ハンドメイド作品のEコマースサイトに学ぶ!成功の秘訣

トップイメージ写真

生活雑貨から食品まで、今やネットショッピングで手に入れられないものはほとんどないという時代になりました。そんな流れを受けて、手作りの革製品やオーダーメイドの洋服など、ハンドメイド作品を取り扱うEコマースサイトが国内外で人気を集めています。
これまで店頭や展示会などでしか流通しなかった手作り作品がネット上でどのように売買されているのか、そのしくみからビジネスモデルの魅力をご紹介します。

世界中の作り手から買えるEtsy

アメリカで創業されたEtsyでは、世界中のアーティストやクリエイターなどから、ハンドメイド作品やビンテージ品、布やビーズといったクラフトパーツなどを購入することができます。
個人店舗が集まるモール型のサイトで、2005年の創業から業績を順調に伸ばし、2013年には商品の総売上が約10億ドル(約1,000億円)を超えるという巨大サイトに成長しました。

イメージ01

Etsy

成功の秘訣は何か?

Etsyは、他の成功したEコマースビジネス同様、販売者がショップの広告を出せるサービスを追加したり、英語以外の言語バージョンのサイトを作成したり、また、iPhoneアプリやPinterestへの投稿機能を追加してモバイルでの購入を促すなど、戦略的にサービスや機能を向上させてきました。

また、成功者へのインタビューや販売されている手作りキットの作り方などを動画で配信したり、ブログで商品写真の撮り方をレクチャーするなど、動画やブログをうまく活用して販売者と購入者双方への支援を精力的に行っています。

こうしたマーケティング戦略もさることながら、Etsyを成功に導いた一番の要因は、商品の作り手の住む場所や属性にかかわらず、作品さえよければ売れる、というモデルを築いたところにあります。
大都会に住んでいても辺鄙な田舎町に住んでいても、またプロの作家であろうと趣味が高じた主婦であろうと、1アイテム20セント(約20円)の出品料と売上の3.5%さえEtsyに支払えば、自分の作品を好む世界中の人に気持ちのこもった作品を届けることができます。
ユーザーにとっても、オリジナリティあるクオリティの高い品物を作成者から安価に購入できたり、家に居ながらにして、世界中の作り手が発信する膨大な作品群から自分好みの作品やお気に入りの作家を見つけることができるなど、魅力の多いモデルなのです。

日本でも続々登場、ハンドメイド作品販売サイト

こうしたEtsyの人気から、日本においても個人のハンドメイド作品を販売するサイトが次々にオープンし、順調に成長を続けています。そのなかの一つ、「Creema」は、ユニークなキュレーション機能でユーザーの人気を集めています。
「動物モチーフの小物たち」、「机に置きたい+1」などといったテーマを掲げ、手芸作品からアクセサリー、木工作品、陶器といった多岐にわたるハンドメイド作品のなかから、テーマに関連するものをピックアップして載せています。会員には定期配信メールでテーマごとの作品群が届けられ、サイトの再訪問を促す工夫が施されています。

イメージ02

Creema

Creemaを始めminne(ミンネ)、tetote(テトテ)、iichi(イイチ)といった販売サイトも、商品数や売上ではまだまだEtsyに及ばないものの、海外展開を始めるサイトも登場するなど、今後も大きく成長が期待されるビジネスモデルとなっています。売り手と買い手双方が「Win-Win」の関係になれるモデルとして、参考にしてみてはいかがでしょうか。

参考:

The Online Artisan Marketplace: A Huge Boost for Handmade Products
Creema
マーケットプレイス型ECサイト「Etsy」の唯一化戦略

関連する記事

EC化率の低いフードECに未来はあるのか... 経済産業省の「平成30年度 我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」報告書によると、2018年の日本国内のBtoC-EC市場規模は17兆9,845億円となっており、EC化率も、6.22%と右肩あがりの増加傾向となっている。その中で、食品におけるEC市場(フードEC市場)を見ると、その市...
「GDPR対策」の為のGoogleアナリティクス設定はどうするの?... 今年5月25日、「Google Analyticsのユーザーデータとイベントデータが自動的に削除されるようになります。」というアナウンスがあった。 削除対象は、ユーザーやブラウザといった「プライバシーに関連するデータ」である。このGoogle内容は、EU域内で取得された個人情報に関する法律...
越境EC カナダのポテンシャル カナダ人の訪日者数は2016年では27万人と割合高く、毎年、訪日者数は伸長しており、英語圏では4番目の数値となっている。 比較的、日本に近いということから、国内では北海道などでウィンタースポーツを楽しむ観光客が増えているようだ。そして、カナダのEC市場規模も毎年増加しており、経済も安定して...
ECサイトへのアクセスは何から行われ、何がよく買われているか?... 我が国のインターネット環境は、ますますスマートフォン主流の時代になりつつあるようだ。 その内容を裏付けるのが、7月13日に公表された、「MakeShop」のECサイトへのアクセス数の統計データである。この内容を見ると、ECサイトへのアクセスディバイスはパソコンからスマートフォンへシフトして...
商品数が多いお客様向けの検索サジェスト機能... 商品数が多いお客様向けに、Google の検索サジェスト機能をLive Commerceの検索でもご利用いただく事ができる様になりました。 動作はGoogle の検索フォームと同一になります。Google と同一の検索サジェストを返すため多言語にも対応しています。 オンラインデモ 商品...
ヨーロッパのクラウドベース物流サービス... ヨーロッパのEコマースは日々発展している。ヨーロッパはEU圏内といっても他国になるため、距離とは関係なく物流や決済が複雑である。 商品の販売規定もそれぞれの国で異なるため、販売を開始する前に、ヨーロッパの法律を統括する機関European Commissionで内容を調査をしなければならな...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ