You are using an outdated browser. For a faster, safer browsing experience, upgrade for free today.

データフィード広告とは?

商品データを集める・作る

広告キャンペーンを設定

広告が配信される

当てはまることはありませんか?

海外向けECサイトを立ち上げたものの全く集客ができていない

広告をしたものの、成果がつながっているのか分からない

海外向けECサイト集客を誰に相談していいのか分からない

事業を任せられる担当者が育たない

このまま続けていいのか不安がある

代理店頼みだがパフォーマンスがあやあしい

もし、2つ以上当てはまるなら、最後までお読みいただくことをお勧めします。

海外から集客を苦しめる
4つの課題とは?

課題① 思考の限界

海外へのネット広告といえばGoogle・facebookです。つまりGoogle や Facebook に広告を出稿することで国外の新たな顧客開拓をするというのが私たちの一般常識です。

Google・facebookは全世界で利用できるネットワークですから、海外からの顧客開拓はこれらの広告を使う、、、という考えをしますよね。しかし、ここに落とし穴があります。 それは、

  • 『ネイティブがコピーライティングすれば、ネイティブに相談すれば海外事業はうまくいく』
  • 『日本で成果が出たウェブマーケティングをすれば、海外でもうまくいく』
  • 『日本のトップ代理店クラスを使い広告だけ翻訳会社に依頼すれば、海外でもうまくいく』
  • 『ウェブマーケティグの専門書の概念通りに設計すれば、海外でもうまくいく』

もし、あなたが海外向けECサイトの事業責任者で、しっかりと安定して売上を確実に上げていきたい、事業を成長させ、新たな収入の機会を作りたいと考えているなら、一度、立ち止まる必要があります。

外国語・海外に長けた知識やウェブマーケティングの専門的な知識・ノウハウ(専門技術)を活用して海外から見込み客を開拓することと、ビジネスとして成功させるノウハウ(0から1を生み出す技術)は、まったく別なのです。

しかし、大半の事業担当者は、「0から1を生み出す技術」を知らないまま我流でマーケティングをしています。

例えば、どんなスポーツの上達を目指す際にも、「正しい型」を学び、反復練習をすることが必要です。海外向け集客も同じく、「正しい型」が存在します。その型を学び、反復練習を通じて、上達する必要があるのです。 しかし、残念なことにその方法を知りたくても、海外向けの集客においては「0から1を生み出す技術」を正しく教えることができる会社は存在しません。そのため、我流で海外向けECサイトを運営し、自分の時間、人間関係、労働力の全てを投げうって、先の見えない事業のために働くことになるのです。

当社は本で簡単に手に入れられる専門技術とは別に、0から1を生み出す考え方を理解していただく必要があると考えています。

課題② 事実誤認

ここでいう事実誤認とは、日本国内で行われている「Googleリスティング広告」と基本的には同じ手法で、 海外もマーケティングを行えば結果がでるのではないかと思いこんでいることが事実誤認であるということです。

あなたの会社の大半の商品は全く認知がないということを前提にマーケティングを設計する必要があります。 一方で、日本国内で同じことをやった場合は全く認知がなくても母国語である日本語でPRや雑誌メディア、ラジオ、新聞と認知ゼロの段階からし需要を作り出すことが可能です。

海外広告の場合、 需要がすでに存在する場合は日本と同じ手法で大丈夫ですが、そうでない場合は広告のパフォーマンスは全くでません。どうすればいいでしょうか。

当社は認知度ゼロというマイナスのスタートから海外事業を多数作ってきた経験を活かして対応することができます。

課題③ ファンの不在

いい商品・サービスにはは必ずというほど『熱烈なファン』が存在します。 ここでいうファンとは、まだ顧客になっていない状態も含めた海外のファンを意味しています。 例えば、音楽アーティストにはファンクラブがありますし、このブランド以外の財布は買わないといったように、誰でも好きなブランドがあります。

つまり、海外に日本の商品やサービスを売り込むためには『海外のファンを集める → 育てる → 買ってもらう』というような仕組みを作ることが最重要の課題になってきます。

にもかかわらず、ウェブマーケティグだけのような断片的な知識を先に知ってしまうと

  • 「必要だとは思うが、ファンを育てる余裕(コスト)がない」
  • 「育てる方法がわからない」
  • 「任せられる人材がいない」

など、出口の見えない悩みを抱えたままになっています。残念ながら、現在は「海外のファンを集め・育てる」という本質的なところに行くほど、その方法を知りたくてもノウハウは出回っていません。ファンを集める仕組みすら設計できていない段階でAmazonやeBay、またはfacebookやGoogleに広告を出したこところで、一過性の集客はできたとしても、そこで獲得した顧客から高い利益を継続して生み出す、つまり海外から新たなキャッシュポイントを生み出し、それが今ある事業とは別にあなたの事業としての恩恵をもたらすというレベルには至らないということです。多くの起業家・事業担当者は一過性の結果だけをみています。

当社は継続して利益を生み出す事業に成長させるには、ファンを作る仕組みの存在が必要と考えています。

課題④ システムの不在

「集客はすべてがシステムである」と言われて、あなたはどのように感じるでしょう?
「集客はすべてがシステムである」と考えると、多くの問題がシンプルになるのです。

このシステム思考を理解するために、たとえば、オートバイを思い浮かべてみてください。
オートバイをつくり上げているのは、鉄、エンジン、ブレーキ、アクセル、タイヤなど、さまざまな機能です。これらの機能が正しく動くように精密に組み上げられていることにより、スピードが出せたり、止まれたり、急カーブを曲がれたりするのです。もし、「止まりにくい」という問題がある場合は、「止まるためのシステム(つまりブレーキ)」が機能していないのです。

海外向けECサイトもこれと同じです。
海外向け集客で起こる問題のすべてが、システム(仕組み)の問題なのです。 現在、御社が抱える課題には、どのようなものがあるでしょう? もしあなたが「売上がない」という課題で悩んでいるとするなら、売上を生み出すシステムがないかもしくは、上手く機能していないのです。 全てはシステムの問題なのです。 当社は海外事業が継続的に成長するには、『海外からの集客をシステム化(仕組み化)する必要がある』と考えています。

あなたは、この考えにご同意頂けるでしょうか?

最初の1歩は質の高い商品データ を集め、データベース化することです

データフィード広告を効率的に運用するには、商品データベースがオンライン上で正しく管理・運用されている必要があります。商品データベース をお持ちでない方も安心してください。Live Commerceがすべてを解決します。

Live Commerce に商品を登録するだけでGoogleやFacebookで必要な商品データベースが誰でも簡単に構築できるようになっています。

海外集客 成功までの ステップ

今ココ
1. ご相談
1日〜
2. 現状確認
5日〜
3.商品登録
5日〜
4. キャンペーン作成
開始!
5. 広告配信

お問い合わせ フォーム