Webマーケティングと違う? デジタルマーケティングって何?

良いものをつくれば、ものが売れる時代ではなくなったとよく言われる。
売るためにはマーケッティングが必要だし、広告ももちろん必要だ。これからの時代は、「デジタルマーケッティング」と呼ばれる、顧客と直接リアルタイムにコミュニケーションし、情報を取得し分析し、施策するデバイスがマーケットの中心となるのは確実なようだ。
2016年はこの「デジタルマーケッティング」つまり、「マーケッティングをデジタル化する」の手法であらゆるディバイスからの顧客情報をデジタルに分析し、確認し、コンバージョン率を上げる施策を講じることが重要な年になるだろう。
今回は前々回のマーケッティング用語では説明できなかった、「デジタルマーケッティング」にスポットし、そのポイントを整理してみた。

 

1.そもそも「デジタルマーケッティング」って何?

まず、デジタルマーケティングにおいて大切なことは、商品プロモーションである。
プロモーションは電子メディア、一般的にはインターネット中心に行うが、他にも携帯電話メール、スマートフォン、タブレットのモバイルアプリ、ポッドキャスト、電子看板、デジタルテレビ、デジタルラジオなど多義にわたる。
そして、従来のマーケッティングと違う点は、それら多義にわたるチャンネルから得られたデータを分析し、リアルタイムでその有用性を把握できる点で、デジタルマーケッティング担当者は、コンテンツの有無、閲覧頻度、閲覧時間、コンバージョン率を常に把握しその状況を確認し分析できるところにある。

 

2.Webマーケッティングとどうちがうのか?

WebマーケティングはPCサイトとモバイルサイトの単体で捉えるが、デジタルマーケティングはもっと広範囲である。Webサイト、モバイルサイトはもちろん、Eメール、スマートフォンアプリやソーシャルメディアも含まれる。
Webマーケティングとは、Webサイトの集客を考え、コンテンツや機能、サイト上での回遊、購買などのゴールを施策し、ユーザーの来訪から申込みまで、来訪から離脱などを測定し、Webサイトを改善するといったことがWebマーケッティングの全体像となる。
一方、デジタルマーケティングでは、もっと内容は広範囲になる。
ECサイト、ブランドサイト、コーポレートサイト、ソーシャルメディア、ソーシャルアプリ、デジタルサイネージなどのメディアを包括的に捉え、様々なチャンネルから集積される大量の顧客データを管理、分析し、活用することが、デジタルマーケティングの意味するところだ。

デジタルマーケッティング

3.デジタルマーケティングプラットフォームとは?

顧客(ユーザー)との接点をデジタル化し、顧客に最高の体験を与えるシステムがデジタルマーケティングプラットフォームだ。
あらゆるディバイスからの顧客データやユーザー接点をデジタル化、分析するプラットフォーム。
プラットフォームでは、様々なディバイスからデータが蓄積、分析・加工され、顧客の興味、関心、顧客状況など見える化することで、顧客とのコミュニケーションを適切な形で行うことができる。
例えば、メールを送るのは朝が良いか、夜が良いか、値引き幅は20%と30%では購買がどのように変わるのか?顧客との接点はどのディバイスが有効か?など、多くの蓄積されたデータを解析することで、ワントゥワンの接客が可能となる。

 

まとめ

デジタルマーケッティングとは、これまで,人力で行っていたマーケッティング業務を極力プラットフォームを使って、自動化することである。
グルーピングされた顧客や個人としての顧客に対して、よりリアルタイムに接点をもち、施策し、結果をデータ分析し、さらに改善してゆくマーケッティング手法でである。

関連する記事

デザイン4原則でラクラクデザイン -その3:反復(繰り返し)-... WEBサイト構築の際、デザインに統一感とオリジナリティを出すためには、今回の「反復の原則」つまり、「反復=繰り返し」を利用するとよいだろう。 「反復の原則」とは、全体を通して、同じデザイン要素を繰り返して使うことで、デザインに統一感、共通性を与え、全体としてのリズムを生み出す手法である。 ...
「自分」ブランドを構築するには? 会社や製品にはそれぞれの独自のブランドがあるが、多くの人が「自分ーパーソナル」ブランド確立は難しいと感じているようである。自らアピールしなければならない、人前にさらされてしまう、もしくは自分の存在や熱意すべてを捧げてしますような恐怖感もある。しかし、「パーソナル ブランディング」は、思ったより難...
2014年秋のコンテンツマーケティングアイデア... 暑かった夏が終わり、日に日に秋の気配が濃くなっています。こうした季節の変わり目には、ウェブコンテンツの内容も変化に合わせてブラッシュアップしたいものです。そこで今回は、これからの季節やイベントを意識した、コンテンツアイデアのヒントをご紹介します。 秋冬スタイルを提案 日に日に過ごしやすく...
ウェブ制作会社として食えない時代に?... Live Commerce の販売代理店を募集していると、さまざまなウェブ制作会社と会話する機会があります。 最近よく聞くのが、作るだけのウェブ制作会社だと、まともな案件がとれないということ。 ウェブサイトを作る背景も2000年代初頭とはだいぶ変わったと。そこで、今後ウェブ制作会社として食...
ebayが日本再上陸 勝算はどこにあるのか?... 2月27日(現地時間)米ebayはアジア各国で展開するECサイト「Qoo10(キューテン)」を運営するジオシスから、日本事業を買収したと発表し、実質、ebayは日本EC市場に再度参入することとなった。 ebayは1999年にヤフーオークションと同様のネットオークションサイトとして、日本に進...
加速する越境EC! 今、越境EC市場を捉える... 日本の総人口は、出生率の低下から、大きく減少することは明らかである。(図-1)を参考いただきたい。2010年に1億2806万人だった人口は徐々に減少し、50年後の2060年には8674万人とも予測されている。 さらに総人口の39.9%が65歳の高齢者となる。超少子高齢化社会となるのは周知の事...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ