« ブログのトップページに戻る

越境EC 韓国のポテンシャルは?

   投稿者 : 2016年11月24日 By

イメージ画像

連日のニュースでは韓国パク・クネ(朴槿恵)大統領の知人や側近らをめぐる一連の事件で話題となっている韓国情勢であるが、知っているようで、あまり知られていない日本の隣国である韓国。
statista.comの調べによると、韓国のEC市場規模は2015年時点で388億ドル、2016年には427億ドル規模になると予想されている。
日本のEC市場規模、13.8兆円(約1,254億ドル)と比べると差はあるが、韓国の人口は5,062万人であるので、その市場規模はさほど低い数字ではない。
今回は、韓国で越境ECで商品を販売するポイントと韓国マーケットのポテンシャルについて見ていこう。

 

●韓国のITインフラはどうなっているの?

韓国はアジア諸国の中でも有数のIT大国である。普段の生活の中でもITインフラの整備による恩恵は多く、ここ5、6年で社会が急速に便利になったと実感しているようだ。インターネット普及率は2015年時点で92%超と日本より高い。スマートフォンのシェアも2015年時点で76%を超えている。
また、買い物はスマートフォンからの購入率が高いというのが、韓国ECの特徴でもある。2015年のEC売り上げの37.5%がスマートフォンからのアアクセスによるもので、ユーザーの52%がクーポン利用で何らかの商品を購入しているようだ。
韓国は「世界のオンラインビジネス魅力度ランキング」を見るとドイツ、フランスについで7位にランキングしている。
また、SNSでは、Facebookが一番人気となっている。次にkakaostory、BAND、Instagram、Naver Cafeと続いている。kakaostoryは家族や友人に限定したLineのようなSNSアプリ。BANDは同じような趣味などで繋がることができるクループコミュニケーションSNSアプリである。
韓国のSNS利用率は女性(56.2%)が男性(54.1%)で、20代が(87.5%)、30代が(74.0%)となっている。これらを見ると、韓国ではスマートフォンの対応がEC販売のポイントであることがわかる。

 

●韓国の越境ECポテンシャル

韓国関税庁の調べによると、韓国の越境EC市場は、2009年の1.7億ドルから2014年には15.5億ドルと、5、6年で9倍に成長している。今後もさらに安定した成長が見込め、日本製品の人気も非常に高いことから韓国は魅力的な市場と言える。
韓国の越境ECの相手国としては、アメリカ(20%)、日本(9%)、中国(6%)と日本からの購入も多い。越境ECからの購入する方が、自国で買うより安いことから越境ECを利用する消費者が増えている。
また、韓国のオンラインショップの利用を見ると、国内ECの利用は(73%)、国内の越境EC利用は(23%)、直接海外の越境EC利用は(4%)となっており、越境EC利用は27%と日本の越境EC利用率に比べると非常に高いことが分かる。
韓国ではオープンマーケット型のモールサイトが力を持っており、韓国で商品を販売するには、まず、この国内の越境EC利用する、つまりオープンマーケット型モールサイトにお店を開店するのが妥当な選択であることがわかる。

 

●韓国で人気のオープンマーケット型ECサイトって何?

韓国も日本同様、モノがなかなか売れない、小売業苦戦の時代であるが、オープンマーケットと呼ばれるモールサイトの売り上げは好調のようだ。オープンマーケットとは、個人や事業者が、商品を販売できる形態のオンラインショッピングモールだ。
誰でも自由に出店でき、不特定多数に向けて商品を売ることができる。韓国ではGmarket(Gマーケット)、COUPANG(クーパン)、11st.co.krなどが有名である。
下記に韓国の有名モールサイトをまとめた。

 

Gmarket(Gマーケット)

ジーマーケット

Gmarketは韓国最大のショッピングモールサイトである。今年2月には日本の楽天市場と協業し、相互出店できるようになった。英語、中国語(簡体字)にも対応しており、通貨表示、配送国を選択することができる。
日本からは韓国に向け、人気が高い化粧品、玩具、スポーツ用品などを販売でき、韓国からは日本に向け人気の高いファッションアイテム、化粧品などを販売できる。

 

 

COUPANG(クーパン)

クーパン画像

COUPANGはサービスインが2010年と遅まきながら、韓国人の2人に1人が使っているサイトである。これまで、国内売上が1兆ウォン(約940億円)を突破するなど、韓国の大手ECサイトと成長している。
ソフトバンクから10億ドルの出資を受けたCOUPANGの特徴は、自社物流ネットワークと配送拠点をもち、ロケット配送と呼ばれる同日配送を実現しているところだ。COUPANGはモバイル利用率が高いことも特徴で、全売上高の75%、アクセス数の85%がモバイルユーザーからの利用によるものだ。

 

LOTTE(ロッテ)

ロッテ画像

日本ではお菓子のロッテという印象が強いLOTTEだが、韓国ではホテル、百貨店、テーマパークなど展開する財閥グループで、ロッテ百貨店、テレビ通販と連動し、越境EC出店も可能となっている。

 

STYLENANDA(スタイルナンダ)

スタイルナンダ

今年2月にはリアル店舗が日本上陸したファッションブランド、STYLENANDAは中国、香港、タイ、シンガポールなどアジアを中心に人気が高まっている。
STYLENANDAはファッション関連専門の通販サイトで高いクオリティの写真が並び、服などの商品はモデルが着こなしたショットが多く掲載され、雑誌より着用イメージがわきやすいと評価が高い。

 

●越境ECで日本の商品を韓国に向け販売するには

本格的に越境ECで自社サイトで販売する前に、Gmarket(Gマーケット)などのオープンマーケットで販売し、様子を見るのが賢明だ。
韓国では、どんな商品がどのくらい売れるのか、オープンマーケットに出店して売れ行きを見るのが良い。
ある程度、売れる見込みが見えてきたところで、自社サイトで販売を開始するのが、順当なやり方である。

また、自社越境ECサイトで販売する場合は、集客が重要であるが、韓国の場合はSEOが通用しない。韓国では、自社サイトへの集客はNAVERへのサイト登録が威力を発揮する。
韓国はGoogle検索などより、NAVER検索の利用率が80%と高く、NAVERにおいての検索優位性を高めることが集客の鍵となり、越境EC開設はNAVERを中心に行わなければならない。

 

●まとめ

「平成27年度版観光白書」の国別の旅行者消費額を見ると、中国が5,583億円で(27.5%)を占めており、次いで台湾の3,544億円(18.5%)、韓国2,090億円(10.3%)、米国1,475億円(7.3%)、香港1,370億円(6.8%)の順に続き、これら上位の国は、日本からの越境EC、海外販路拡大のポテンシャルが高いということが推断できる。
越境ECのメリットは、日本国内に留まらず、海外でビジネスを広げられるというのが最大のメリットである。
日本では当たり前の商品でも、海外では手に入りにくかったり、目新しかったりする日本の商品やサービスはたくさんあり、新規顧客獲得という意味でも、海外に向かって商圏を広げることは重要である。
韓国に販路を広げるには韓国語が必須だが、言語の壁さえ乗り越えれば、韓国EC市場参入は容易で、その市場規模も小さくはない。韓国は日本製品ファンも多い国なので、行ってみる価値は十分あるといえる。

関連する記事

海外展開を支援する補助金・助成金制度を知ってますか?... 海外展開や販売を行うときに利用できる「補助金・助成金」についてご存知だろうか? 最近、よく耳にする言葉だ。しかし、その仕組みや内容については、意外と知られていないようだ。簡単に言うと「補助金、助成金」とは国や地方公共団体から支払われるお金のことで、返済の必要が無いものが多く、中小企業経営者に...
グローバルにみた各国の貿易・物流ネットワーク... DHLが先日発表した「GCI」 "グローバルコネクションズインデックス”では、製品サービス、資本、情報、人に関して各国が世界とどれだけ広くネットワークがあるかを分析している。 さらにそのネットワークの深さについても比較している。GCIによると、グローバリゼーションは前年...
海外展開に関する補助金・助成金情報(2016.December)... 今年も師走に入り、慌ただしくなってきた。今年最後の海外展開に関係する補助金・助成金の募集状況を紹介する。 補助金・助成金は国や地方自治体から支援される「返済不要のお金」である。助成金は要件が合えば基本的には受給でき、補助金は予算があるため、要件が合っても受給出来ない可能性がある。 今回は...
今年も始まる「春節」、越境ECへの影響は?... ここ最近、インバウント(訪日外国人旅行)といった話題を聞かない日はない。 ここ数年、訪日外国人の数は右肩上がりで増加しており、特に中国人観光客の訪日が大きい。爆買いブームは終わり、買い物から観光する・日本を体験することに目的がシフトしてきたと言われるが、中国では今月、1月27日(金)から2...
ヨーロッパのECビジネスの拠点は? EC越境サイトビジネスは、アジア、アメリカのブームに続いてヨーロッパでも急成長している。 ヨーロッパは世界でも有数の大規模市場、海外進出を考えている企業には見逃せないエリアである。 ヨーロッパ市場は新興国も含め、特にECビジネスにおいて急速に変化を遂げており、特にEU圏内での取引をスムーズに...
東南アジア最大級のECサイトLazada(ラザダ)を調べてみた... 越境EC市場というと中国が中心と言わざるをえないが、今、急成長を遂げ、中国の次のマーケットと呼ばれているのが東南アジア市場だ。東南アジア市場では、東南アジア6カ国で展開しているモール型ショッピングサイトがあることをご存知だろうか?Lazada(ラザダ)というサイトだ。 Lazadaは昨年、...

タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。