« ブログのトップページに戻る

eBay Amazon Lazada の在庫連携・受注管理が可能に – 成長市場 越境ECで月商1,000万は当たり前に

   投稿者 : 2019年7月3日 By
越境EC在庫連携 eBay Amazon Lazada

越境EC在庫連携 eBay Amazon Lazada

今年の3月に投稿した記事の続きになりますが、本日 eBay Amazon Lazada の各モール間の連携が可能になるLive Commerceのオプション「Limder」のオプションページを公開しました。

本ツールであるLimderオプションはビジネスソリューションであり、個人向けのツールではありません。主な利用対象者としては、メーカーを想定しています。メーカーが自社在庫を物流センターで管理しており、そこの在庫数をeBay Amazon Lazada の各モールで共有在庫としてシステムが各モールで受注れた場合に、即座に他のモールに在庫の引き当てを行い、在庫がないのに受注をしてしまうことを回避することができます。

ECサイト間の在庫連携と言えば、日本国内ではCross MallNext Engine が有名ですが、Limderも同じく同カテゴリのビジネスソリューションにはなりますが、海外専門の在庫連携ツールという位置づけになります。

越境ECで月商1,000万〜5,000万レベル、またはそれ以上

本ツールは、当社の最上位プランであるカスタマーサクセスプランのお客様が現在利用しています。

カスタマーサクセスプランは申込み後、越境ECマーケティング戦略が設計され、運用が開始されると間もなくして月商1,000万に到達します。さらにそこから月商1,000万〜5,000万への次のステップに上げるには広告による外部施策、既存顧客向け販促による内部施策の2つのアプローチがありますが、本ツールLimderは外部施策で露出するモールを増やすことで、売上拡大を狙うものです。同時にモール露出度が上がるため、自社サイトの知名度もあがり、自社サイトの売上もアップします。

他社の越境ECサービスの大半は、MagentoやShopifyによる越サイトの構築が未だに主になっています。ウェブ制作会社はあくまでもこれらのECサイトの構築でしかチャージすることができず、海外市場で日本の商品をどうやって売るのかという、最も重要な部分はほとんど触れていませんし、具体的な戦略プランがありません。

海外市場ではウェブサイトの制作ノウハウも国内とは全く違います。
縦長のランディングページのようなものはありませんし、ファーストビューで出力すべき重要項目も異なります。そのため、越境ECビジネスをMagentoが使えるから、、Shopifyをカスタマイズできるから、、といっただけ の理由で発注してしまうと、回り回って失敗したことに1年後に気づき、当社にその案件が回って来てます(笑)。

当社は全く違います。
最初から成功を約束できます。
特に、カスタマーサクセスプランにお申し込み頂いたお客様であれば、最短90日で海外市場から最初の1件目の受注を獲得しています。この感動体験を当社としては1日も早くお客様に届けることと、その時のお客様の喜びの顔がモチベーションになっています。

 

Limderオプションの開始にあたっては、自社サイトと連動して東南アジアであれば Lazada、米国であれは Amazon、嗜好品であれば全世界的に eBay で販売ができます。これらのモールと自社サイト間での在庫連携・受注データの取り込みをすべてLive Commerceで完結させます。

 

学習コスト

LimderはAmazonのセラーセントラルを意識して画面のUIを設計しています。
越境ECモールでの受注後の主な作業は

  1. EMS(またはSal, ePacket) 送り状の印刷
  2. 出荷通知

この2点です。これはeBay Amazon Lazada 関係なく、全て同じ作業になります。Limderはこの2つの作業を受注管理画面から1クリックで行えるようになっており、2番目の出荷通知で送り状にある追跡番号を入力すれば、各モール側では出荷済みのフラグに更新されます。Limderではこの2つの作業を行えれば、初心者でも受注管理が行えるようになっています。

したがって、受注後にeBay や Amazon の個別の管理画面にログインする必要がありません。

受注一覧画面から送り状印刷、出荷通知メールのアクションが行える。

導入コスト

Live Commerce利用中のお客様のみご利用いただけます。
Limderオプションは月間各モールの総受注件数400件までは月額1万円です。400件以上ある場合は1受注あたり25円(税別)です。詳しくはLimder手数料を御覧ください。

なを、Live Commerce未契約の方で、本ツールのみを単体で利用したいという場合は、Limder単体で利用できる別サービスを今後リリースする予定となっております。こちらは別の機会に本ブログまたは弊社メールマガジンにてご連絡させていただきます。

申し込み方法

Live Commeceのオプションとなっております為、Live Commerce管理画面内にあるオプション申請ページよりお申し込み手続きが可能です。
お申込みに際しては、各モールのAPIの取得が必須となりますので、予め用意をお願いします。

急増する受注に対する当社サポートサービス

eBay Amazon Lazada への露出を開始すると、各モールへの受注量は急増します。
同時に自社サイトの知名度もアップするため自社サイトの受注量も急増します。

受注に際して、1日10件程度であれば自社で行うことも可能ですが、数百レベルとなった場合、物流センターとの連携・土日の出荷などサービスに求められる水準はぐっと上がります。また受注事故へのトラブルシューティングなどに時間が割かれ、商品登録する時間が減ってしまいます。

当社では受注管理・出荷指示・顧客サポートの3つを同時に受けることが可能です。また、各モール間のお金の管理も行えます。売上拡大には専門家のサポートが必要となってきますので、こちらは成長の度合いに合わせてご相談いただければと思います。

関連する記事

海外で売れている日本製品その1 COOL JAPANな商品を売ろう... Terapeak というツールがあります。これはeBayの取引履歴が全部丸裸になってしまうツールであります。これを使うと日本からの何が最も販売されたのかを一発で分かるんですね。 タイトルにその1とつけたのは、その2も現在調査中だからです。 当社も8月にeBayでテスト的にトライした時はこのツ...
海外向けEコマースでまずは売上1億を実現する... Amazon, Facebook , Google , eBay のプラットフォームを利用するば世界中のターゲットとしたユーザーに情報を届ける事が出来る様になりました。これからは世界を相手にネットビジネスをする時代の幕開けです。 そこで、世界を相手に年間1億レベルのネットビジネスを短期間で立ち上げ...
越境ECの落とし穴 人口減少社会に突入した今、新たな見込み消費者の開拓に企業・個人が「越境EC」という日本の商品を海外に販売するネットビジネスが今賑わっています。 よく目につくニュースといえば、海外向けの配送に関する利便性などのニュースリリースや、海外モールへの出店に関する業者のサービスリリースや企業間の提携など...
eBay・amazon.com で販路拡大 Live Commerceで受注一元管理 出店トライアル... eBayとAmazonで販売した受注データをLive Commerceの管理画面で一元管理することができるようになりました。 現在、私が管理している大手2社のアカウントにて運用をしておりますが、受注後は各モールの管理画面に一切ログインする必要がなく、Lvie Commerce の慣れた管理画面から...
「世界最大のセレクション」を目指すAmazonの最近の動向 〜 Amazon Art、Amazon ... 先日、米Amazonのジェフ・ベゾス氏が個人資産でワシントン・ポスト紙を買収するというニュースが世間を賑わせました。Amazonのスローガンは 「biggest selection in the earth(世界最大のセレクション)」だそうですが、どこまでも勢いが止まらない、最近の日米双方のAmaz...
海外で売れている日本製品 その2 海外で売れる日本製品 その1はこちら 海外向けのネットショップをやることができる立場は2つしかありません。 1つ目は法人が自社製品を世界に向けて販売していくという一般的な理由。 2つ目は個人が日本に埋もれている商品を世界に向けて販売していくという副業的な理由。 1つ目を実行できるのは限られ...

タグ: , , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。