« ブログのトップページに戻る

ヨーロッパのECビジネスの拠点は?

   投稿者 : 2016年12月26日 By

イメージ写真

EC越境サイトビジネスは、アジア、アメリカのブームに続いてヨーロッパでも急成長している。 ヨーロッパは世界でも有数の大規模市場、海外進出を考えている企業には見逃せないエリアである。
ヨーロッパ市場は新興国も含め、特にECビジネスにおいて急速に変化を遂げており、特にEU圏内での取引をスムーズにするためにも税制面、物流コスト、納期、返品リスク、コストの負担を軽減するように取り組んでいる。
EU全体に販売網を拡大する場合は、ヨーロッパに配送センターを設置することが最も効率的である。そこで、着目すべき所は「オランダ」である。これまで、ヨーロッパのE-ゲートの極めて重要な役割を担っていることでも有名である。
ヨーロッパの主要市場と言われるイギリス、ドイツ、フランスに近く、インフラ整備と多様なサービスが充実しているオランダは、グローバル物流ネットワークの拠点として、ヨーロッパ全体のサプライチェーンの構築も容易に可能、ECビジネスにおいて拠点国としてトップに挙げられる。

 

●オランダに拠点をおくメリットとは?

オランダ写真

  • ドイツ、フランス、UKに近い
  • インフラ整備が充実, 様々な物流サービス、手段が存在する
  • ヨーロッパ圏内は24時間輸送、目的地には翌日到着可能(空輪、トラック輸送)
  • ECビジネスに必要とされる輸送、税関、代理店などのワンストップサービスあり
  • オンライン物流システム構築、サプライチェーン、ICTサービス
  • 生産性を高める正確なシステム
  • 注文受付時間が他の国に比べて長い (9:00 PMまで) ドイツとイギリスは通常の業務時間が(12:00 PM – 4:00 PM)
  • アイントホーヘン工科大学などECビジネスの最先端技術センターが存在する
  • オンラインビジネスに特化したハイクオリティー、効果的な不動産投資ソリューション
  • 高学歴、マルチリンガル、フレキシブルな雇用形態が実現可能
  • 税制面での魅力的な優遇措置 (輸入課税は商品発送後)

国際貿易の拠点として現在12100社がトラック輸送サービス、さらに、その中の500社は乙仲業務、税関代行、倉庫、ラベル作業、組み立てなどの様々な物流サービスや注文受付、検索サービスなどを提供しているので外注が簡単

オランダ写真02

  • ヨーロッパ全体で816 万人の人口のうち565万人がインターネットを利用(69%)、オンラインショッピングをする人口は264万人(32%)
  • 645000件のオンラインビジネスが存在するヨーロッパでは、配送件数が30億を超えている
  • ヨーロッパの上位ランクインするウェブサイトの56%はオンラインだけのビジネス、38%は店舗あり、そして残りの6%は直販である
  • オランダのオンライン販売総売上は90億ユーロ、37500社が販売しているが2020年までにはこのシェアが6%から25%まで増加すると見込んでいる
  • 特に電化製品、生活用品、コンピュータ関連機器、医療機器などが注目されている
  • 空港は4つ(アムステルダム、ロッテルダム、マーストリヒト、アイントホーヘンなど)
  • ヨーロッパ最大の規模を誇るロッテルダム港とアムステルダム港
  • 85,000 マイルの国道、3200マイルの高速道路設備
  • 3,235マイルのウォーターウェイと内陸輸送の充実 
  • 11,185マイルのガス、オイルなどのパイプライン網

オランダ写真03

 

●まとめ

海外進出する企業にとって、特にオンラインビジネスは、オランダでは多種多様の代理店サービスが可能で税制面での優遇はもとより、イギリスやドイツなどの大市場にも隣接していることから、物流システムもリーズナブルでかなり充実している。
ビジネススタートする際にも政府関連機関からの様々な産業やサービスの情報提供をしてくれ、オフィスの賃貸も安価でワークシェアリングなら月に50ユーロから可能だ。(週に5時間利用の場合)
今後もECに特化したビジネスが伸びていくことが予想されることから、ますますオランダのような国に拠点をおいてヨーロッパで活動する会社が増加していくと思われる。 

 

参考サイト:SEARCH RESULTS FOR ‘EUROPEAN E-COMMERCE IS BOOMING’

関連する記事

ヨーロッパのクラウドベース物流サービス... ヨーロッパのEコマースは日々発展している。ヨーロッパはEU圏内といっても他国になるため、距離とは関係なく物流や決済が複雑である。 商品の販売規定もそれぞれの国で異なるため、販売を開始する前に、ヨーロッパの法律を統括する機関European Commissionで内容を調査をしなければならな...
越境EC マレーシアのポテンシャルは?... 9月3日、東京都は越境ECで中国向け販売、マレーシア向け販売を支援する事業を開始した。 これは中国とマレーシアの現地モールに特設サイトを開設し、販売するというものだ。中国では、「寺庫(スーク―)」モールサイトで、マレーシアは「11street(イレブンストリート)」での販売となる。 東京都...
海外販売に関する補助金・助成金情報(2019.April)... 4月に入り、入学式、入社式シーズンである。新元号も発表され、4月1日には働き方改革関連法が施行された。 今月から時間外労働の上限規制の導入、年次有給休暇の確実な取得などが適用され、この法令より日本人の労働環境がどこまで改善されるかがポイントである。 今月も最新の補助金、助成金情報をまとめた。...
越境ECで海外発送する際のポイント 海外に商品を発送するには日本郵便のEMSや、ヤマト国際宅急便、FedEx、DHL、UPSなどを利用するのが一般的である。その他にも、海外に商品発送する代行サービスを利用すれば、配送に関する不安を軽減されるだろう。 今回はこの海外に商品を発送する際のポイントについて見ていこう。  ...
加速する越境EC! 今、越境EC市場を捉える... 日本の総人口は、出生率の低下から、大きく減少することは明らかである。(図-1)を参考いただきたい。2010年に1億2806万人だった人口は徐々に減少し、50年後の2060年には8674万人とも予測されている。 さらに総人口の39.9%が65歳の高齢者となる。超少子高齢化社会となるのは周知の事...
保護中: 中国Eコマース最新情報 Macyが中国ECを一時中断した理由とは?... Macy'sをご存知でしょうか? アメリカではとても有名な小売店でオンラインストアでも世界中のユーザーに支持されているサイトです。そのMacyですが、中国大陸にもマーケットを拡大しているようですが、結果的にはこのマーケットではうまくいっていないようです。やはり中国市場での越境ECは難しい...

タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。