« ブログのトップページに戻る

海外向けネットショップ “まるごと” セミナー&大相談会 2014

   投稿者 : 2014年11月24日 By

海外向けネットショップ “まるごと” セミナー&大相談会 2014

と題した350名定員の大規模セミナーをやります。場所は市ヶ谷、費用は無料です。残席も少なくなっているそうなのでこちらからお申込みください。パンフレットのリンク

簡単に言うと、経産省の予算で越境ECをもっと加速させるために各関係業者一同が1つの会場に集まり、1つの会場内で越境ECのイロハをいろいろと情報取集できるといったところでしょうか。

で、今回Live Commerceとして私も登壇するのですが、このセミナー終了後に特別ボーナスを用意しています。それはこのブログを読んだ方なら理解していると思いますが、越境ECの周辺ビジネスが世の中的にいろいろと出始めていますが、このビジネスは現在長期的なスパンで見た場合、越境ECを立ち上げられて、越境ECを新たなビジネスとして中小企業に提案できる人材、つまり越境ECの専門家が少なすぎる、、、という課題があります。今、越境ECはどの企業でもやりたい新たな事業です。

しかし、ウェブ制作会社のプロデューサーも広告代理店もなんちゃらプロデューサーと名のつく方も、ジェトロの方も今回このセミナーに来る方も、自称AmazonやeBayで成功商材を売っている方も、越境ECをゼロベースで立ち上げられるスキルがあまりにも人材市場にはいないのです。(だから当社に仕事がいっぱい来ています。)

当社の自慢したいのではなく、このセミナーに参加していただいた方には、特別で越境ECの専門家になるためのパスポートをお渡しします。詳細はセミナーに参加後、当社のブースに来ていただいきパスワードをお伝えください。正解するとパスポートをお渡しします。そのパスポートを受け取ったあなたには越境ECの専門家になるための○○が書かれています。ぜひお楽しみに。

なぜ越境ECの専門家が必要なのか?

ビジネスを始めても、すぐに失敗するのは主に2つの理由がある。
それは資金難ビジネススキルの欠如だ。

2つのうち、より深刻なのはビジネススキルがあれば、資金を作ることはできるが、資金があってもビジネススキルがなければ、お金はすぐになくなってしまう。

そこで、起業家にとって必要なビジネススキルとは何か?

起業家は4つのスキルを持っていなければならない。4つのスキルとはセールス会計投資、そしてリーダーシップだ。 … 中略 … そしてセールスができなければ、ほかの3つのスキルは必要ない —- それらを使うチャンスがないからだ。

これはあの有名な金持ち父さんのアドバイスである。

では、セールススキルとは何か?
それは、 いろいろな解釈があるが、7つの習慣を日本に紹介したジェームス・スキナー氏の言葉を借りると、セールスはビジネスストーリーを必要な人に伝えることである。

商品の性能や用途、利便性を紹介しても、誰も興味・関心を引くことはあまりない。
しかし、その商品は誰が何のために作ったのか、どんな人がその開発にかかわっているのか、そうしたビジネスのストーリーを起業家は伝えなければならにということだ。これをストーリーテラーというが、起業家にもっとも必要とされるスキルは自分のビジネスのストーリーテラーでなければならない。24時間365日自分のビジネスをすぐに伝えられるような状態にしておく必要がある。

例えば、ブログを書くことも大きく見れば、自分のビジネスの1部分を文字に起こして人に伝えている。Eメールでコミュニケーションするときも、「了解しました、、、」ではなく、相手が気持ちよく返信してもらえるような、文章をかけなければならない。

何かを売る前に、その商品をどの手段で、誰に、どんな手順で伝えると人の心を動かすことができるのか?
これは、先天的なスキルではなく、正しい教育を受けることでだれでもストーリーテラーになることができるわけです。越境ECの専門家になるということは、正しい教育を受け、あなたも企業の商品を越境で販売できるスキルを身につけるのと同じことです。

越境ECの専門家になることは、今後10年、20年という長いスパンで多くの企業を助け、また同時にあなた自身を助けることのできる絶対的なスキルになることでしょう。

関連する記事

注意 : Google Adwordsを初期設定のまま運用すると あなたのビジネスは破滅します... Google Adwords でインターネット広告を利用している方へ インターネット広告への投資はギャンブルでも確率論でもない、ルールと計算に基づいて高い投資対効果をあげる事ができる。 400%、1000%、場合によっては5000%以上のROIを出している企業もあるかもしれない。しかし、こ...
海外で売れている日本製品 その2 海外で売れる日本製品 その1はこちら 海外向けのネットショップをやることができる立場は2つしかありません。 1つ目は法人が自社製品を世界に向けて販売していくという一般的な理由。 2つ目は個人が日本に埋もれている商品を世界に向けて販売していくという副業的な理由。 1つ目を実行できるのは限られ...
アルゼンチンのネット通販 2021年までに利用者数1990万人へ... アルゼンチン アルゼンチンのソーシャルメディア、ネット通販事情について見ていきましょう。 経済 アルゼンチンの人口は4,300万人、GDPは5,850億ドルであり1人あたりのGDPは10,167ドルであり2021年までに11,965ドルへ上昇が期待されている。世界銀行のGDPランクでは7...
タブレット端末がEコマースに及ぼす影響... 2010年春にiPadが発売されて以降、タブレット端末を使用する人は年々増加しています。 スマートフォンよりも画面が大きく、視認性や操作性の高いタブレット端末は、パソコン並みの環境でインターネットを利用できます。そのうえ、パソコンよりも軽くて起動が早く、バッテリーも長持ちするので、普段使い...
コンテンツマーケティングを診断!5つの指標... コンテンツマーケティングは、Eコマースサイトでの売上アップを目標に、長期的な視点から行うものです。そのため、取り組んでいるコンテンツが売上につながるまでには、どうしてもタイムラグが生じてしまいます。 そこで、今やっているコンテンツマーケリングの方向性が正しいのかどうか、すぐに判断できる5つの...
定期購入制で躍進するECサイトのビジネスモデル... サブスクリプション(Subscription)型に対応したECサイトは、雑誌の定期購読のように、消費者がそのショップに定期購入の申込みをして、月々の会費を払い続けることで、ショップ側が選定したオススメ商品(またはシャンプーやコンタクトレンズのような消耗品)が毎月届く仕組みです。 定期購入販売とは?...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。