« ブログのトップページに戻る

これからのWEB広告はネイティブ広告の時代となるか?

   投稿者 : 2016年1月20日 By

イメージ画像

数年前から、問題とされてきた、ステルスマーケティング、通称「ステマ」。ステマとは、消費者に宣伝と気づかれないように宣伝行為をすることであるが、ステマ広告でもなく、通常のバナー広告でもない、ネイティブ広告。
ネイティブ=自然な広告という意味合いの強いネイティブ広告とはどのようなものなのか?SNSで広がりを見せているネイティブ広告のルールや留意点についてまとめてみた。

 

1.そもそも、ネイティブ広告とは何?

Webサイトを閲覧していて、バナー広告が煩わしいと感じたことはないだろうか?突然で出てくるポップアップ広告や、同じ広告が何度でも目にするリタゲ広告、広告意識調査によるとバナー広告を煩わしいと思う人が80%も存在し、広告はスルーされている現状は明らかなようだ。
ネイティブ広告とはそのような広告に対するストレスを軽減するために用いられるようになった手法である。
ネイティブ広告は広告としてあり、その広告もバナーのように目立つものではなく、コンテンツやプラットフォームに馴染んだデザインで、一見すると広告とは気づくがないように作られた広告である。
ネイティブ広告とは、ユーザーが違和感なくサイトの一部として感じられる広告で、ユーザーにコンテンツの一部として見てもらうことを目的とした広告を意味する。
身近な例としては、Web検索をした時に表示されるPR広告やキュレーションサイト上に記事のように配信されている広告、SNSサイトのプラットフォーム上に記事の一部としての記事型広告などがある。

 

 

2.ネイティブ広告の種類

ネイティブ広告フォーマットについて、USの広告業界団体であるIABが発表している「IABネイティブアド・プレイブック」に6種類の内容として分類されている。
以下に表にしたみた。6種類のうちで比較的新しいものがインフィード型と言われるもので、スマートフォンでよく見かけるものだが、コンテンツとコンテンツの間にあり、一見すると広告ではなくコンテンツの一部として機能している。

 

インフィード広告

 

3.ネイティブ広告の留意点

ネイティブ広告は一見するとサイト広告と分からないほど馴染んでいるが、サイトに馴染めば何でもよいというものではない。そこには一定のルールがある。
例えば、ユーザー側が意図しないランデイングページに誘導されないためにも、広告だと分かる表記は行う必要がある。2015年3月にはJIAAがネイティブ広告の推奨基準を発表した。

その主な基準内容は

  1. 広告枠内に [広告]、[PR]、[AD] 等の表記を行う。
  2. 広告主体者を明示する。
  3. 広告審査を行う。 

などである。

詳しくはJIAAのネイティブ広告の推奨基準を参考にしていただきたい。

ネイティブ広告の目的は広告内容をコンテンツと同様に見てももらうことにある。ユーザーが記事を読み、ネイティブ広告と認識し、広告をクリックしたリンク先が、ちゃんと読んでもらう内容になっているかが重要である。
リンク先のコンテンツが商品購入を促すページ(ランディングページ)のようなものであったら、ユーザーは”広告に騙された”と感じてしまうことがある。
大事なのはユーザーに有益な興味がわくコンテンツを提供するということである。ネイティブ広告では有益なコンテンツを提供したうえで、商品購入ページに誘導していく、三段論法的手法が必要なのではないかと考える。

ネイティブ広告のプロセス

 

まとめ

ネイティブ広告はバナー広告より見られやすく(クリックされやすい)、ブランド高感度も高くなるなるという調査結果がある。
今後はバナー広告に替わって、ますます、増えることとなるだろう。ネイティブ広告はステルスマーケティングの一種として広告ではない。
ユーザーが広告に騙されたと感じさせないようにするためには、リンク先のコンテンツで新しい発見ができるような情報、新たなファンの獲得につながるような情報を提供することにより、販売促進につなげることが大切ではないかと思う。

関連する記事

海外展開に関する補助金・助成金情報(2016.December)... 今年も師走に入り、慌ただしくなってきた。今年最後の海外展開に関係する補助金・助成金の募集状況を紹介する。 補助金・助成金は国や地方自治体から支援される「返済不要のお金」である。助成金は要件が合えば基本的には受給でき、補助金は予算があるため、要件が合っても受給出来ない可能性がある。 今回は...
年末年始休業のお知らせ 平成30年度の年末年始休業についてお知らせします。 拝啓 時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。 弊社では、誠に勝手ながら下記の期間を年末年始休業とさせていただきます。 何卒、ご理解賜りますよう宜しくお願い申し上げます。 敬具 ...
越境EC 米国向け販売で守るべき「FDAルール」とは?... 今、越境ECではアメリカ消費者に向けて、AmazonやeBayを利用して、日本の食品や化粧品を販売する人が増えている。アメリカに向けて食品、飲料、化粧品、医薬品など販売するには、FDA(Food and Drug Administration)という機関が定めたルールを守る必要がある。 A...
今、アメリカでトレンドのサブスクリプションボックスとは?... アメリカでは近年、「サブスクリプションビジネス」と呼ばれる定期購入型ビジネスに参入する事業者が増えている。 ギャップなどアパレル系企業やポルシェなど自動車メーカーなど自社の車両を定期レンタルできるサービスを開始したり、新しいビジネスモデルに注目が集まっている。 「サブスクリプションビジネ...
2019年 インバウンド市場拡大に必要なこと... 2018年のインバウンド総数は前年比8.7%増の3,119万1,900人と発表された。 2012年の835万人と比較すると、約3.7倍の成長ということになる。この日本の成長率は世界でも、最速である。日本の主要都市はインバウンド観光客で溢れんばかりである。 この成長を牽引している要因は、主...
今後の海外ビジネス拠点を選ぶのに役立つグローバルエリート都市とは?... 2016年のグローバル都市調査が先日発表された。グローバル都市ランキングとは、ATカーニー社が毎年行う独自の指標で決定される。 全世界125都市を対象とし、まず、「ビジネス活動」30%「人的資源」30%「情報流通」15%「文化的経験」15%「政治的関与」10%の5つの観点(評価基準)から総合...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。