デジタルスタジオ 夏季休暇のお知らせ

令和元年の夏季休暇についてお知らせします。

拝啓 時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
弊社では、誠に勝手ながら下記の期間を夏季休暇とさせていただきます。
何卒、ご理解賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

敬具

  • 【休暇期間】 令和元年8月10日(土)~令和元年8月18日(日)
  • 【休暇後の営業日】令和元年8月19日(月)より平常通り営業いたします。
  • 【新規申し込み・メールでのお問い合わせ】
    休暇中にお送りいただきましたお問い合わせにつきましては、8月19日以降、順次対応させていただきます。
  • 【電話でのお問い合わせ】 期間中の電話でのお問い合わせは全て休止となります。

関連する記事

独身デーに見る中国の最新Eコマース事情... 11月11日の「独身デー」は中国における一大ショッピングデーです。「1111」とシングルを表す1が4つ並ぶことから1990年代に中国の大学生の間で始まったイベントデーですが、中国最大のEコマース事業者アリババが、2009年に独身デーを「ネット販売の特売日にしよう」と決めたことで、最近ではあらゆる...
越境EC 東南アジアでの売れ筋商品は?... 越境ECサイトを構築すると、日本にいながらにして、全世界の消費者を相手に商品販売を行うことができる。越境EC開設は、アメリカや中国だけではなく、全世界の消費者に向けてビジネスを加速させるチャンスである。 今回は、前回の『国別に見た越境ECでの売れ筋商品』に引き続き、東南アジアの各国別の消費...
2016年、日本のEC市場はどうだった? 今回も前回に引き続き経済産業省から2016年の「我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」報告書に基づき、国内のEC市場を中心にまとめてみた。 報告によると、日本国内のBtoC-EC市場規模は、15兆1,358億円。前年より9.9%増加したとしている。 各分野では物販系分野で8兆43...
甘くみてはいけない、ラグビーW杯のインバウンド効果... 8月21日、Googleトレンドワードで27%の高い上場率を見せたワードがある。 そのワードは「インバウンド」という当ブログではおなじみの言葉だ。 「インバウンド(Inbound)」とは、内向きに入ってくるという意味合いがあり、主に旅行関連では外国人が訪日することを指す。 なぜ、「イン...
今さら聞けない? SEO内部対策の基本 前回はユーザビリティについて書いたが、今回はSEO対策についても再確認してみたいと思う。こちらもユーザビリティと同様に継続的な見直しが必要な項目である。SEO対策とはズバリ、googleなどの検索エンジン対策である。 検索エンジンは日々サイト内の情報を収集し、その情報やコンテンツは評価され、...
今年も始まる「春節」、越境ECへの影響は?... ここ最近、インバウント(訪日外国人旅行)といった話題を聞かない日はない。 ここ数年、訪日外国人の数は右肩上がりで増加しており、特に中国人観光客の訪日が大きい。爆買いブームは終わり、買い物から観光する・日本を体験することに目的がシフトしてきたと言われるが、中国では今月、1月27日(金)から2...

コメントをどうぞ