« ブログのトップページに戻る

なぜ社長はウェブサイトの数字を把握しなくてはならないのか?

   投稿者 : 2013年12月27日 By

今日、ここに書いた事は常識的な見方に関するものである。

社長(もしくは経営幹部の人であれば)が、営業を構築し、マーケティングの質を向上し、会社のインフラを強化するためにシステム開発・システム採択の決定をする際に考えなくてはいけないことがある。それはデータによって意思決定をしている。世の中はデータ、データ、データの話で溢れている。

ホームページだと、「アクセス解析」がデータ収集方法であり解析手法に代わる。この言葉は日常茶飯事でどこのメディアでも使われている。 すべての社長(もしくは経営幹部の人であれば誰でも)が、営業を構築し、マーケティングを向上し、会社のインフラを強化するためにシステム開発・システム採択の決定をする際に考えなくてはいけないことがある。世の中はデータ、データ、データの話で溢れている。

この「アクセス解析」は日常茶飯事でどこのメディアでも使われている。
しかし、多くは何もしていない。実際、データ収集を行う事は利益を上げる第一ステップであるにもかかわらず、データを使って何をするかを知ることは別の話であるからだ。

あなたがデータを扱えていない状態であるならば、大きなビジネスチャンスを逸していることになる。あなたが意思決定者なら今日はお手を休めて、続きを読んで欲しい。

データを集める事について、あらゆる側面を見なくてはいけない(営業から管理、会計等まで)。潜在的なROIは至る所にある。

ROIを改善させるためには、データに関連性を持たせられるよう、顧客を定義することから始まる。そして見込み客が何を購入検討しているかを注意深く特定することである。

  1. ユーザーは何というキーワードで検索しているのか?
  2. ユーザーはそのキーワードでどのページに訪問しているのか?
  3. ユーザーは何分間ページをみているのか?
  4. ユーザーはどのページで離脱しているのか?
  5. ユーザーは何を検索する時に最もコンバージョンするのか?
  6. ユーザーはどの参照元サイトから訪問した時に最もコンバージョンするのか?
  7. コンバージョンあたりの顧客獲得単価はいくらなのか?

これらはすべてアクセス解析のデータに入っている。

これらの質問は最終的に5、6番目の質問にすべてが集約される。ホームページに訪問したユーザーにはさまざまな属性があるが、金になるユーザーの発生源はどこか、それはなんと言うキーワードか、そこに生涯顧客価値に見合った広告投資額はいくらなら適正なのか。

これらがすべてはっきりすると、適正な広告を出稿する事が可能になる。またより多くの発生源を作りだすコンテンツを制作したりと「次に何をすべきか」が分かるのである。 戦略的な経営だ。

これらの数字が把握できていないと、本来全く役に立っていないコンテンツを制作したり、広告投資の判断、経営戦略上の重要な判断でミスをおかす可能性がある。 社長は上記の5と6の質問に際して一点の曇りも無く明確にしておかなければ、やがてビジネス沈下するだろう。逆にこうした見込み客の発生源を正確に特定できていれば、同じ業種業態でもライバルよりも優位に広告戦略を進められる。


PS:
このような記事をLive Commerceブログでは毎回発信しています。もし、こうした記事を購読される場合は、メールマガジンの登録が便利です。

こうしたGoogle Adwordsのテクニックを使用したGoogle Adwords広告管理について詳しく聞きたい場合は、こちら。

関連する記事

Google Analytics 、もしかして目標設定とeコマース設定をしていないのではないか?... 世の中にありふれているGoogle Analyticsのセミナーや書籍、、、 でも、あなたにとって大事なこと。それはこんなツールに惑わされることでない。 すべての数字をシンプルに把握することができる唯一の目安が、銀行の預金残高を増やす、これだけだ。 それを増やすために、Google A...
ウェブ担当者よ、あなたはアクセスを失っているかもしれない... あなたがウェブサイトの管理者として10年選手のベテランなら、ウェブマスターツールやGoogle Analyticsは日常茶飯事として日々チェックしている事だろう。 もちろんネットメディアも毎日仕事前にはチェックしているし、facebookでは最新情報をフィードしているに違いない。 しかし、...
自社サイトで新規流入を増やす為にキーワード調査をどうやってやる? Google で利用できる無料ツー... Eコマースに欠かせないSEO(検索エンジン最適化)を、皆さんは意識しているはずです。実は、自社の商品が、どういった検索ワードを入力されて買い手の目に留まったか!? それを知らせてくれる便利なツールを、Googleは既に提供しています。今回は、その“Google Keyword Planner To...
コンテンツマーケティングを診断!5つの指標... コンテンツマーケティングは、Eコマースサイトでの売上アップを目標に、長期的な視点から行うものです。そのため、取り組んでいるコンテンツが売上につながるまでには、どうしてもタイムラグが生じてしまいます。 そこで、今やっているコンテンツマーケリングの方向性が正しいのかどうか、すぐに判断できる5つの...

タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。