« ブログのトップページに戻る

中国版クレイグズリスト:58.comの大躍進

   投稿者 : 2013年11月26日 By

クレイグズリストをご存じでしょうか?元々、アメリカが発祥ですが、世界中でおよそ50か国、570都市向けのウェブサイトを持ち、毎月20億ページレビューを超えるアクセスがある、世界最大のクラシファイド・コミュニティサイトです。
クラシファイドとは、目的や地域によって分類された募集広告や告知を、一覧形式で掲載する広告媒体のことです。クレイグズリストの場合、一部の大都市での求人情報および不動産情報の投稿に対して広告料を徴収するのみで、その他の広告情報は無料で投稿できます。

Craigslist(東京のページ)  

個人でも売りたいものに関する情報を広告として投稿でき、買い手が売り主に直接連絡して、手数料を支払うことなく売買を完了できます。仕事やアパート、家具、洋服、ペットなどあらゆるものをクレイグズリストで見つけ、購入することができるため、アメリカでは知らない人がいないくらい有名な便利サイトです。

中国版クレイグズリストがニューヨーク証券取引所に株式上場

このクレイグズリストの中国版とも言える58.comというサイトを運営している58同城が、10月31日、ニューヨーク証券取引所に株式を上場しました。公開価格の17ドルから一時は27ドルまで上昇し、初日の終値は24.12ドルと上々の滑り出しです。

1.58.comとは

58.comは中国で8年前に開設され、クレイグズリスト同様、仕事から不動産、中古車、家具、イベントのチケットまで、ありとあらゆるものについて広告を掲載でき、売買のやり取りができます。

58.com(上海のページのうち家具のページ)

中国全土の380もの都市から、毎日200万件の新しい広告書き込みがあります。また、小売店主向けに、有料会員サービスとしてオンライン店舗の設置、リスティングメリット等を提供しており、こうした有料会員からの会費が主な収入となっています。

2.58.comの躍進

2010年に1700人だった有料会員数は、2012年には187,000人にまで急伸しました。有料会員数及び広告収入等の増加に伴い、2013年第2四半期の売上高は3,511ドルと前年同期比61%増、純利益は496万ドルに達しています。

3.今後の展望

58同城社が投資家向けに行った説明では、今後、約5300万の中小企業がこのサイトの有料会員になる可能性を秘めており、ますますの成長が見込めるとしています。
また、サイトはスマートフォンやタブレットからも見られるように対応しており、今後も中国でトップのクラシファイド・コミュニティサイトであり続けるとしています。

EC急成長中の中国に注目

前述のように本家クレイグズリストは、一部の求人情報と不動産情報からしか使用料を徴収せず、個人売買を助けるコミュニティサイトとしての色合いが強いのに対し、58.comは小売店のビジネス参入に伴う会員収入増を今後も見込んでおり、ECサイトとしての役割を強化したい意図が見えます。

中国のB2C市場は、淘宝(タオバオ)が運営するモール型EC、天猫(tmall.com)が約50%のシェア占めており、家電製品に強い京東商城(jd.com)、Amazonが続いている状況です。また、C2C市場においても淘宝(タオバオ)が運営する淘宝網(taobao.com)が90%以上を独占しています。タオバオがほぼ独占しているといってもよい中国のEC市場、はたして、58.comは急伸するEC取引をどの程度取り込めるのでしょうか。

ニューヨーク証券取引所での58同城の株価は、その後も26ドル前後で推移しており、投資家からの評価は上々のようです。うなぎのぼりにECでの取引数が増加している中国、今後もその情勢から目が離せません。

参考:
China’s Craigslist set for US IPO next week, will raise up to $190 million(http://www.techinasia.com/china-craigslist-style-58com-nyse-ipo/)
苦節8年 58同城がついにNYSEに上場 初日の株価が約42%増(http://chaimaga.com/archives/2152)

画像:
photo credit: woodleywonderworks via photopin cc

関連する記事

eBay・amazon.com で販路拡大 Live Commerceで受注一元管理 出店トライアル... eBayとAmazonで販売した受注データをLive Commerceの管理画面で一元管理することができるようになりました。 現在、私が管理している大手2社のアカウントにて運用をしておりますが、受注後は各モールの管理画面に一切ログインする必要がなく、Lvie Commerce の慣れた管理画面から...
eBay Amazon Lazada の在庫連携・受注管理が可能に – 成長市場 越境E... 越境EC在庫連携 eBay Amazon Lazada 今年の3月に投稿した記事の続きになりますが、本日 eBay Amazon Lazada の各モール間の連携が可能になるLive Commerceのオプション「Limder」のオプションページを公開しました。 本ツールであるLimd...
日本ブランドメーカーの海外ネット販売入門 – B2BからB2Cへの商流転換せずに海外売上... 国内ネット通販と海外ネット通販のデファクト 国内ネット通販を今から新規で立ち上げるとなると、日本中のどのITコンサルに相談しても「楽天・ヤフーショッピング・Amazon・自社サイトの複数店舗で展開する」ことを薦めるのが一般的だ。規模の大小に関わらず自社サイトと併用してモールへの出店はコストが安い...
年間の売上1兆5000億…斬新なアイデアで勝負するAmazonの新たな試みとは?... 書籍などのオンライン販売で、国内でも人気があるAmazonですが、今や世界7カ国で事業を展開しています。年間の売上が1兆5000億円に昇るとも言われるAmazonが成功している理由は一体何なのでしょうか? 今回はAmazonが新たに実施した幾つかのサービスをご紹介しながら、その成功の秘密に迫って...
「世界最大のセレクション」を目指すAmazonの最近の動向 〜 Amazon Art、Amazon ... 先日、米Amazonのジェフ・ベゾス氏が個人資産でワシントン・ポスト紙を買収するというニュースが世間を賑わせました。Amazonのスローガンは 「biggest selection in the earth(世界最大のセレクション)」だそうですが、どこまでも勢いが止まらない、最近の日米双方のAmaz...
「ショールーミング」に象徴されるAmazonの強み、それに打ち勝つEC戦略とは?... ネットで商品を購入する前に、実店舗で商品や価格を確認する行動を「ショールーミング」といいます。この「ショールーミング」、実際に私たちも行っていますよね?この行動が、アメリカで流行っていて、小売店がAmazonに脅威を抱いているといいます。(http://jbpress.ismedia.jp/arti...

タグ: , , , , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。