ヨーロッパのECビジネスの拠点は?

イメージ写真

EC越境サイトビジネスは、アジア、アメリカのブームに続いてヨーロッパでも急成長している。 ヨーロッパは世界でも有数の大規模市場、海外進出を考えている企業には見逃せないエリアである。
ヨーロッパ市場は新興国も含め、特にECビジネスにおいて急速に変化を遂げており、特にEU圏内での取引をスムーズにするためにも税制面、物流コスト、納期、返品リスク、コストの負担を軽減するように取り組んでいる。
EU全体に販売網を拡大する場合は、ヨーロッパに配送センターを設置することが最も効率的である。そこで、着目すべき所は「オランダ」である。これまで、ヨーロッパのE-ゲートの極めて重要な役割を担っていることでも有名である。
ヨーロッパの主要市場と言われるイギリス、ドイツ、フランスに近く、インフラ整備と多様なサービスが充実しているオランダは、グローバル物流ネットワークの拠点として、ヨーロッパ全体のサプライチェーンの構築も容易に可能、ECビジネスにおいて拠点国としてトップに挙げられる。

 

●オランダに拠点をおくメリットとは?

オランダ写真

  • ドイツ、フランス、UKに近い
  • インフラ整備が充実, 様々な物流サービス、手段が存在する
  • ヨーロッパ圏内は24時間輸送、目的地には翌日到着可能(空輪、トラック輸送)
  • ECビジネスに必要とされる輸送、税関、代理店などのワンストップサービスあり
  • オンライン物流システム構築、サプライチェーン、ICTサービス
  • 生産性を高める正確なシステム
  • 注文受付時間が他の国に比べて長い (9:00 PMまで) ドイツとイギリスは通常の業務時間が(12:00 PM – 4:00 PM)
  • アイントホーヘン工科大学などECビジネスの最先端技術センターが存在する
  • オンラインビジネスに特化したハイクオリティー、効果的な不動産投資ソリューション
  • 高学歴、マルチリンガル、フレキシブルな雇用形態が実現可能
  • 税制面での魅力的な優遇措置 (輸入課税は商品発送後)

国際貿易の拠点として現在12100社がトラック輸送サービス、さらに、その中の500社は乙仲業務、税関代行、倉庫、ラベル作業、組み立てなどの様々な物流サービスや注文受付、検索サービスなどを提供しているので外注が簡単

オランダ写真02

  • ヨーロッパ全体で816 万人の人口のうち565万人がインターネットを利用(69%)、オンラインショッピングをする人口は264万人(32%)
  • 645000件のオンラインビジネスが存在するヨーロッパでは、配送件数が30億を超えている
  • ヨーロッパの上位ランクインするウェブサイトの56%はオンラインだけのビジネス、38%は店舗あり、そして残りの6%は直販である
  • オランダのオンライン販売総売上は90億ユーロ、37500社が販売しているが2020年までにはこのシェアが6%から25%まで増加すると見込んでいる
  • 特に電化製品、生活用品、コンピュータ関連機器、医療機器などが注目されている
  • 空港は4つ(アムステルダム、ロッテルダム、マーストリヒト、アイントホーヘンなど)
  • ヨーロッパ最大の規模を誇るロッテルダム港とアムステルダム港
  • 85,000 マイルの国道、3200マイルの高速道路設備
  • 3,235マイルのウォーターウェイと内陸輸送の充実 
  • 11,185マイルのガス、オイルなどのパイプライン網

オランダ写真03

 

●まとめ

海外進出する企業にとって、特にオンラインビジネスは、オランダでは多種多様の代理店サービスが可能で税制面での優遇はもとより、イギリスやドイツなどの大市場にも隣接していることから、物流システムもリーズナブルでかなり充実している。
ビジネススタートする際にも政府関連機関からの様々な産業やサービスの情報提供をしてくれ、オフィスの賃貸も安価でワークシェアリングなら月に50ユーロから可能だ。(週に5時間利用の場合)
今後もECに特化したビジネスが伸びていくことが予想されることから、ますますオランダのような国に拠点をおいてヨーロッパで活動する会社が増加していくと思われる。 

 

参考サイト:SEARCH RESULTS FOR ‘EUROPEAN E-COMMERCE IS BOOMING’

関連する記事

海外販売に関する補助金・助成金情報(2018.April)... 2018年も4月、企業で言えば入社式、新年度のスタート。小中学、高等学校では入学、新学期のシーズンに入った。 今月も4月の最新の補助金、助成金情報をまとめてみた。 補助金・助成金とは国や地方自治体から民間企業へ資金支援する返済不要のお金である。 補助金と助成金の違いは、補助金には予算があ...
海外のECプラットフォームのメリットは?... 日本のBtoCにおけるEC市場規模は15兆1,358億円(2016年)、2020年には20兆円規模にまで拡大すると予測されている。EC化率は物販系分野で5.43%。このEC化率においてはアメリカは7%、中国は15%などと比べるとまだまだ低い数字と言えるだろう。 逆に言えば、まだまだ、店舗が...
海外展開を支援する補助金・助成金制度を知ってますか?... 海外展開や販売を行うときに利用できる「補助金・助成金」についてご存知だろうか? 最近、よく耳にする言葉だ。しかし、その仕組みや内容については、意外と知られていないようだ。簡単に言うと「補助金、助成金」とは国や地方公共団体から支払われるお金のことで、返済の必要が無いものが多く、中小企業経営者に...
Live Commerceで日本の釣り具を世界に販売する 「ASIAN PORTAL」大谷社長にイン... 今回は、今年6月より、スタートアップした「ASIAN PORTAL FISHING」の大谷社長にいろいろとお話を伺った。「ASIAN PORTAL FISHING」では日本の釣り具メーカー約300社を集約し、Fishingに特化した商品を海外に販売している。 オープン間もないが、事業内容や...
越境EC 台湾のポテンシャルは? 越境ECと言うと、まず、その市場としてイメージされるのはアメリカ、中国だが、中国の南、台湾もなかなか魅力的な市場であることはあまり、知られていない。 今年、5月9日にナビプラス株式会社が発表した越境ECで買い物をした、相手国で売上トップは台湾となって、2位はアメリカ、3位は中国であったと報...
越境ECは観光事業を拡大する有効なチャネルである... 日本を訪れる外国人観光客数は年々拡大し、観光庁の発表によると、2018年は過去最高の3,119万人(前年比8.7%増)となった。 昨年のトップは中国の838万人、次いで韓国753.9万人、さらに台湾の475.7万人、香港の220.8万人、アメリカの152.2万人と続いている。 そして、旅...

タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ