海外向けEコマースでまずは売上1億を実現する

Amazon, Facebook , Google , eBay のプラットフォームを利用するば世界中のターゲットとしたユーザーに情報を届ける事が出来る様になりました。これからは世界を相手にネットビジネスをする時代の幕開けです。

そこで、世界を相手に年間1億レベルのネットビジネスを短期間で立ち上げる起業家の為にヒントを紹介します。

Amazonに答えがある

海外向けに何かを販売をする場合、まず何を売るかというところからですが、それに迷っているなら、amazon.comに行きましょう。そして検索フォームに 「Japan Import」 と検索してみてください。

今流行っているamazon輸出をして稼いでいる人達がどんな商品を販売しているのか分かります。 

次に例として、Action Figures & Statues というカテゴリを選択します。このカテゴリには493件の商品が掲載(下図)されており、どれも日本から出品されている商品です。これはamazon.comの販売手数料約20%を差し引いたとしても利益が出せる商品だということを証明している様なものですから、こうした利益の出せる商品データをデータベースとして持っていれば、英語で海外向けの(普通にゼロから作る事と比較すれば)サイトを短期間で、しかも特定カテゴリのサイトをたくさん作れるという事になります。
基本的に、amazonで結果を出している商品であれば先進国のほぼどの国でも市場がありますから、集客にはadwordを使えばそれほど苦労する事は無いと思いますが、それでも確実性を求めるならマーケティグにはGlobal Market Finder を使って、市場とキーワードが決まったらWordTrackerを最大限利用して、adwords用キーワード作成を行い攻めに転じましょう

1つ1つデータをコピー&ペーストして登録するのは大変ですが、世の中には便利なソフトがあります。

Web Content Extractorでデータを作る

Web Content Extracoterですが、この商品名を日本語に訳すと「ウェブサイトのデータを抽出する」という意味になります。結論から言うと、amazon.comにある特定カテゴリの商品データ、商品説明/商品名/asinコード/価格.. その他ウェブサイト上に掲載されているレビューなども… すべて取得しエクセル形式で保存が可能です。エクセル形式のフォーマットで保存しておけるのでCSVデータに変換し、ネットショップの商品登録を一瞬で行えます。同時に画像も取得できるので画像も一括アップロードが可能です。

ちなみに、当社はこのスキームで複数の海外向け自社サイトを生成しています。
Web Content Extractor の使い方になれるまでに時間はかかりますが、このツールを使いこなせる様になると…
想像してみてください。

大量のデータを扱うECサイトを短期間に構築できるのです。当社ではカーセンサーのような中古車検索サイト、ブランド品の時計のサイト、海外旅行のオプショナルツアー検索サイト等.. どれも大量のデータを持っていないと成立しないようなECサイトばかりですが、これをWeb Content Extractor が解決します。
Web Content Extractorはわずか$89です。使いこなすのにはマニュアルの動画が役立ちます。

下記は商品データを取得し、CSVファイルから一括データ登録でLive Commerceに取り込みした例
取得したデータの価格はkakaku.com等で仕入れ価格をチェックしておきましょう。


 

CSVからLive Commerceにインポートすれば、すぐにECサイトの商品データベースが出来上がる。

Web Content Extractorを利用してデータを作成する動画マニュアル

繰り返し同じデータが連鎖されるページのパターンをソフトに認識させ、自動抽出する様子が分かります。

関連する記事

Facebook VS Twitter 優れている広告はどっち?... FacebookとTwitterが世界における2大ソーシャル・ネットワークであるというのは疑いのないところです。では企業にとって、どちらの方がより優れた広告ツールを提供しているのでしょうか?4つのカテゴリーごとに両者の広告を比較してみます。 1 リーチ リーチとは、ある広告が何人のユーザーに...
日本の商品を海外に売るおもしろさ – 海外販売をビジネスにする方法とは... 国内で起業をするにしても、今の時代は国内で起業しながら顧客を海外に持つという今までとは全く違うやり方でビジネスを成長させる事が可能な時代だ。1990年代のインターネットがまだなかった時代に大企業しか海外企業と貿易をやっていたのとは今は全く違う。 それが今日紹介するインターネットを利用して海外に...
「世界最大のセレクション」を目指すAmazonの最近の動向 〜 Amazon Art、Amazon ... 先日、米Amazonのジェフ・ベゾス氏が個人資産でワシントン・ポスト紙を買収するというニュースが世間を賑わせました。Amazonのスローガンは 「biggest selection in the earth(世界最大のセレクション)」だそうですが、どこまでも勢いが止まらない、最近の日米双方のAmaz...
海外向けEコマースをやる時の業務上の事故について知っておくべき保険他... 海外向けECサイトをこれから運営する方も、現在運営している方も、海外販売には納品上の事故がどうしてもリスクとしてあります。商品が届く前に壊れてしまったり、商品を利用した消費者から想定外のクレームが届いたりと、国内では考えられないクレームが発生する事もあります。 日本国内では、現在海外向けEコマース...
日本ブランドメーカーの海外ネット販売入門 – B2BからB2Cへの商流転換せずに海外売上... 国内ネット通販と海外ネット通販のデファクト 国内ネット通販を今から新規で立ち上げるとなると、日本中のどのITコンサルに相談しても「楽天・ヤフーショッピング・Amazon・自社サイトの複数店舗で展開する」ことを薦めるのが一般的だ。規模の大小に関わらず自社サイトと併用してモールへの出店はコストが安い...
日本の食材を海外発送できるよ(シンガポールとか台湾に)... 恥ずかしながら、EMSがクール便に対応していたのですね。 私の馬鹿さ加減を暴露してしまうことになるのですが、毎日情報収集の範囲をちょくちょく制限しているので、意外と肝心なニュースを忘れてしまっておりました。 昨年の2013年4月から食材も保冷したままアジア圏なら海外発送できる様になって...

タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント / トラックバック1件

  1. […] 前回の記事で書いた、amazon.comで売れている日本の商品は多数のお問い合わせをいただきました。この記事の続編として、実際にデータを公開し、読者の皆さんもダウンロードできる形に現在しようと思っております。amazon.comでどんな日本の商品が売れたのか、どうやってこうした商品データを収集するのか、この辺りを次回は詳しく書きたいと思います。 […]

コメントをどうぞ