« ブログのトップページに戻る

2014年のトレンド、ゴーストボタンを調べてみた

   投稿者 : 2015年2月20日 By

イメージ写真

ここ数年のあいだ、フラットデザインはWEBデザイントレンドとなっている。
昨年2014年は、このフラットデザインWebサイトの流れのなか、爆発的なトレンドとなったのがゴーストボタンデザインだ。
ゴーストボタンは、枠線のみで表現され、透明化されたボタンデザインである。背景色を透明化または薄い半透明化したボタンデザインである。
ほとんどの場合、テキストとアウトラインのみで作られ、幽霊のようにサイトに溶け込むことから、「ゴースト」ボタンと呼ばれるているようだ。
フラットデザインとの相性が良いことから、フラットデザインの流行とともにWebサイトで使われるようになった。特長としては、これまで使っているボタンに比べクリック範囲が広く、背景画像の邪魔にならない。ボタンは画面の真ん中に配置されていることが多いなどがある。今回はこのゴーストボタンについてまとめてみた。

1.ゴーストボタンの特長

ゴーストボタンは、これまでのデザインに比べ、特に清潔感のあるクリーンな印象がある。シンプルでミニマルなデザインは、Webサイトでメインとなるビジュアルの邪魔をせずに設置できる。下記にその特長を整理した。

  • アウトラインに囲まれている。
  • カラー白または黒。テキストと境界線で構成
  • これまでのボタンよりも大きい
  • Webページの目だつ場所に配置
  • 単独に使用されるか、またはいくつかのボタングループと一緒に配置
  • ボタンは塗りつぶさずに透明
  • 背景画像が透けてみえる
  • フラットデザインと相性がいい
  •  

2.ゴーストボタンのメリット、デメリット

今年もデザイントレンドの流れとしてあるゴーストボタンではあるが、使用に際しては長所と短所を理解することが重要である。

メリット

  • モダンなデザインで、クリーンでシンプルなデザイン
  • 背景画像を邪魔しない、画像を認識できる
  • 強調しない控えめなデザイン
  • 簡単に設計でき、実装できる
  • 洗練された印象、高級感を与える

デメリット

  • ユーザーを混乱させる可能性がある
  • 背景画像の印象が強く、ボタンが埋もれてしまう(視認性が悪い)
  • トレンドなので長期的に運用するサイトでは使用できない

 

3.ゴーストボタンを使った海外サイト

 

1.Verbal plus Visual

verbalplusvisual
http://www.verbalplusvisual.com/

 

2.KangoMedia

KangoMedia
http://kangomedia.com/

 

3.The Offshore Partners

theoffshorepartners
http://theoffshorepartners.com/

 

4.Union Room

unionroom
http://www.unionroom.com/

 

5.Papaya

https://papaya.com.hr/
https://papaya.com.hr/

 

6.Charles-Axel Pauwels

capauwels
http://capauwels.com/

 

7.Visage

visage
http://visage.co/

 

8.Lees Ferry

leesferry
http://leesferry.com/

 

9.Haigh & Hastings

haighandhastings
http://www.haighandhastings.com/

 

10.Decibel Digital

decibeldigital
https://www.decibeldigital.com

 

4.ゴーストボタンは使える?使えない?

ボタンというとECサイトの「購入する」「カートに入れる」などページの右端にあることが多いCATボタンがあるが、ゴーストボタンはページの中心などの目立つところに設置されており、クリックできる範囲が広いのが特徴である。
背景画像やデザインになじむことから、クールな雰囲気、高級感のあるWebサイトに使用されることが多いといえる。
また、ゴーストボタンは背景が透けているため、写真を背景に使ったビジュアル重視のブランドイメージを優先するWebサイトでの活用は有効である。
ゴーストボタンをECサイトにデザインするとどうなるか?
使用された事例はあまり見たことがないが、やはり考えらることは、背景とマッチしすぎて、ボタンを「画像かな? クリックできるの?」と誤解をまねき、ボタンであることがわかりづらく視認性が悪い。
そうなると、コーンバージョン率が下がるなどデメリットがあり、ECサイトに使用するには少々ハードルが高い。
ゴーストボタンを導入するときは、ターゲットの利用シーンをイメージすることが重要である。そしてサイトの目的を考え、本当に目的にあっているのか考え、使用することが求められる。

参考:

Design Trend: Ghost Buttons in Website Design
How to Create CSS Ghost Buttons


関連する記事

Instagramを使いこなそう!キャンペーン事例も急増中... スマートフォンやタブレットなどのモバイルで撮った写真や動画を、簡単に加工して発信・共有できるInstagram。 今では、アクティブユーザー数(月に1回でも利用するユーザーの数)は月間約3億人に達している。さらに、そのうちアメリカ合衆国以外からの利用者が70%を占めるなど、世界中の人々にとっ...
中国を代表するSNS WeChatとWeiboとは? 中国は独特のインターネット環境になっており、GoogleやFacebook、Twitter、LINEなどに対するアクセス制限がかかっていて、 使用することができない。世界の多くの人が利用しているSNSサービスも中国政府の検閲によりアクセスができないという現実がある。例えば、中国のユーザーに向け、...
物流ロボットはここまで来た!! インターネット通販を利用すれば、いつでもどこでも欲しいものが手に入る、Eコマース全盛の時代。ここまでネットで買い物ができる時代になった背景には、小口多頻度配送を支える多くの物流の人的、機械的な下支えがあった。 しかし、ますます増え続ける配送量に物流業界の人的不足は進行し、これから先の時代は...
新しく立ち上げたEコマースサイトに人を集めるには?その1... 新しくEコマースサイトを立ち上げる場合、できることなら初めからたくさんの人を集めて、手ごたえのあるオープンにしたいものです。そこで、2回にわたって、さまざまなメディアを使ってトラフィックを増やす方法をいくつかご紹介したいと思います。 ユーザーへのアクセスを増やそう トラフィックを増やすには、...
懇親会・Live Commerce交流会 開催について... 2月19日・東京渋谷で開催されるLive Commerceの次回のセミナーですが、セミナー終了後、同ヒカリエ内にて懇親会を開催します! 参加のメリット セミナーでは聞きづらかったことや、目的意識を共有できる参加者様同士の交流、またセミナーではお話しできなかった裏話など、参会者の皆さまと交流...
消費者心理を読み解く!最新Eコマーストレンドとは?... オンラインでの買い物は、効率的で楽しいショッピング経験をユーザーにもたらしてくれます。世界中でEコマースがますます日常的なものになりつつある昨今、オンラインショッピングとオフラインショッピング(=実店舗での買い物)をいかにして連動させるか、に注意を向ける必要性が高まっていると言えます。 オ...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。