« ブログのトップページに戻る

Webマーケティングと違う? デジタルマーケティングって何?

   投稿者 : 2016年2月16日 By

良いものをつくれば、ものが売れる時代ではなくなったとよく言われる。
売るためにはマーケッティングが必要だし、広告ももちろん必要だ。これからの時代は、「デジタルマーケッティング」と呼ばれる、顧客と直接リアルタイムにコミュニケーションし、情報を取得し分析し、施策するデバイスがマーケットの中心となるのは確実なようだ。
2016年はこの「デジタルマーケッティング」つまり、「マーケッティングをデジタル化する」の手法であらゆるディバイスからの顧客情報をデジタルに分析し、確認し、コンバージョン率を上げる施策を講じることが重要な年になるだろう。
今回は前々回のマーケッティング用語では説明できなかった、「デジタルマーケッティング」にスポットし、そのポイントを整理してみた。

 

1.そもそも「デジタルマーケッティング」って何?

まず、デジタルマーケティングにおいて大切なことは、商品プロモーションである。
プロモーションは電子メディア、一般的にはインターネット中心に行うが、他にも携帯電話メール、スマートフォン、タブレットのモバイルアプリ、ポッドキャスト、電子看板、デジタルテレビ、デジタルラジオなど多義にわたる。
そして、従来のマーケッティングと違う点は、それら多義にわたるチャンネルから得られたデータを分析し、リアルタイムでその有用性を把握できる点で、デジタルマーケッティング担当者は、コンテンツの有無、閲覧頻度、閲覧時間、コンバージョン率を常に把握しその状況を確認し分析できるところにある。

 

2.Webマーケッティングとどうちがうのか?

WebマーケティングはPCサイトとモバイルサイトの単体で捉えるが、デジタルマーケティングはもっと広範囲である。Webサイト、モバイルサイトはもちろん、Eメール、スマートフォンアプリやソーシャルメディアも含まれる。
Webマーケティングとは、Webサイトの集客を考え、コンテンツや機能、サイト上での回遊、購買などのゴールを施策し、ユーザーの来訪から申込みまで、来訪から離脱などを測定し、Webサイトを改善するといったことがWebマーケッティングの全体像となる。
一方、デジタルマーケティングでは、もっと内容は広範囲になる。
ECサイト、ブランドサイト、コーポレートサイト、ソーシャルメディア、ソーシャルアプリ、デジタルサイネージなどのメディアを包括的に捉え、様々なチャンネルから集積される大量の顧客データを管理、分析し、活用することが、デジタルマーケティングの意味するところだ。

デジタルマーケッティング

3.デジタルマーケティングプラットフォームとは?

顧客(ユーザー)との接点をデジタル化し、顧客に最高の体験を与えるシステムがデジタルマーケティングプラットフォームだ。
あらゆるディバイスからの顧客データやユーザー接点をデジタル化、分析するプラットフォーム。
プラットフォームでは、様々なディバイスからデータが蓄積、分析・加工され、顧客の興味、関心、顧客状況など見える化することで、顧客とのコミュニケーションを適切な形で行うことができる。
例えば、メールを送るのは朝が良いか、夜が良いか、値引き幅は20%と30%では購買がどのように変わるのか?顧客との接点はどのディバイスが有効か?など、多くの蓄積されたデータを解析することで、ワントゥワンの接客が可能となる。

 

まとめ

デジタルマーケッティングとは、これまで,人力で行っていたマーケッティング業務を極力プラットフォームを使って、自動化することである。
グルーピングされた顧客や個人としての顧客に対して、よりリアルタイムに接点をもち、施策し、結果をデータ分析し、さらに改善してゆくマーケッティング手法でである。

関連する記事

モバイルアプリも登場、ビジュアル検索のメリットとは?... 「ビジュアル検索」とは、商品の画像を利用して、求めている商品そのものや、欲しいイメージに似た商品を探す手法である。 Eコマースでは、アパレル関連企業に限らず多くの業界から注目されている。PC向けのウェブサイトに導入されているだけでなく、スマートフォンやタブレットなどのモバイルでは、内蔵カメラ...
越境ECで成功するためには 日本ではインバウンド需要の増加とともに越境ECムーブメントとも言える現象が起きている。 越境EC事業者向けのセミナーが多く開催されたり、越境ECサイト構築のための新しいサービスが登場したり、日々様々な独自サービスが開発され提供されている。 今や、これらサービスを使えば、誰でも簡単に越境E...
スモールビジネスの最初のステップーブランドを構築するには?... インターネット技術の急激な発達とイノベーションは、スモールビジネスに大きな変革とチャンスをもたらしている。従来のマーケティング活動といえば、予算のある大企業だけのマーケティングだったが、現在は、起業家も自らホームページを作成することが容易な時代である。 自由に予算内で自分に合ったWebマー...
海外のECサイトマーケット情報 海外のECサイトを運営している会社、そしてそのマーケットシェアはどうなのか最新の情報をまとめてみた。 まず、昨年度2015年10月の結果は次の図の通りで、1位がWooCommerce、Magnentoが2位であった。結果的に両社のマーケットシェアで約半数となり、この2社が独占していると思われ...
越境ECの関税はどうなってるの? 10月5日(月)TPP「環太平洋パートナーシップ協定」の交渉が大筋で合意に至った。この協定締結後には関税率が大きく変わることが予想される。 近い将来、特に参加12カ国のなかでもアメリカ、オーストラリアなどでは扱う物品、商品により現時点より関税率が低く統一されることになるので、海外販売を行って...
2019年 Webデザインの潮流 Webデザインはその年、その年で新しいものが生まれ、トレンドとなったり、ならなかったりする。 2018年のトレンドと言えば、グラデーション、スプリット(分割)レイアウト、タイポグラフィデザインなど見た目のデザインが多かったように感じられる。 今年はどうだろうか? デザインを行うには「見た...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。