海外で売れるものを教えてください

展示会やセミナーで私が最も多く受ける質問の1つに

海外で売れるものを教えてください。

という質問をよく頂きます。

ぶっちゃけ、この質問ってどんな音楽なら売れますか?とか、どんな髪型が今年流行しますか?とか、どんなテレビ番組が流行りますか?と同じ類いの質問だと思っている。
どの業界でもビジネスプロデューサーなら絶対に知りたいし、でもこんな質問ってドラえもんがいないと分からない訳です。

実際、伝統工芸品なども海外で売れていますし、基本的には日本の商品なら禁制品でなければ何でも売れるというのが私の持論です。極論、eBayで売れているものなら全部売れると思っていいでしょう。
では、あえてなんでこうした質問を私に投げかけるのでしょうか。

一匹オオカミで始めるよりは、一度だれかの賛同(ポジティブフィードバック)を得ておきたいという気持ちは分かります。
もちろん、私も何か新しい事をやるときは人に意見を聞きます。

しかし、意見と言っても新規事業創造においては、いいも悪いもありません。だって、前例がないから。
前例がないものを人に聞いても、その人の価値判断なので、いいという人もいれば、ネガティブな意見を言う人もいる。
なので、ほとんどあてになりません。

では、あえてなぜ聞くのか?

これは、自分もそうだが、事業に失敗した時に自分の責任を少しは逃れられるという、心の奥底にはどうせだめだったらすぐに止めよう、、、ということを自分のせいにしたくない、、とう気持ちがあるからだ。
一度、人に意見を聞いておけば、「あの人は絶対にうまく行くと言っていた、、」という具合に、失敗の責任は、「○○さんがいいと言っていたから」
要は、誰かの発言によって事業は失敗したという様に、自分の責任を最終的には逃れようとするありばいを作っておきたい訳だ。

そうじゃないだろうか?

もし、心の底から本当に売る自信があるなら、新規事業創造についての判断を外部に委ねる意味はない。

というか、本当に売れる自信などはっきり言って売る前からある人なんていない。
売る自信があるのは、バカがつくほどの思い込みのある起業家である。思い込みの強い起業家は、周りからあきれられるか、もしくは、むちゃくちゃ賛同を得られるかの、意見が2分するほとの影響力を持つ。つまり、メッセージの発信力が強く、一部では反対の人も入れば、一部では猛烈に賛同し、強烈なインフルエンサーとなって起業家のビジョンを周りに広めてくれる。

これがあなたにあるか、ないか、、、それだけだ。

外部に意見を委ねる価値は、売れたあとに発生するであろう問題がほとんどだ。(例えば物流とか決済とか)

なので、決済会社や物流会社、専門家に意見を求めても、彼らは売れたあとの問題に関する意見なので、ほとんど当てにならない。

海外で売れるものと現実を照らし合わせる

有田焼や、日本のおもちゃ、海外では入手困難な自動車部品、年代物のアンディークな古物など、ヤフオクを見渡せば海外で売れそうなものは結構あるし、こうした情報はAmazonで1,000円の本で大体書かれている。
しかし、たくさん成功本はでているのに、成功者が少ない理由は何だろうか?

情報は確かに大切だが、私がよく利用する旅行サイトSKYSCANNERのCEOのメッセージを見た時に、気持ちが一致した。
怒りこそが、多くの大衆を引きつける起業のエネルギーになることを。

格安で旅行をするためのお得な情報が得られず「イライラ」していたガレスは、2001年友人のバリー・スミス、ボナミー・グリムスと共にスカイスキャナーを立ち上げました。つまり、スカイスキャナーは、ガレスの「イライラ」から生まれた会社といっても過言ではありません。 ガレスの14年に及ぶ金融機関や小売業のための開発者の経験は、スカイスキャナーを世界トップレベルのオンライン旅行会社のひとつへと成長させる助けとなりました。

わずかなプライベートの時間には、チェスを楽しんでいます。また、ガレスは文学や芸術をこよなく愛しており、彫刻や絵画も楽しんでいます。 事実、社員の間でガレスは、会議中ひっきりなしにスケッチを描いていることで有名です。

つまり、海外で売れるものとは、それを使わないと「イライラ」してしまう事を発見し、それを文字におこし、ユーザーを気持ちを代弁できるかどうかでしょう。

「この日本の芸術的価値はすごい!」と言ったところで、誰も共感は得られないでしょう。

関連する記事

スマホのショートムービー撮影・共有アプリによるECサイトの動画活用... スマートフォンで動画を楽しむユーザーが増えています。そんな中、最近はわずか数秒間のショートムービーを撮るアプリが目立ってきました。あっという間にTwitterに買収されたVineが注目をあびる中、それを追うようにInstagramにもビデオ機能が実装されました。 動画を撮ることも見ることももはや難...
中国最大のチャットアプリ WeChatのすごすぎる機能... 世界最大級の無料チャットアプリと聞いて思い浮かぶのは、日本だとLINEとなるが、アメリカだとMessengerやWhatsApp、韓国ではカカオトークなどとなるが、登録アカウント数が11億人、月間アクティブユーザー数5億4,900万人という中国のWeChatというアプリをご存知だろうか。 ...
ビジネスに抜群の効果を発揮するアプリの重要性... アメリカはカリフォルニア州サンディエゴから、在米16年目の鍵山 学がアメリカでの起業情報や、eBayに関するEコマースのトレンド等、最新情報をお届けします。 第三回目の本日はモバイル・アプリについてです。前回お話ししたoDeskでもiPhone やアンドロイド用のアプリの制作依頼、翻訳依頼はか...
カタログ通販のARカタログアプリがユーザーを増やす秘密... カタログ通販業界に、AR(拡張現実)の技術を活用したスマートフォンアプリを提供し、立体映像を見せるカタログが増えてきました。AR(拡張現実)とは ディスプレイに映し出した画像に、バーチャル情報を付加して表示することで、より多くの商品情報を提供する技術です。今回は、このAR技術を取り入れたカタログ通販...
ドロップシッピング – 昭和の問屋から平成のオンライン問屋へ 問屋機能を潰さないための事... ドロップシッピングというと、在庫を持たないでネットビジネスをやっている、、実際に在庫を抱えている小売店舗からすればドロップシッピングなるものはビジネスではない! と小売店の頑固おやじ社長から若者向けに罵声が飛んできそうな感じるがするが、一方でドロップシッピングという仕組みをオンラインで構築し...
アフィリエイト広告 アメリカと日本の大きな差... WEBマーケティングの手法の一つにアフィリエイトマーケティングがある。ブロガーやインフルエンサーはもちろん、主婦や会社員でも手軽に副業として行うことができる。 アフィリエイトマーケティングとはアフィリエイターによるPR広告であり、コンバージョンやクリック、会員登録など事前に設定した成果から...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ