成長しているサイトの共通点

成長しているサイトにはいくつかの共通点があります。
その共通点の中で本当に顕著なのは、データに基づいて行動をしているという事です。

ホームページは制作後、「感覚に頼った行動」をすることではなく「データで行動を起こす」ことです。それはアクセス解析のデータを参照して、トライ&エラーを繰り返し改善するという行動です。

 

「解析して改善する方法」があるにもかかわらず、多くの担当者は”独自のやり方”にこだわるので、経費ばかりがかさみ一向に費用対効果が上がりません。

 

そこで当社は、まずはLive Commerceを主に利用している顧客にフォーカスした海外向けの集客サービスを開始しました。

http://www.live-commerce.com/marketing/

 

今後はこちらのサービスを国内向けのEコマース事業者にも拡大していく予定ですが、社内の人材が育たないことには質の高いサービスを維持しながら拡大はできないため、自社顧客向けといった位置からのスタートです。

よろしくお願いします!!

関連する記事

Googleのスーパークッキー(super-cookie)でEC市場に変化!?... Googleといえば、言わずと知れた世界を代表する検索エンジンです。全世界の広告市場の33%、モバイル広告においては全世界の50%以上のシェアを誇るとされています。GmailをはじめGoogleカレンダー、Google マップなど、Googleのサービスに日頃お世話になっている方も多いのではないでし...
ミクシィがスマートフォン向けDSP事業に参入。ミクシィの勝算は?... 昨年より、スマートフォンに対応したDSPサービスが各社からリリースされています。 このような中で、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の「mixi (ミクシィ)がこのスマートフォン向けDSPサービスに参入しました。 DSPサービスとは、広告主の広告効果の最大化を支援するためのサービス...
中国向け 越境ECをやる4つの方法 越境ECは中国に売るか、それ以外か 越境ECを始めるときは中国かそれ以外の国に売るかの2者択一です。 2018年から2019年にかけて越境ECというと、さまざまなソリューションを提供する業者で市場が活性化しつつあるものの、逆にそれが複雑化してわからりづらくなってきたのではないでしょうか。 ...
データフィード広告という新しい広告概念 2018年の予測... 2000年10月に米国から始まったGoogle AdWords ですが、既に開始から17年もの月日が経過し、検索エンジンの検索キーワードに基づく広告から、商品データに基づく「データフィード」という概念が近年大きくEコマースの広告に変化をもたらしています。 データフィードとは、複雑なウェブサイト...
加速するアメリカのインフルエンサー事情... 情報入手がテレビなどマスメディアから、パソコン、さらにスマートフォンに変わり、そして、SNSへと変化しようとしている。 広告もその変化に合わせるように、テレビなどのマス広告から、PCデジタル広告、SNSメディア広告、さらに最近ではインフルエンサー広告、つまり、「インフルエンサーマーケティン...
冷凍や冷蔵が必要な商品を海外に配送するには?... 日本郵便が提供しているEMSにはクールEMSという商品があります。 これは保冷が必要な日本の食料品を台湾・香港・シンガポール・マレーシア・ベトナムへお届けしたい場合に有効なEMSのオプション的な配送サービスです。冷蔵タイプなら0~10度、冷凍タイプならマイナス15度以下の温度帯で引き受けか...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ