« ブログのトップページに戻る

アメリカ向けSEO対策はどうするの?

   投稿者 : 2016年9月15日 By

イメージ画像

越境ECを構築し、まず行わなければならいのが集客である。集客ができなければ、海外向けてECサイトを作ってもすぐに注文が入るわけではない。
欧米ではGoogleの利用が65.7%と圧倒的なシェアで、さらにビジネスマンの90%は1日に3回以上はパソコンまたはスマートフォンで”検索”しているというデータもある。この”検索”されたとき上位に表示されるように、まずはサイトを最適化することが必要となる。
今回はアメリカのGoogle検索結果で上位表示させるにはどうしたら良いか、つまり、アメリカにおけるSEO対策について調べてみた。

 

●SEOの基本は「キーワードの選定」と「コンテンツ」

日本でもアメリカでもSEO対策の基本は「キーワードの設定」だ。「Search Marketing Benchmark Report – SEO Edition」によると、SEOで効果創出のために重要なものとして「Keyword Research」が1位となっている。
キーワードの設定として重要なのは、ターゲットユーザーを明確にして、ターゲットが検索エンジンに入力する言葉を見極めることである。そして、ユーザーの特徴として、一語のみで検索する割合が約20%、2〜4語の複合ワードで検索する割合が60%となっており、一語より競合の少ない複合キーワードでキーワード選定するのが良い。
そして、さらに「キーワードの設定」の他にGoogleの最近の重要なアルゴリズムのポイントは「ユーザーの検索意図を理解して、どんなページが適切かを自動的に判断できる」というものがある。
以前であれば、キーワードに対して、そのキーワードを文書中にたくさん表記したり、キーワードに関連するリンクをたくさん集めたりすることで検索上位になることもできたが、今のGoogleは「キーワード」に対する「コンテンツ」も重視する内容になっている。
つまりアメリカではコンテンツマーケティングをサイト内で充実させる”コンテンツSEO”が重要視されているのである。

 

●モバイルフレンドリーは上位に表示される

スマートフォン使用率が58%のアメリカにおいては、スマートフォン検索に対応したモバイルフレンドリー対策は越境ECでも必要不可欠になっている。
どんなに良いコンテンツであっても、モバイル検索されたとき、モバイル対応したサイトでないと上位に表示されないというモバイルフレンドリーは昨年4月にGoogleより発表され、今年、5月にはさらにモバイルフレンドリーは強化されたようだ。
今後はますます、スマフォ対応のサイトを構築することは、集客にとって必須となっている。

図表

 

●上質コンテンツが検索に反映される「パンダアップデート」

パンダアップデートとは、Googleがサイトのコンテンツの品質を評価し、順位を上昇または下降させる、Googleのアルゴリズムである。アメリカではこの「パンダアップデート」による、検索順位に乱れがでてきているようだ。
パラダイムアップデートの特徴は、まず、サイトをコピーしただけのページや情報量の少ない低品質なページの順位を下げるというのが一つ。さらに研究結果や分析されたレポートなど、オリジナルなページは順位を上げるというものだ。
オリジナルで情報量が多く、ユーザーのためになるコンテンツ作りが重要であるということだ。SEO対策は単にHTMLを最適化するだけではなく、情報の質=「人が読みたくなる良いコンテンツを持っているかどうか」が問われる時代になった。

 

●ペンギンアップデートにならないようにリンクページを精査する

ペンギンアップデートにより順位が下がったのはないかというサイトもあり、このペンギンアップデート対策、つまり被リンク先をもう一度確認し、リンク設定を正すことも重要である。
「ペンギンアップデート」とは、ページ内容とは関係のない意味のないサイトや、またはリンク先が低品質なサイトへのリンクではないか、Googleがリンクをチェックし、そのアルゴリズムがアップデートされているのだ。
ペンギンアップデートのアルゴリズムは人為的にリンク獲得が行われているサイトやSEOだけを目的とした意味のないリンク集サイトから大量のリンクが貼られていたサイトなどのランクを下げるというものである。
リンクを貼る場合、または、貼られる場合の基本はとしては「ディープリンク」、「ゲストポスト」、「シンジケーション」である。「ディープリンク」とはリンクを記事の参考としてリンクを貼る場合にサイトのトップページではなく、参考となった内容ページに直接貼るということ。
そして「ゲストポスト」とは、他のサイトの記事に対し良いコンテンツを投稿し、署名欄に自分サイトリンク先を貼ってもらう方法である。「シンジケーション」とは訪れたユーザーに対し記事と関連した参考となる外部リンクを提供し、顧客満足度を上げる方法である。

 

●ローカルSEOの重要性が高まる「ベニスアップデート」

ベニスアップデートとは、ユーザーが検索する現在位置によって、その近隣エリアに存在する店舗や施設などが優先的に検索結果に反映されるアルゴリズムをいう。
これはローカルエリアをターゲットとしたウェブサイトが優先されるアルゴリズムだ。ベニスアップデートはユーザーの検索場所の基づいてローカライズされるもので、渋谷にいる人が「レストラン」と入力して検索すると渋谷にあるレストランのサイトがランキングにおいて優遇され、表示されるものである。
主に店舗や施設などの場合は、このローカルSEO対策が重要になってきており、ローカライズされたサイト構築をすることで検索結果で上位表示されるようになる。
対応方法としては郵便番号や住所、電話番号、地図などの所在地をサイトに掲載する。地域に関連した情報を掲載する。タイトルタグやキーワードに所在エリアを入れるなどがある。

 

●TwitterやFacebook等のSNS対策をする

検索エンジンはSNSユーザーの関心の高さ、共有度の高さを評価基準に取り入れている。つまり、SNSマーケティングを行う必要があるということだ。
具体的には、Facebookボタン・ページを活用し、「いいね」「シェア」を増やす。Twitterを活用し、ツイート、リツイート、フォロワーを増やす。Google+1を活用し、共有してもらうなどであるが、SNSとサイトコンテンツをつなげることで、SNSからのトラフィックが増え、サイト全体のアクセスが高まれば、サイトパフォーマンスが向上しやすくなる。
そしてSNSリンクされることで、URLが拡散され、自然な被リンクが増えやすくなり、アクセス数のアップ+検索エンジン対策の双方にメリットが生まれる。

 

●"キーワード検索"から"セマンティック検索"へ

これまでのキーワード検索から導き出された検索結果はキーワードの関連性から検索処理されたものだったが、これからは「セマンティック検索」へと変わってゆくだろう。
これは、”ランクブレイン”と呼ばれる人工知能「AI」システムをベースとしたアルゴリズムで、「AI」による学習機能で得た膨大な検索クエリのデータを使い、ユーザーが入力した検索キーワードから、ユーザーが何の情報を求めているかを推測し、ユーザーが知りたいことを表示するというものだ。
この”ランクブレイン”と呼ばれるアルゴリズムはGoogle検索の数百あると言われるアルゴリズムの一つであり、これはSEO要因そのものではなく、対応策は具体的にはないが、これはGoogleの思想である、ヒト、モノ、コトに関する様々な実体情報を検索結果の要素として含ませるということが現実化した内容と言える。

 

まとめ

Googleが昔から変わらずWebサイトに求めていることは「ユーザーの利便性を第一に考える」ということである。
日本でもアメリカでも、ユーザーに質高い有意義な情報を提供し続けていれば、検索順位は上がり、トラフィックは向上する。
また、2016年2月にはジョン・ジャナンドレア氏が検索エンジンの責任者に就任した。彼は人工知能(AI)の責任者でもあることから、今後は、Google検索に人工知能(AI)が搭載され、人工知能よる検索行動の機械学習が進み、検索結果に反映されていくと思われる。

関連する記事

加速する越境EC! 今、越境EC市場を捉える... 日本の総人口は、出生率の低下から、大きく減少することは明らかである。(図-1)を参考いただきたい。2010年に1億2806万人だった人口は徐々に減少し、50年後の2060年には8674万人とも予測されている。 さらに総人口の39.9%が65歳の高齢者となる。超少子高齢化社会となるのは周知の事...
eBay出品代行ツールを使って世界で商品を売ってみよう... Live CommerceではeBay出品代行ツールで簡単にeBay出品できるシステムを独自に開発した。今のところ、出品可能な商品は腕時計、財布、バック、ジュエリー、カメラとなっているが、今回はその使い方、弊社のシステムでのeBay出品の方法を紹介する。   Live Comm...
インドの越境ECポテンシャルは? 今後、10年も経たないうちに、世界の全て産業は3つの市場に絞られていくだろうと言われている。 それはアメリカと中国そして、インドである。インドは若い世代が多い。そして消費意欲も高い。 インドの2015年~2018年のオンラインショッピングの平均成長率を見ても38%と急激な伸びを見せている...
越境ECで売り上げ好調なサイト -NO.2 –... 日本では国内向けEC市場は成長を続けるものの、少子高齢化問題など、一部市場では伸び率に翳りが見られる分野もある。そのような中、早い時期に国内から海外に視点を変えることで、成功している企業も多い。12月20日のジェトロの報告書にもあるように海外販売で日本の商材を販売するという市場は魅力的な分野...
越境ECではどんなモノが売れるのか? 日本の国内EC市場は成熟期といわれるなか、越境ECつまり、海外向け商品販売はまだ、黎明期と言われている市場である。少子高齢化により縮小しつつある日本の消費市場から、販路を海外に向け、越境ECに取り組む企業が増えている。日本にいながら、リスクを最小にし、商品を海外にネット販売するのが越境ECである...
イギリスの越境EC、Eコマース事情 2016年に日本に訪れたイギリス人は29万2,457人となっており、ヨーロッパ諸国では、日本へ訪れた国民が一番多かったのがイギリス人である。 また、イギリス人は旅行支出額が大きいこと、ビジネス関連で訪日が多いのが特徴のようだ。イギリスの人口は約6,490万人、そのうち93%がインターネット...

タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。