「Promoted Pins」という広告サービスを開始すると発表しました。自分のボードから指定した画像をユーザーのタイムラインに表示することができるサービスで、CPC(クリック単価制)によるターゲティングも可能です。「ads.pinterest.com」から事前登録ができますので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

画像04

日々進化するPinterestを味方に

Pinterestは、今回ご紹介した最新情報以外にも、その使い方、新しいサービスの内容などについて自社のブログで丁寧に発信しています。アメリカのBlogや日本語版のJapan Blogも盛りだくさんの内容で、ビジネスでのヒントが至るところに散りばめられています。ぜひ一度目を通してみてください。

参考:
6 New Ways to Use Pinterest in your Ecommerce Business
Guided Search: a new way to find what you’re looking for
New tools for businesses

関連する記事

日本のインバウンド市場 世界の中ではどのくらい?... 10月1日から10月8日まで、中国では建国記念日にあたる国慶節と中秋節を祝う超大型8連休となっており、中国メディアによると、最初の2日間で旅行に出かけた中国人は2億人を超えたと報じている。さらに一人当たりの商品購入額も1人平均5000元(約8万5000円)を突破したとも報じている。 中国は...
スマホ・タブレット最適化に「レスポンシブWebサイト」がベストな理由... スマートフォンやタブレットの利用者数の増加にあわせ、Webサイトへのアクセス数のモニタリングから「スマホ最適化の必要性」を実感している人も多いでしょう。 昨年あたりからレスポンシブWebデザインとよばれる、PCやスマホ、タブレットなどあらゆるデバイスに対応するWebページ制作の手法が増えてきました...
日本で買った商品の6割以上が帰国後、再購入されている... 今週10月1日から8日まで、中国の国慶節(日本の建国記念日)、祝日による大型連休があり、日本へ多くの中国人観光客が訪れ、その動向はメディアなどでも紹介されている。 中国人観光客は2015年のような爆買いは見られないものの、多くの中国人が日本各地を観光し、お土産を買い、祝日を満喫しているよう...
海外で売れる日本製品 まとめ 海外向けネットショップという事業をやっていると、よく聞かれることなんですが、 「海外で何が売れてるの?」 これは、当社のお客様との秘密保持があるので、一概に全部を公言することはできませんが、TerapeakとかeBay Japanさんが公開している資料の中から、これは確実に売れると言う商品を今日...
カゴ落ち対策を行っていますか? お店に買い物に行って、料理などのいろいろな食材をカゴに入れ、レジ並んでる間に気が変わって食材を棚に戻すことがある。ECサイトの場合は「カートに入れる」までは完了したが、決済や配送のステップで気が変わり、別のサイトに移ってしまう。 このようにカートに商品を入れたにもかかわらず、途中でページから...
こんなに違うぞ!日本と海外のECサイトの違い... 海外向けECサイトを構築する時、日本人に向けたのECサイトと海外向けのECサイトではデザインを変える必要がある。日本では日本の国民に受け入れやすいサイトデザイン。アメリカならアメリカの、中国には中国の国民に受け入れやすいサイトデザインにし、情報発信したほうが良いのは当然である。 ターゲットに...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。