« ブログのトップページに戻る

効果が高いと言われるロングテールSEOとは何ですか?

   投稿者 : 2016年4月14日 By

イメージ画像

SEO対策で重要なのは、人気のあるビックキーワードの設定であることは、周知の事実だが、「ロングテールキーワード」の設定もないがしろにはできない。「ロングテール」という言葉は耳にしたことはあるが、きちんと理解していないという人もいるかもしれない。今回はこの「ロングテールSEO」についてまとめてみた。

 

1.ロングテールSEOとは?

ロングテールとはマーケッテング用語のひとつで、ネットでの販売においては、膨大な商品を低コストで取り扱うことができるため、ヒット商品の大量販売に依存すること無く、ニッチ商品の多品種少量販売によっても大きな売り上げ、利益を得ることができるという経済理論である。
このロングテール理論で成功したのがAmazonのビジネスモデルである。Amazonはマイナー商品が売上高の過半数を占めるといわれ、ロングテール商品がいかに重要かが見てとれる。このロングテールをSEO対策のキーワードに置換したのがロングテールSEOと呼ばれているものだ。
ロングテールSEOとは特定のキーワード設定で上位表示を狙うのではなく、ビックキーワードやミドルキーワードを複合させ、キーワード設定することよりWEBサイトをヒットさせ、より幅広い、より購買に近い検索を行うユーザーを獲得するためのSEO対策である。

 

ロングテールの図

たとえば、「ダイエット」というキーワードがビックキーワードとして設定すると、上位表示は難しいワードではあるが、ロングテールキーワードはユーザーがどのようなことを解決したいために検索キーワードを入力するかを考え、複合させたキーワードで設定するものだ。「ダイエット」ではなく「ダイエット 運動 ジョギング」「ダイエット レシピ サラダ」などキーワードを複合化し、このキーワードをベースにコンテンツページを作成するのだ。ロングテールキーワードは検索ランキングの上位にランキングされる可能性高いなどメリットも多い。
次にロングテールSEOのメリット、デメリットを見てみよう。

 

2.ロングテールSEOのメリット、デメリット

ロングテールSEOの最大のメリットは競合が少ないキーワードを扱うため検索エンジンで上位表示されやすいとい特徴がある。ニッチワードでの検索になるので、検索数は少ないが、モチベーションの高いユーザーである可能性が高く、コンバージョンに繋がるなどのメリットがある。
デメリットとしては、ビックキーワード、ミドルキーワードでは上位表示されにくく、ロングテールキーワードにあわせたページを作る必要があり、ページ数も増加し管理が行き届かないなどがある。

 

3.適切なキーワードの設定方法

キーワード設定はビックキーワードはトップページに設定する。ダイエット食品を扱うサイトであれば、「ダイエット」となり、トップページの次のカテゴリーにあたる階層ページはミドルキーワードを設定する。さらに下層のカテゴリーにあたるコンテンツページにはロングテールキーワードを設定する。
ここでロングテールSEOで重要なのは、「良質なコンテンツ」を構築し、コンテンツに対しロングテールキーワードを設定するということ。
一つのロングテールキーワードで一つのページを作成するというのが基本である。このコンテンツページのボリュームが大きくなれば、絶大な効果が期待できる。

ロングテールキーワード

 

まとめ

ロングテールSEOとは、複合したキーワードで検索するユーザーの意図を理解するということが第一だ。 そして、そのようなユーザー意図を解決するコンテンツを作成し、複合キーワードを設定することである。ロングテールキーワードとそのキーワードに合致したコンテンツを作成する、 つまり、ユーザーにとって有益な情報を発信しユーザーに価値あるコンテンツを提供することが重要なのである。

関連する記事

コア商品ーパレートの法則とは? パレートの法則をご存じだろうか? ウィキベディアによると、パレートの法則(パレートのほうそく)は、イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートが発見した冪乗則(べきじょうそく)。経済において、数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出しているという理論。80:20の法則、ばらつきの法則と...
求められる音声SEOとVSEO対策のポイント... 検索エンジン対策(SEO対策)は、今の時代、Webサイトの上位表示ためのSEO対策、最適化だけではなくなってきた。 昨年から次々に日本に上陸しているスマートスピーカーの現況は、これからは音声検索でも上位になるように設定することも同時に行う必要があるだろう。 さらに、YouTube動画から...
ECサイトに必須のリッチスニペットでSEO対策... Googleの検索結果のページでタイトル+説明文のほかに、写真やパンくずリスト、商品の星付きレビューなどが表示されてるのを見たことがあると思う。 これはサイトページの情報をユーザーに表示するGoogleの検索機能「リッチスニペット」と呼ばれるものだ。 この「リッチスニペット」は検索エンジ...
スマホ・タブレット最適化に「レスポンシブWebサイト」がベストな理由... スマートフォンやタブレットの利用者数の増加にあわせ、Webサイトへのアクセス数のモニタリングから「スマホ最適化の必要性」を実感している人も多いでしょう。 昨年あたりからレスポンシブWebデザインとよばれる、PCやスマホ、タブレットなどあらゆるデバイスに対応するWebページ制作の手法が増えてきました...
【海外版】SEO対策 Google検索の仕組みについて... Google検索エンジンの利用者数は年々増加している。Googleは様々な機能を使い、日々検索機能は進化している。誰もが気になるSEO対策について、まず、Search Engine LandというGoogleが自ら発信している情報をもとに、基本的なGoogle検索の学習機能の技術について調べてみ...
すでに始まっている モバイルファーストインデックス... Googleのモバイルファーストの導入は、2018年になると予測されていたが、一部のサイトにおいては、すでに導入テストが開始されているようで、数ヶ月後には完全に移行するのではないかという推測もある。 モバイルファーストインデックスの概要については、以前のブログ「今更聞けないモバイルファース...

タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。