« ブログのトップページに戻る

海外向けネットショップ “まるごと” セミナー&大相談会 2014

   投稿者 : 2014年11月24日 By

海外向けネットショップ “まるごと” セミナー&大相談会 2014

と題した350名定員の大規模セミナーをやります。場所は市ヶ谷、費用は無料です。残席も少なくなっているそうなのでこちらからお申込みください。パンフレットのリンク

簡単に言うと、経産省の予算で越境ECをもっと加速させるために各関係業者一同が1つの会場に集まり、1つの会場内で越境ECのイロハをいろいろと情報取集できるといったところでしょうか。

で、今回Live Commerceとして私も登壇するのですが、このセミナー終了後に特別ボーナスを用意しています。それはこのブログを読んだ方なら理解していると思いますが、越境ECの周辺ビジネスが世の中的にいろいろと出始めていますが、このビジネスは現在長期的なスパンで見た場合、越境ECを立ち上げられて、越境ECを新たなビジネスとして中小企業に提案できる人材、つまり越境ECの専門家が少なすぎる、、、という課題があります。今、越境ECはどの企業でもやりたい新たな事業です。

しかし、ウェブ制作会社のプロデューサーも広告代理店もなんちゃらプロデューサーと名のつく方も、ジェトロの方も今回このセミナーに来る方も、自称AmazonやeBayで成功商材を売っている方も、越境ECをゼロベースで立ち上げられるスキルがあまりにも人材市場にはいないのです。(だから当社に仕事がいっぱい来ています。)

当社の自慢したいのではなく、このセミナーに参加していただいた方には、特別で越境ECの専門家になるためのパスポートをお渡しします。詳細はセミナーに参加後、当社のブースに来ていただいきパスワードをお伝えください。正解するとパスポートをお渡しします。そのパスポートを受け取ったあなたには越境ECの専門家になるための○○が書かれています。ぜひお楽しみに。

なぜ越境ECの専門家が必要なのか?

ビジネスを始めても、すぐに失敗するのは主に2つの理由がある。
それは資金難ビジネススキルの欠如だ。

2つのうち、より深刻なのはビジネススキルがあれば、資金を作ることはできるが、資金があってもビジネススキルがなければ、お金はすぐになくなってしまう。

そこで、起業家にとって必要なビジネススキルとは何か?

起業家は4つのスキルを持っていなければならない。4つのスキルとはセールス会計投資、そしてリーダーシップだ。 … 中略 … そしてセールスができなければ、ほかの3つのスキルは必要ない —- それらを使うチャンスがないからだ。

これはあの有名な金持ち父さんのアドバイスである。

では、セールススキルとは何か?
それは、 いろいろな解釈があるが、7つの習慣を日本に紹介したジェームス・スキナー氏の言葉を借りると、セールスはビジネスストーリーを必要な人に伝えることである。

商品の性能や用途、利便性を紹介しても、誰も興味・関心を引くことはあまりない。
しかし、その商品は誰が何のために作ったのか、どんな人がその開発にかかわっているのか、そうしたビジネスのストーリーを起業家は伝えなければならにということだ。これをストーリーテラーというが、起業家にもっとも必要とされるスキルは自分のビジネスのストーリーテラーでなければならない。24時間365日自分のビジネスをすぐに伝えられるような状態にしておく必要がある。

例えば、ブログを書くことも大きく見れば、自分のビジネスの1部分を文字に起こして人に伝えている。Eメールでコミュニケーションするときも、「了解しました、、、」ではなく、相手が気持ちよく返信してもらえるような、文章をかけなければならない。

何かを売る前に、その商品をどの手段で、誰に、どんな手順で伝えると人の心を動かすことができるのか?
これは、先天的なスキルではなく、正しい教育を受けることでだれでもストーリーテラーになることができるわけです。越境ECの専門家になるということは、正しい教育を受け、あなたも企業の商品を越境で販売できるスキルを身につけるのと同じことです。

越境ECの専門家になることは、今後10年、20年という長いスパンで多くの企業を助け、また同時にあなた自身を助けることのできる絶対的なスキルになることでしょう。

関連する記事

日本ブランドメーカーの海外ネット販売入門 – B2BからB2Cへの商流転換せずに海外売上... 国内ネット通販と海外ネット通販のデファクト 国内ネット通販を今から新規で立ち上げるとなると、日本中のどのITコンサルに相談しても「楽天・ヤフーショッピング・Amazon・自社サイトの複数店舗で展開する」ことを薦めるのが一般的だ。規模の大小に関わらず自社サイトと併用してモールへの出店はコストが安い...
中国向けECトピック、なぜ現地価格より越境ECの方が安いのか?... お隣の国、中国の電子商取引の成長率だが米国を抜き現在は世界1位になっている。 市場としての魅力はもちろんだが、各国間の政治的関係悪化などで、大手企業を除いては、未だネットベースでのビジネスはほとんど進展がないもの事実だろう。 しかし、この数年で明らかになってきたことがある。それは現地進出し...
ECサイト – 何に企業は投資しているのか? 〜最新の米ECサイト情報〜... 私が定期購読しているアメリカのEコマース情報誌IRCEの最新号で、「ECサイトの技術関連(システム開発等)にかける予算として優先度が高いものは?」というアンケート結果が掲載されていたので、今日はアメリカの最新Eコマース情報をお届けします。 ダントツの1位はECサイトのプラットフォーム(...
越境ECサイトのローカライズを実現させるための3つのポイント... 越境ECサイトを成功させるための戦略は、まず、消費者に着目する事である。ECサイトは急速に成長しており、今後、消費者の需要はさらに高まる傾向にある。 ここ最近、アメリカでは、カナダをはじめ、イギリス、オーストラリアなどの消費者向けの、比較的シンプルな海外向けECのサイトが存在するが、市場はグ...
中古車輸出向けの販売サイトテンプレート... Live Commerceでは現在ウェブデザイン用のテーマを毎月1つのペースで追加しておりますが、今回は中古車輸出業に特化したデザインテーマをリリースしました。 中古車輸出業のホームページでは主に次の機能が求められます。 中古車の登録 各種オプションの選択(新品タイヤ、オイル、バッ...
フランスの靴下専門ECによる、虹色のウェブデザイン... 日本国内における、靴下専門のオンラインストアといえば、まず思い浮かべるのがTabioでしょうか。同社のECサイトを見てみると、1列4枚のサムネイル画像を掲載し、各画像に “コンテンツ”を持たせています。例えば、「浅野忠信コラボ」や「オシャレ読モの足もとコーデ」などです。しかし...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。