« ブログのトップページに戻る

PinterestをEコマースに活かす方法

   投稿者 : 2014年8月4日 By

今や7億5千以上のボードに300億ものピン(ボードにアップされている画像のこと、「ピンする」とは気に入った画像をピックアップして自分のボードに貼りつけることです)が存在する「Pinterest」。海外でEコマースを展開する際には活用したいツールです。そこで、最新のアップデートなども交えて、ビジネスに利用におけるポイントをご紹介します。

Pinterestの最新活用ポイント

1. ピンを最適化しておく

300億を超える膨大な数のピンから自分の求めるものを探し出すのは、大変困難になっています。そこでこの春から順次導入されているのがGuided Searchです。例えば「Chicken」と入力して検索すると、「レシピ」「オーブン料理」「サンドイッチ」など、検索をさらに進めるキーワードが一番上に並びます。該当するものをクリックすれば、関連するピンが表示されるという便利な機能です。
企業としてはこのGuided Searchになるべくヒットするような対策を講じておかなくてはなりません。他の検索エンジンに対するSEO同様、なるべく自社のピンに合致するキーワードで説明を記載する、自社のウェブサイトにPinterestのウィジェットを設置し、ウェブサイトからの流入を増やす、などの最適化を施しておきましょう。

画像01

2. モバイル端末を意識する

2012年にpinterestがモバイル版アプリを導入してから、今やスマートフォンやタブレットなどのモバイル端末からのアクセスが全体の75%に上っています。したがって、モバイル端末からのアクセスを念頭に対策を練る必要があります。
自社のボードがモバイル端末ではどのように映っているのか、人々はどのようにモバイル端末でPinterestを利用しているのか、などといった観点から自社のボードやピンを見直してみましょう。また、モバイルからでも「Pin it」ボタンを自社のpinterest画像に設置できるソフトウェア開発キットも提供されています。さらに、ウェブサイトからの流入が増えやすいように、ウェブサイト自体にもレスポンシブデザインを導入するなど、モバイルユーザーへの気配りが必要です。

画像02

3. Pinterestアナリティクスを活用

Pinterestの分析ツール、Pinterestアナリティクスが新しくアップグレードされると2014年6月5日に発表されました。
このアップグレードにより、どんな人が自社のボードからピンしているのかを追跡したり、自社のピンやボードのそれぞれの閲覧数・クリック数・リピン数などを把握したり、他のプラットフォームからの流入をピンごとに把握することが可能になります。ユーザーの属性を推し量り、今後、より具体的なアプローチを行うための便利なツールになるでしょう。

画像03

4. 広告「Promoted Pins」を利用してみる

Pinterestは最近、「Promoted Pins」という広告サービスを開始すると発表しました。自分のボードから指定した画像をユーザーのタイムラインに表示することができるサービスで、CPC(クリック単価制)によるターゲティングも可能です。「ads.pinterest.com」から事前登録ができますので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

画像04

日々進化するPinterestを味方に

Pinterestは、今回ご紹介した最新情報以外にも、その使い方、新しいサービスの内容などについて自社のブログで丁寧に発信しています。アメリカのBlogや日本語版のJapan Blogも盛りだくさんの内容で、ビジネスでのヒントが至るところに散りばめられています。ぜひ一度目を通してみてください。

参考:
6 New Ways to Use Pinterest in your Ecommerce Business
Guided Search: a new way to find what you’re looking for
New tools for businesses

関連する記事

ECを活性化! ビデオコマースを検証する... ここ数年でECサイトに動画による商品説明が見られるようになってきた。イーコマースに対してそれらはビデオコマースと呼ばれている。欧米ではかなり普及し、成功事例も多く報告されているが、日本でもWEB環境の高速インフラの整備やスマホユーザーの増加により今後、そのようなサイトが増えることが予想される。 ...
本当に消費者が求めていることとは?... アクセンチュア・ストラテジー社は、「デジタル世代」と言われる若い層も含め、顧客満足度の最も重要な要素について調べた。今回はストラテジー社の「Digital Disconnect in Customer Engagement report」 調査内容をもとに、消費者は”今、どんなサービ...
Live Comemrce で海外販売 Vol2. emikaを経営する岸社長へインタビュー... 「WITH EC」大好評の2弾目は有限会社emikaを経営されていらっしゃいます、岸社長にお話しをお伺いしてきました。徹底的な効率化、合理主義。世界で自分しか出来ないことをやる岸社長。その経営の考え方は大変勉強になりました。 それでは岸社長のインタビュー、お楽しみ下さい。 ―――本日...
デザイナーなら知っておくべき著作権のきほん... 2015年を振り返ると、インターネット時代を象徴する出来事として東京オリンピックのエンブレムが白紙撤回されたことがあげられる。デジタル化された情報は誰でも比較検討することは容易にできる。 そして、その真相の真偽にかかわらずニュースは瞬く間に拡散する。あまりにも影響力が大きく、事態を収束させる...
顧客満足度の高い、海外ECサイトのUIデザインとは?... スマートフォンの爆発的な普及でこれからのECサイトはPCのサイトデザインが基本ではなく、タッチスクリーンディバイスを基本にデザインするというのが時代の流れになってゆくのではないだろうか。 そこで海外ECサイトでは今、どのような動向が主流となっているのか、そしてユーザーに優しいECサイトとするには...
ウェブ制作会社として食えない時代に?... Live Commerce の販売代理店を募集していると、さまざまなウェブ制作会社と会話する機会があります。 最近よく聞くのが、作るだけのウェブ制作会社だと、まともな案件がとれないということ。 ウェブサイトを作る背景も2000年代初頭とはだいぶ変わったと。そこで、今後ウェブ制作会社として食...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。